奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

寺口古屋敷古墳

2013年02月04日 | 古墳
寺口古屋敷古墳
 崖面に石材が露出していました 撮影日;2013.01.20

 県道工事で石室が露出し、1979年に発掘調査が行われています
 寺ロ集落北方の尾根から派生した小支丘上に立地しています
 径約8mの円墳と考えられていますが、墳丘本体を含め石室の周囲が既に削られ、墳丘の原形は不明です

 石室を構築した墓坑は確認した範囲で幅約2.5m、深さ約2.2m
 石室は小型の横穴式石室で奥壁I石、両側壁それぞれ1段で2石以上からなり、長さ約1.7m以上、幅約0.8m、高さ0.9mの規模で床には敷石か施されていました
 石材に漆喰を塗布しているか、石材間だけでなく壁面全体及び敷石にも塗っている点か特徴です

 神明神社古墳石室より縮小化かさらに進んだ段階と考えられ、漆喰の使用状況などから、7世紀後半頃の築造と推測されています 

何も無い墳頂 寺口古屋敷古墳のある尾根

 崖面に石材が露出していたそうですが、見当たりませんでした

★所在地;葛城市寺口
★交通;近鉄大和高田駅より バスで「社会教育センター前」下車 徒歩8分
★駐車場;なし
★入場料;見学自由
★問合せ;

 西へ600mほどの所に二塚古墳寺口団子山古墳が有ります

『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高宮廃寺跡 | トップ | 笛吹10号墳 »
最近の画像もっと見る

古墳」カテゴリの最新記事