我が人生に悔いなし 時には反省

日頃感じていること

美しき日本の都(京都)

2016-11-12 | Weblog

京都の秋の紅葉は素晴しく日本紅葉三景の一つと言われている。

その歴史の京都に私の先祖の一員「長州藩士、松田清左衛門」(元冶元年1864)幕末の志士の墓がある。

 京都長者町新町入ル(国司勢)34歳にて戦死(毛利家重臣、槍術師範)

 京都東山霊山護国神社に長州藩士の吉田松陰、高杉晋作、桂小五郎、久坂玄端、大村益次郎達

  と並んで眠っている。(松田家家紋)

                  

                                       

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文化の日 | トップ | 美しき北アルプス(日本) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