我が人生に悔いなし 時には反省

日頃感じていること

ファミリーヒストリー&長州ファイブ

2017-06-19 | Weblog

  我が家の先祖代々の過去帳によると、1843年毛利家の重臣で松田武右衛門の記録がある。
私の父(明治37年生まれ)のお爺ちゃんで父から、厳しく正しく凛々しい武士だったとよく聞かされた。
長州人の誇りをもちながら父は17年前あと一か月で95歳になるというときに亡くなった。
その父に、私は幼い時から吉田松陰、高杉晋作、乃木大将、の他幕末イギリスに留学した長州ファイブの話しも良く聞かされた。又父の祖父武右衛門の次男の清左衛門の記録もあった。
その歴史の京都に私の先祖の一員「長州藩士、松田清左衛門」(元冶元年1864)幕末の志士の墓がある。京都長者町新町入ル(国司勢)34歳にて戦死(毛利家重臣、槍術師範)京都東山霊山護国神社に長州藩士の吉田松陰、高杉晋作、桂小五郎、久坂玄端、大村益次郎達と並んで眠っている。

 松田家家紋(源義経)同          清左衛門(京都)

 日本映  画 2016 - 最高の映画「長州ファイブ」- 映画

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予科練の若者に感謝 | トップ | 藤井聡太四段が公式戦28連勝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。