愛国的フィギュアスケート

羽生結弦とロシア女子を中心に

Alisa Lozko (15) / Adian Pitkeev (19) 新たなIce Danceカップル誕生

2017年06月17日 | Alisa Lozko
・現行のID上位ペアのサイズ(女性が小柄なタイプ↓)              年齢差(男-女) 身長差 年齢は現時点  *現在では変わっている可能性あり !申告と実際が異なっている可能性あり ○似たサイズのペア
  Anna CAPPELLINI   (30) 165cm / Luca LANOTTE    (31) 185cm  1歳    20cm
Piper GILLES      (25) 163cm / Paul POIRIER     (25) 174cm  0歳    11cm 
  Maia SHIBUTANI    (22) 162cm / Alex SHIBUTANI    (26) 182cm  4歳    20cm
  Charlene GUIGNARD (27) 161cm / Marco FABBRI    (29) 165cm  2歳     4cm
  Isabella TOBIAS    (25) 160cm / Ilia TKACHENKO   (30) 182cm  5歳    22cm
Rachel PARSONS   (19) 160cm! / Michael PARSONS  (21) 172cm!  2歳    12cm
Kaitlin HAWAYEK   (20) 160cm / Jean-Luc BAKER   (23) 170cm  3歳    10cm
  Madison CHOCK   (24) 157cm / Evan BATES       (28) 187cm  4歳    30cm 
  Natalia KALISZEK   (21) 156cm / Maksym SPODYRIEV  (23) 178cm  2歳    22cm 

・ロシアID勢(女性の身長順↓)
[Sr.]
  Tiffany ZAHORSKI     (22) 171cm / Jonathan GUERREIRO (26) 187cm  4歳    16cm
  Alexandra STEPANOVA (21) 170cm! / Ivan BUKIN        (23) 182cm!  2歳    12cm
  Sofia EVDOKIMOVA    (20) 170cm / Egor BAZIN        (21) 182cm  1歳    12cm   
  Victoria SINITSINA    (22) 168cm / Nikita KATSALAPOV  (25) 180cm  3歳     12cm 
  Alla LOBODA        (18) 166cm / Pavel DROZD      (21) 187cm  3歳    21cm
  Ekaterina BOBROVA   (27) 166cm / Dmitri SOLOVIEV    (27) 183cm  0歳    17cm 
  Elena ILINYKH       (23) 164cm / Ruslan ZHIGANSHIN  (24) 177cm  1歳    13cm 

[Jr.]
  Anastasia SKOPTCOVA (16) 167cm / Kirill ALESHIN      (20) 178cm  4歳    11cm
  Sofia POLISHCHUK    (16) 165cm / Alexander VAKHNOV (18) 184cm  2歳    19cm
  Eva KUTS          (15) 164cm / Dmitrii MIKHAILOV  (19) 185cm  4歳    21cm
  Polina IVANENKO      (15) 164cm / Daniil KARPOV    (16) 185cm  1歳    21cm
  Sofia SHEVCHENKO    (15) 161cm / Igor EREMENKO    (19)  180cm  4歳    19cm
Alisa Lozko         (15) 160cm / Adian Pitkeev     (19) 172cm*  4歳    12cm ←
  Evgeniia LOPAREVA    (17) 159cm / Alexey KARPUSHOV (20) 175cm  3歳    16cm
  Anastasia SHPILEVAYA (17) 153cm / Grigory SMIRNOV   (20) 177cm  3歳    24cm
  Arina USHAKOVA     (14) 152cm / Maxim NEKRASOV  (16) 180cm  2歳    28cm

 
 国際的には、Alisa Lozko / Adian Pitkeev組は、現時点での両者の体格(サイズ)的な組み合わせとして、下記の三組に近似します。

                                           年齢差(男-女) 身長差
 Piper GILLES     (25) 163cm / Paul POIRIER    (25) 174cm  0歳    11cm 
 Kaitlin HAWAYEK  (20) 160cm / Jean-Luc BAKER  (23) 170cm  3歳    10cm
 Rachel PARSONS   (19) 160cm! / Michael PARSONS (21) 172cm!  2歳    12cm
--------------------------------------------------------------------------
 Alisa Lozko      (15) 160cm / Adian Pitkeev    (19) 172cm*  4歳    12cm


 ただ、15歳になったばかりのAlisa Lozkoが10代後半の成長期で身長が伸び、より成熟した場合、
Adian Pitkeev(19歳1ヶ月)には体格的な余裕がなくなり、身体的負荷がかかってきます。
また、彼は腰の怪我で長期のリハビリをしていたので、怪我が完治しているかどうか、Ice Danceの男性の負荷に耐えられるかという懸念もあります。
 いずれにせよ、Adian Pitkeevはスリムなシングル選手から、Ice Dance選手としての肉体改造が必須であり、
相当鍛錬しないと男性パートナーとして求められる能力を満たすのは難しくなってくると思われます。


