奈良の名所・古跡

行ってみたい所があるといいのですが・・・古墳とか建物とか巨樹とかいろいろ・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

竜田御坊山古墳群

2012年07月25日 | 古墳
橿原考古学研究所付属博物館の庭に展示されている竜田御坊山3号墳の石槨
 竜田神社の裏山で見つかった古墳です 撮影日;2012.07.15

 1965年に、宅地造成中に発見された
 御坊山は『御廟山』がなまったものとされ、古くから皇族の墓所としての伝承が有ります

 斑鳩の古墳では、もっとも新しい時期に作られ、7世紀初期~中頃の築造です

 1号墳は、竪穴式石室状遺構を確認
 2号墳は、横穴式石室で、家型石棺の一部が出土しています
 3号墳は、径8m・高さ2.5mの円墳で、横口式石槨が見つかりました

 3号墳の横口式石槨:花崗岩製で、底石・蓋石・閉塞石の3石からなります
 底石は長さ2.78m・中央部の幅1.44m・厚み0.56m
 蓋石と組合わせる為、凸基部を作りその上に箱型に刳り抜いた長さ2.75m・1.58m・厚み0.77mの巨石を被せてあります 
 南側の閉口部はL字型に加工した閉塞石で封じられていました

 石槨内部は奥行2.25m・幅0.7m・高さ0.52mの空間です
 内部に黒漆塗りの陶棺が納められていました
 長さ1.56m・幅0.46m・高さ0.47m
 中に身長150cmの成人男子の人骨一体分がほぼ完全な状態で残っていました
 
 副葬品は、琥珀製枕・蓋付きの三彩(緑袖)円面硯・管状のガラス製品などです

博物館内に展示されている竜田御坊山3号墳陶棺と副葬品

 3号墳の横口式石槨は、橿原考古学研究所付属博物館の庭に展示されています
 博物館内には、内部にあった漆塗陶棺や副葬品が展示されています 

★所在地;生駒郡斑鳩町竜田北1丁目
★交通;JR法隆寺駅より バスで竜田神社前下車 徒歩5分
★駐車場;なし
★入場料;古墳の痕跡は有りません
★問合せ;0744-24-1185(橿原考古学研究所付属博物館

『奈良県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 來田家住宅離れ | トップ | 越塚御門古墳 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む