スーツマンのゴルフ競技挑戦

ゴルフ好きおじさんが、日本オープン出場を目指す。山口裕子プロ応援☆7月JGAハンデ:6.7 調子が上がった。

マッチプレーの勝負

2017年06月21日 17時37分28秒 | ゴルフ競技

やはり、マッチプレーとストロークプレーとは、勝負所に大いに違いがあり、面白いし、恐ろしい。

最初の9ホールで5UPして、後半の6ホールで追いつかれるなど、めったには無い非常に激しい勝負であったと思う。思ったよりも自分のプレーを見失わなかったと思うが、それが勝因かどうかは良く分からない。

ここが、勝負の分かれ目だった所は良く解るし、もっとマッチプレー向きのプレーがあったかなとも思うのである。

△-- --- △--:38  △-- -△- △--:39  77

2 1 1  2 2 2  2 1 2 :15   2 2 2  1 2 2  2 1 2 :16  31

勝分勝 勝勝分 負勝勝:5+  負分負 負負負 分勝分:1UP

10番は、お互いに寄せが微妙な距離2m前後のパーパットで、自分が先に外して相手は入れた。11番は、両者パーオンで、似たようなラインで相手が10m超、自分は3m程度のバーディパット。相手のパットは惜しくも外れて、ラインが見えたつもりだったが、狙い通りには打てたが同じように外した。まだ4UPで余裕があったが、徐々に相手のパットが良くなっている事には気付かなかった。

12番は、大事なポイントの一つだったと今は思う。相手は10m超で傾斜の掛かるかなり複雑なラインで、自分は5m程度の反対からのパットだった。相手は、分からないと言いながら打ったパットが入って1つ目のバーディ。

ここで、自分は入れないと負けるバーディパットだったが、あんなのが入ったという驚きもあり、いつも通りの無難なパットを打ってしまった。タップインのパーパットはストロークプレーでは当たり前だが、マッチプレーでは良くなかったのだろう。相手の快進撃を止めるには、ここで強めに薄めに打って、少し驚かすような気迫を見せて行くべきだったのではないか。

13番は、自分のセカンドがショートしてカラー付近で相手は2mに2オン。寄せてOKパーとしたが、相手は2つ目のバーディ。14番ではティーショットをミスして、3オンに切り替えて4mのパーパットだが相手は2オンから1Stパットを2m残した。ボギーの可能性を感じて無難なボギーとしてしまったが、相手はこれも入れた。15番も両者1オンで15mの超ロングパットも入れて3つ目のバーディ。6ホールで3アンダーの大爆発、パットの入り方にあきれてしまった。ここは入れるつもりで打ったが、めったに入るパットでは無い。

オールスクエアとなって、明らかに相手のペースであるが、これからが勝負と思えたのも良かったかも?16番も次の大きな分岐点。

自分はティーショットを大ミス。ラフから冷静に7Iで良いスイングをしてフェアウエーに戻した。フェアウエーからの相手のセカンドは、クラブ選択を迷って右のバンカーへ入れる後半初めてのミス。相手はここで初めて勝てるかと思い迷いが出たのかも知れない。自分は今の最善に集中して6mに3オンで抵抗。結果お互いにボギーで分けて連敗が止まった。

17番は相手がドライバーをミスし、自分は会心のショットでほぼ2オンパーとして、勝利を引き寄せた。ストロークで考えると相手は後半35としても79か80で、明らかに自分が勝っているが、マッチプレーでは薄氷の勝利という感じである。

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳥たちの活動 | トップ | 関東シニア、下見 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ゴルフ競技」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。