奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

池部三ツ池遺跡(古墳群)

2013年09月10日 | 遺跡
池部三ツ池遺跡
 平成18年に発掘調査され「10B-19(古墳状隆起)」の東側から2基の古墳が見つかっています 撮影日;2013.09.07

 1号墳・2号墳ともに尾根の南斜面を利用して築かれています
 石室はほぼ南に開口していました
 埋葬施設は横穴式石室で、石材のほとんどは抜き取られていました

 1号墳は径約10mの円墳
 封土の流出が著しく、墳丘・石室の高さはともに不明
 石室の大きさは幅1.3m・長さ3.6m以上と推測されています
 石室内や西側の周溝から須恵器の他、土師器や瓦器等が多く出土
 平安時代から鎌倉時代にかけて石室を再利用していたと考えられます

 2号境はすぐ東側に有ります
 一辺8.5mの方墳、または径8.5mの円墳
 埋葬施設は横穴式石室と思われますが、全ての石材が失われていました
 石室内法での大きさは幅1.05m・長さ2.8m以上でと推定
 石室内から須恵器高杯と鉄製品が出土

 2号境は7世紀初頭から前葉、1号境は2号境より古く、6世紀後葉~末頃の築造と考えられています 

池部三ツ池遺跡遠景 池部三ツ池古墳群
 馬見丘陵の東支丘の稜線から派生する尾根の南斜面に有ります
 河合第一小学校の北側です
 長林寺とは谷を一筋隔てた尾根に位置しています

★所在地;北葛城郡河合町池部1
★交通;近鉄池部駅下車 徒歩7分
★駐車場;なし
★入場料;見学可能
★問合せ;

 池部天神社の西側です

『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 泥かけ地蔵 | トップ | 池部の穴地蔵 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む