奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大和郡山城址

2006年12月17日 | 城址
 大和最大のお城です、別名を犬伏城といいます 撮影日;2006.4.7 関連記事

 14世紀末頃に郡山衆と呼ばれた地の土豪「小田切氏」によって築かれた居館が始まり

 大和郡山城の築城は筒井順慶の時代(1580)に本格的に始められ、天正13年(1585)豊臣秀長が大和・和泉・紀伊の100万石の太守として入城

 その後、増田長盛が20万石で入城(一時廃城)、大久保長安が代官として赴任し城地を預かった後に、筒井定次の弟・定慶が1万石で城番として守った
 陣後は、水野家、松平家、本多家など譜代大名が入り、柳沢吉里が享保9年(1729)に15万石で入城し明治まで至る

 明治3年(1870)に郡山城は破却されました

★所在地:大和郡山市城内町
★交通;近鉄郡山駅下車 徒歩5分
★駐車場;追手向櫓前に10台
★入場料;無料
★問合せ;0743-52-2010(大和郡山市観光協会)

 昭和55年に追手門、向隅櫓、多門櫓が再建復元されています

 付近の永慶寺には破却時に移築された城門が残されています

 城跡には遺構のほかに、柳沢家時代の史料を保管する柳沢文庫や柳沢家初代郡山藩主吉里の父吉保を祀る柳澤神社が鎮座します

 天守台北側の石垣に組み込まれたさかさ地蔵も有名です

 毎年4/1~4/15にお城祭り(桜祭り)が行われることでも有名です


 いってみましょう(^_^)v
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多聞城跡 | トップ | 柳生家一族累代の墓所 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む