奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

狐井城山古墳

2008年05月16日 | 古墳
 周濠は、今日なお満々と水をたたえています 撮影日;2008.4.29

 全長140m、後円部径90m、前方部幅110mの前方後円墳です
 濠は18mの幅が有ります
 築造は6世紀後半頃とされます 

 地理的位置から古代葛城氏に関する者の墓と云われます

 中世に岡部氏が城砦に使っていた為、城山と名がつきます

★所在地;香芝市狐井中山
★交通;近鉄近鉄下田駅より 徒歩20分
★駐車場;有りません
★入場料;外観のみ見学可
★問合せ;0745-76-2001(香芝市教育委員会)

 長持ち形の蓋石が2点と家形の石棺材と刳抜き式石棺の蓋が見つかっています
 4点の石棺材とも、高砂市宝殿付近の竜山石で造られています

 刳抜き式石棺は、長さ2.7m、幅1.4mの巨石で
 内側は浅い舟底形、外側は丸い蒲鉾形に仕上げ、上下に筒形の縄掛け突起をつけているそうです
 舟形石棺と長持ち石棺の中間の形です 

 刳抜き式と家形の石棺材は、下田小学校の校庭で保管
 長持ち形石棺材は、古墳の南700mの阿弥陀橋の東詰にあります


 近くに阿日寺「ぽっくり寺」が有ります
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 屯鶴峯(どんづるぼう) | トップ | 六条山遺跡 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む