奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

忍阪古墳群

2007年05月07日 | 古墳
 外鎌山北麓古墳群の支群です 撮影日;2007.4.30

☆一号墳は径7mほどの古墳、6世紀中頃の築造
☆二号墳は径13mの円墳、6世紀末~7世紀初めの築造
☆八号墳と九号墳は径12m程度の円墳(多角形墳の可能性も)、7世紀後半~末葉の築造
 埋葬施設は加工した室生安山岩によって築かれた磚槨式石室
 ともに、石室の南半分は消失、最下段の石積の一辺は176.5cmの正六角形 
 歯一個・銅製釘・ガラス玉・須恵器杯蓋片などが出土
☆四号墳の第二次埋葬から鉄鏃・鉄鎌・須恵器・鉄製轡一式が出土

★所在地;桜井市慈恩寺
★交通;近鉄大和朝倉駅より 徒歩5分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
★問合せ;

 朝倉団地内の史跡公園に一・二・八・九号墳が移築されています
 三号墳は桜井市立文化会館前に移築されているそうです
 その他はすべて調査後に消滅

 外鎌山北麓古墳群は竜谷・慈恩寺・忍阪の三支群に分けられます
 忍阪支群は西端に位置し、ほぼ西にのびる尾根上および南斜面に築かれ、最もまとまりのある支群です


 参考;遺跡概要
『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜井茶臼山古墳 | トップ | 鏡王女墓 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む