奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

勘平山1・2号墳

2010年01月26日 | 古墳
 公園として整備されています 撮影日;2010.01.10 

 馬見丘陵の南端に位置する円墳で丘陵の頂上部を利用して作られています

【1号墳】
現状の径は東西約15m、南北約13m、高さ2.5mの円墳です

埋葬施設は2基
中央部は表土直下で一部赤色顔料の浸透がみられる事より元々木棺直葬の埋葬施設があったと思われます

墳頂の東よりから木棺直葬の埋葬施設が1基検出され鉄剣が出土しています
全体にかなり乱掘されていますが、乱掘抗内からも鉄刀片、鉄鏃片、須恵器杯蓋片等が検出されています

【2号墳】
1号墳の南側に有ります
現状の径が東西約13m、南北約15m、高さ約2mの円墳です

墳丘中央部で木棺直葬の土壙があり木棺の両端を石魂で押さえていた事が判っています
墳丘西南の斜面からも小型の木棺直葬の土壙が検出され2基の埋葬施設がある事が確認されています
副葬品の出土は無かったそうです

 昭和46年に橿原考古学研究所により調査されています
 築造はどちらも5世紀後半とされます

★所在地;香芝市真美ヶ丘1丁目
★交通;近鉄五位堂駅下車 徒歩10分
★駐車場;有りません
★入場料;見学自由
  墳頂にも登れます
★問合せ;0745-76-2001(香芝市教育委員会)


『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 別所石塚古墳 | トップ | 別所城山1・2号墳 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む