スーツマンのゴルフ競技挑戦

ゴルフ好きおじさんが、日本オープン出場を目指す。山口裕子プロ応援☆7月JGAハンデ:6.7 調子が上がった。

パッティング練習

2017年03月07日 16時33分45秒 | ゴルフ練習

家でのパッティング練習は、スイングと構えの練習だけで、距離感には全く効果が無いだろうし、長い距離のストロークも出来ない。しかしながら、芯で打つ確率が上がる事で、朝の練習グリーンで容易に距離感を合わせる事が出来るようになると考えている。

そして、一日のラウンドの中でパットが入るかどうかは運次第のようにも思うが、練習はスイング自体の自信につながって、平均値は上がっていくだろう。ここ2週は、家の中が落ち着いたので、パッティングの練習が良く出来ている。練習量に比して自信が増加しており、落ち着いたパッティングが出来ている。

△〇- --△ -△-:38  -△- □□△ -〇〇:40  78

1 1 1  2 2 1  2 2 2 :14   1 2 1  3 2 2  1 0 1 :13   27

この日、1番は上り1mのボギーパット、2番3,4mの上り真直ぐのバーディパット、3番は70Cmだが、やや下りのパーパット。

4番は、段の下から8mの上りのバーディパットを1m近く残したセカンドパット。5番は手前6mの上りだがコブを越えて右によれるバーディパットからOKへの2パット。6番ショートはカラーからのパーパットをOKに寄せてボギーパット。7番は9mやや下りで左に切れるバーディパットを80Cmショートしたが2パットパー。

8番ショートは、右横からの寄せを1.2mオーバーして上りのスライスラインをこすったパットで右に外した。パットストロークのミスで2パット。9番ピン右横から7mわずかにスネークラインのバーディ狙いを90Cmもショートし2パット。ラインを気にしすぎた自信の無い、集中の悪いストロークになった。

この9番、キャディさんにラインを詳しく聞いて時間を使ってしまったが、パットを打つ前に「キャディの独占しすぎだよ!」という声掛けをされた。不愉快にさせたのは悪かったが、今思えば、プレー直前での口頭指摘、マナー違反に近いのでは? 「打った後でスロープレーなので注意しろ」とでも云われた方が、もっと素直に反省出来るだろう。

blogram投票ボタン

[parts:eNoztDJkhAMmY3MmS0MD82QTY5PSzBRbUzNDYzMARKAFaA=

『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落ち着いたパッティング | トップ | ラッキーパット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ゴルフ練習」カテゴリの最新記事