奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

打上古墳(細川谷古墳群)

2011年10月04日 | 古墳
 細川谷古墳群の中で、もっとも大きな石室を有する古墳です 撮影日;2011.09.24

 封土は失われていますが、墳丘は直径20m程度の円墳だとされています

 南向きの斜面に南に開口する両袖式の横穴式石室
 側壁・奥壁共に二段積みの構造で、天井石は三枚で構成されています
 玄室長は4.84m、幅2.66m、高さ2.33m
 羨道は崩壊しています、現存長3.4m(先端部欠損)
 築造年代は6世紀末~7世紀初

 細川谷の谷筋には、南斜面を中心に200基に及ぶ古墳があります
 古墳時代の後期に属する小円墳が中心となる古墳群です
 大きな石材があちこちに露出しています

打上古墳石室内 細川谷古墳群石材? 

★所在地;高市郡明日香村細川 
★交通;近鉄岡寺駅より バスで石舞台下車 金かめバス乗換え「細川」下車 徒歩10分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;0744-54-5600(明日香村役場文化財課)

『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上居の立石 | トップ | 栗原寺跡(明日香) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む