 他の問題では、Adian Pitkeevの年齢(19歳1ヶ月)の、Jr.GPSの出場資格の年齢制限です。
ソチ五輪後の2014年シーズンからの変更で男性の出場資格の上限が19歳だったと思います。 ~20歳?
ただ、過去、20歳でも出場していた選手がいたと記憶しているので、このあたりがどうなるのか。(猶予期間があったのか、転向者には例外規定などがあるのか)
Alisa Lozkoの転向は年齢的に問題なくても、Adian Pitkeevには猶予期間は殆ど残されていないというのが実情でしょう。(20歳までだとしても、2018-19の1季のみ)
 常識的には、国内実績のない新ペアにJr.GPS[2017-18]の派遣枠が与えられるとは思えませんし、
仮に与えられた場合でも、Jr.GPS開幕(8月末)まで残された時間はわずか3ヶ月弱しかありません。(Jr.GPSのアサインが発表されるまで、あと数日なのでさらに非現実的)
通常ならば、転向した選手がモノになるのは、最低でも数カ月から半年はかかり、国内大会を戦いながら経験を積み、最も重要な国内選手権(代表選考)で結果を残し、
平昌五輪後の来季(2018-19)にJr.GPSに参戦という流れですが、Pitkeev(来年20)が年齢的に高齢なため、このペアはJr.でそれほど多くの経験を積めないことになります。

 また、Adian Pitkeevがカップル競技に向いた性格をしているかどうかという点も気になります。
先のEteriコーチのインタビューであったような、自暴自棄な、愛を求める、悩める少年の、イメージのまま変わっていない(精神的に大人になっていない)ならば、Ice Danceでの成功はおぼつかないでしょう。
また、シングルスケートに未練を残さず、きちんと整理がついているかどうか、Ice Danceという新たな競技にに対してモチベーションが高いかどうかも気になるところです。
Adian Pitkeev自身が非常にシャイな性格で、自然な笑顔を作ることができない複雑な性格ですので、Ice Danceで要求される顔(表情)の表現力等でも心配です。

 Alisa Lozko自身も、もう少し身長が伸びたほうがIce Danceの女性パートナーとして見栄えがするのは事実です。
見栄えがする身長(男性とのバランスが重要)、身体バランス(手足の長さやスリムな体型)、足の美しさ(足の長さ、太腿に筋肉がついているタイプは短足に見えてしまう 例:Madison Hubbell)など、
シングル選手とは異なる美的価値感が求められます。(Ice Dance向きのシングル選手としては、Alexandra Cherpakova [13]、Yana Liventseva [10]などがいますね )


 カップルとしての相性、イメージも重要です。

[Single Skaterとしてのイメージ]
 Adian Pitkeev 平均的な身長、スリムな体型、端正な顔で、クールなイメージ。
 Alisa Lozko   平均的な身長、スリム~平均的な体型、美しさと可愛らしさを併せ持つ、可憐なイメージ。

 この2人がペア組み、Ice Danceに専念すると、どう変化するのか、どういった化学反応を起こすのか・・・
例えば、試合でLozkoがエレメンツの失敗に落ち込んでいたら、Pitkeevが声をかけて励まさないといけない。
二人に適性や才能があっても、関係が上手くいかなければ、破綻するのは必至です(ロシアのカップルは早々に解散する)。


 私の現時点での考えとしては、Adian PitkeevはIce DanceのAlisa Lozkoのパートナーとしては、向いていないと思いますね。
確かに、ロシアの男子シングルの若手のホープとして期待されていて、知名度と実績もあったAdian Pitkeevです。
この2人がリンクに登場すれば「華のある」カップルとして最初は注目を浴びるでしょう。(少なくとも現時点でも、露Jr.ID勢より知名度がある)
 はっきり言えるのは、男性パートナーであるAdian Pitkeevが、Alisa Lozkoの倍以上努力しない限り、このカップルは成功しないと思います。
なぜなら、Adian PitkeevのIce Danceのポテンシャルが、Paul POIRIER(加)、Jean-Luc BAKER(米)、Michael PARSONS(米)以上でなければ、国際的に成功しないといえるからです。
 これは近年シングルから転向したしたMaria Stavitskaia(2015年~)や、Eteri娘であるDiana Davis(最近、P変更)を見ても上手くいっていない厳しい状況ですので。
転向組は数年間の練習の遅れや、パートナーの選択肢で最初からハンディを負っていることを忘れてはいけません。 (敬称略)


『フィギュアスケート』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« Alisa Lozko (15) Ice Dance... | トップ | Japan Open ルナとコリラックマ »