あるがままに在る

思う事全般。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ばらまき?

2009-08-09 23:41:54 | 日記
選挙が近い。
政党それぞれにマニフェストが出揃いテレビでは頻りに討論が繰り返されている。
話題になっている事柄の一つに民主党の「子供手当」がある。

「これはイカン!」
全面的にダメではないし、子供(のいる家庭)に対する福利という考え方も良い。
しかしやり方がダメだ。


「子供のいる家庭に手当をバラ蒔きますからその分税金を払ってください。」って事だ。
 
これだけ予算削減とかスリム化とか騒がれている時代に(自分らだって自民党政権に対して相当吠えてただろうに)、増税前提の政権公約ってどんなもんだ?

子供のいる家庭への経済的負担を減らすならお金を配るより医療費なり学費や給食費・教材費・通学定期や交通費など「教育」にかかる費用の完全免除(国家負担)、所得税減額など「まずは支出を抑える」方向から始めるべきだ。
その上で足りない部分について予算計上して委員会の承認を得るべきだ。
当てにならない試算を元に闇雲に増税案を通してキッチリ使われたか不透明なまま国民に負担を求めようってムシのイイ話にしか見えない。

↑の免除や減額なら特別な届け出が無くても市町村区役所で内部手続きすれば事が済む。
手続き漏れが無くて済む。
小学校の入学時期に案内が届く仕組みがあるのに「子供が居る事がわかりませんでした。」って言い訳で免除や減税手続きが出来ない訳がない。
取れる物なら自宅にまで出向いて徴収する労力があるのに取らないモノに使う労力が無いとは言えないだろ。
お金だけじゃなく労力や時間的な負担もかけない方向で物事を進めて欲しい。

自民党政権に対して相当苦言を呈していた民主党だけに自ら高くしたハードルはキッチリ跳び越えて欲しいモンだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに今日も女子バレー(ロシア戦)勝ちました。
イイ日だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女子バレー勝利。 | トップ | ただ事じゃない。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。