椰子蟹備忘録

飼育していたヤシガニの記録です。ヤシガニは絶滅危惧種です。安易な飼育は絶対に止めましょう。無断転載禁止です。

最後まで頑張ってくれました。

2017-05-12 00:25:40 | ヤシガニ
タイトルの通りですが、


やはり、名無しは持ち直せませんでした。






一時は水を飲んでくれるまでしてくれましたが、


やはり、長時間同じ姿勢で横たわっていた際に出来た腫れが悪化したか、

鰓を上手く掃除出来ず感染症に罹ったか、



いずれにせよ、
脱皮不全が原因による、生命維持が困難になったことでの死亡です。




やはり、脱皮を失敗してしまうと、
人が手を出しても助からないようです。




ただ、事実だけは整理し、
次の機会、または他の方の飼育の役に立つよう、まとめておくことにします。


それが、備忘録の本来の役割ですから。




今回、腹部の膜の切除及び除去を行なったのは、
脱皮終了、つまり殻を脱ぎ捨て動かなくなってから約6時間後に行いました。

ちなみに脱皮行為に掛かった時間は、
恐らく通常の脱皮とあまり変わらないか
、少しだけ長いくらいに感じました。


話が逸れましたが、
脱皮殻(腹部膜)の除去は6時間後と比較的早い段階で処置をしたつもりでしたが、

それでも駄目でした。


その後丸1日後には
刺激に反応が無いことと、下になっていた右腹部の腫脹を認めました。


その時点では実際まだ生きていたことになりますが、

死んだと思い込み、手に取って立位(脱皮時の姿勢)を取らせたことにより、

翌日から反応が戻り、翌々日には霧吹きによる水を飲む仕草があったことから、
多少持ち直したものと考えられます。


ただその後はやはり衰弱し、死亡に至りました。


これらの事実から、
管理人なりにいくつかの仮説(というより憶測ですが)が立てたいと思います。



1.ヤシガニは脱皮不全を起こすと、その時点で体力を使い果たしてしまう。

2.脱皮不全となると体力を失い、次の行動に移れなくなり、衰弱死してしまう。

3.早い段階で不全部分を取り除いただけでは、次の行動(甲羅の摂取)には移らない。

4.一日以上横たわった姿勢でいると、腹部が圧迫され腫脹してしまう。

5.立位に戻したことで、若干体調を持ち直した様子が観察された。

6.死亡時、甲羅の硬化はほとんどしていなかった。


これらの事実を並べた時、
まだ対処方法に改善の余地があったことが浮かび上がります。


それは、
脱皮不全時の脱皮殻の早々期の除去、及び早期立位保持の実施です。

また、さらに飛躍した憶測をするなら、
霧吹きによる水を摂取出来たのだから、
霧吹きを利用することで栄養剤、カルシウム剤を摂取させられる可能性がある

ということも考えられます。


もっとも、
脱皮殻を除去出来るのは今回のように腹部ぐらいしかないと思いますが、


脱皮不全を確認した時点で、
脱皮殻を早期に除去し、その後姿勢保持をさせることで、

もしかしたら、もう少し持ち直していた可能性が考えられます。




同じような状況に出くわした方がいらっしゃいましたら、

ぜひ参考にして頂ければと思います。



これを読んで、
管理人と同じ轍を踏まないことを祈ります。





…最後に懺悔となりますが、

名無し、本当に申し訳なかった。


そして最後に少しだけ持ち直して、
水を飲んでくれた事に、感謝している。



最後の最後に、少しだけ、
私がお前の役に立つことが出来たのだから。



君は私のところに来るまで、
おそらく色々あっただろうけど、


私のところで結局亡くなることになってしまい、
本当に申し訳なかった。


いまは安らかに眠ってほしい。

心からそう願う。

そして、有難う。


『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« まさかの… | トップ | それからの管理人。 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-05-13 23:12:37
ヤシガニ殺して、絶滅に近づけただけw
Unknown (通りすがり)
2017-05-14 11:27:44
このブログのヤシガニ達は、食用に捕獲・販売されたものなので、管理人さんが飼わなければ、誰かに食われていたでしょうね。
捕獲されるヤシガニの大部分は食用(主に観光客向け)ですよ。
Re: (管理人)
2017-05-15 09:01:47
どなたか存じませんが、コメント有難うございます。

あなたが仰ることは正しく正論だと思います。

当ブログでも何度もお伝えしている通り、
飼育すること自体、一般良識から離れていると理解した上で、

飼育及びブログの運営をしております。


情報が少ないヤシガニ飼育において、

今回のヤシガニたちが亡くなった原因を他の飼育者の方々や、
これから飼育しようと考えている方にも現実を知ってもらいたく、

敢えて飼育状況をお伝えしているのです。

おそらく管理人の考えはご理解頂けないとは存じますが、
このような視点もあることを知って頂ければと思います。

コメント有難うございました。
Re: (管理人)
2017-05-15 09:13:54
通りすがり 様

このたびはコメント有難うございます。

擁護して頂きまして感謝致します。

仰るように、管理人のところのヤシガニは食用として売られているものを育てておりますが、

まぁ、購入する者がいる(金になる)から、捕獲(乱獲)も起こるわけで…

これを是非と判断するのは、
個人の価値観に委ねられてしまうところに、

先の方のコメントと、管理人との価値観の齟齬が生まれるのでしょう。


もっとも、
管理人としてもこのまま黙ってヤシガニが減るのを見過ごすつもりはありません。

せめて失った数のヤシガニだけでも、
自然に還してあげられる日を願っています…。


今回はわざわざ管理人のことを思料してコメントして頂きまして、本当に感謝致します。m(_ _)m
言い忘れましたが… (管理人)
2017-05-15 09:27:22
名無しは食用ではありませんでしたね、

ネットオークションで売られていた個体を譲り受けたので、

全て食用というのは語弊がありました。
申し訳ありません。f^_^;



名無しは、来て早々自切させたりと、色々大変な目に合わせてしまいましたが、

ヤシガニの治癒能力について知見を示してくれました。


そのうちに彼らの偉大な功業を、まとめた記事を作成したいと考えています。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。