奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

狐塚古墳(茅原)

2008年02月02日 | 古墳
 封土が失われて石室がむき出しです 撮影日;2008.1.22

 横穴式石室は1956年、旧大三輪町史編纂のために発掘調査されました
 全長17.3m、玄室の長さ6m、幅2.6m、高さ3.2m
 全国的にも屈指の巨石古墳の一つです

 規模は不明ですが方墳?

茅原狐塚古墳石室内 茅原狐塚古墳石棺材

 石室内には、玄室奥壁に並行して凝灰岩組み合わせ式石棺が1基、中央と入り口に2基分の破片がありました
 さらに羨道部には鉄釘が出土したので木棺が置かれていたと考えられます
 横穴式石室は追葬を前提にしていますが、4基も葬るのは珍しい

 早くから開口して、盗掘を受けていますが、直刀と10数点の須恵器が出土
 石室の周りは、柿木畑になっています
 築造は古墳時代後期です

茅原狐塚古墳露出 茅原狐塚古墳奥壁から

★所在地;桜井市茅原字狐塚
★交通;JR三輪駅より 徒歩5分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0744-42-9111(桜井市観光課)


 再訪;2013.11.07 編集・画像追加;2013.11.10
茅原狐塚古墳 茅原狐塚古墳頂より

茅原狐塚古墳開口
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巻野内石塚古墳 | トップ | みろくの辻弥勒磨崖仏(当尾) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む