FIELD.GATE

遠征レポート
現地最新情報
格安航空券
乗合ツアー告知
欠員による参加者募集
を随時ご案内させて頂きます。

インドネシア・コモド島 ご報告(2017)

2017年03月01日 | 海外ツアーレポート アジア編
一時のブームが去ってから、再度注目が集まってきたコモド島。

玄関口となるフローレンス島のラブハンバジョは、空港が昨年新しくなり、バリ島からの便数も増え(今は、ジャカルタからの直行便も出ています)
ホテル、レストランも急激に増え、コモド島観光の拠点としてメジャーになりつつあります。


コモドドラゴンが生息しているのは、コモド島とリンチャ島。
ラブハンバジョからは、ローカルボートで2~3時間、スピードボートなら40分程度。

成田を午前中に出発して、バリ島(デンパサール)に夕方到着。
このままラブハンバジョまで移動出来ればいいのですが、既に最終便は出てしまっているので、バリ島に1泊。

翌日、朝一便でラブハンバジョへ。
遅延もなく、荷物も無事に到着です。
(機材が小さいので、ロッドケースは乗せることが出来ない場合があります・・・・とは必ず言われますが)


この前方のスペースに荷物がぎっちり、確かに物理的に無理な場合もありそう。

迎えの車でホテル(プリサリビーチリゾート)へ向かいます。
15分程度の移動。
チェックインは出来ませんが、ロビーのスペースを借りて、準備します。

この日は半日しかありませんので、コモド島の東側、リンチャ島まで。


棈松さん、アンダマンに続き、絶好調。


海外久しぶりの寺田会長も小ぶりですが、コモド初GTキャッチ。

昼、今回も初めての方もいますので、まずは恒例のコモドドラゴンベリーショートトッレキングです。


何度かコモドドラゴンを見に行きましたが、いつもリンチャでコモド島は初上陸です。


昼間は木陰でダラーン横たわっているのしか見たことがありませんでしたが
元気よく歩き回っているドラゴン君を発見。


後ろに回り込み、ナイスショット。


今度は全員でパチリ。

本来、コモド島に来たら1時間、2時間のトレッキングをするのが当たり前なのですが
我々は釣りしに来たので、さあ、釣りに行きましょう。


ベタ凪です。







1日目終了。

数時間でしたが、いいウォーミングアップが出来ました。

2日目はコモド島を南周りで、3日目はコモド島を北から回り込みます。






過去、いつもいい思いをさせてくれるコーナーで、今年も出ました。




窪田さんもグッドサイズ。




奥様もキャッチー


ダブル~


大きく移動の時は、フルーツを出してくれました。
クールダウン出来て、最高。


この方は、本当に投げれば釣れちゃいます。
















2018年は3月にツアーを予定しております。

釣り2.5日ですと、旅行日程は6日間で行けますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。
プランご提案させて頂きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インドネシア・コモド島へ行って来ます。

2017年02月20日 | メキシコ
2月22日(水)~27日まで、インドネシア・コモド島へ行って来ます。

期間中、朝、夜はメール、メッセンジャー、ラインは確認出来ると思いますが
通信環境が不安定な場合は、お返事が遅れることがあると思います。

2月28日は、通常通り出社致しますが
お急ぎの場合は、会社までお電話下さい。

株式会社トラベルプランニングサービス
03-5825-8186
(平日10時~18時)

ご不便をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Andaman GT fishing tour 報告(釣り編)

2017年02月14日 | 海外ツアーレポート その他
決定!!2018年も行きます。定員8名様です。

2015年スリランカ釣行の際、ガイドからインドも面白いぞと聞き、インドってGTはイメージないな~と思いながらも、2016年3月に初めてアンダマン諸島に釣行しました。
驚きのバイト数にくわえアベレージサイズが良かったこと、何よりもここ最近ではあまり投げなくなった大型ポッパーへの反応がとても良く新鮮で、帰国後すぐに2017年1月のボートを予約し、新たなメンバーも加わり今回の釣行となりました。

アンダマン諸島GTフィッシングのベースになるのは、インド連邦直轄地域アンダマン・ニコバル諸島の南アンダマン島の中心地ポートブレア。
(よく耳にするアンダマン海は、西をアンダマン・ニコバル諸島、東をタイ・ミャンマーに挟まれた海域、東側はプーケット島などがあります)

アンダマン・ニコバル諸島はインド国防の要地であり、原住民の保護の為、外国人の立ち入りも制限されており、到着時に空港で入島の許可が必要な為、必要事項を用紙に記入し、書類を受け取ります。昨年は知らずに空港を出てしまい、慌てて引き返したことがありました。

ポートブレアの空港は国内線のみの為、日本からですとデリーもしくは、コルカタ(カルカッタ)を経由することになります。
昨年は札幌、中部、関東からのご参加だったので、バンコクで全員合流して、コルカタ、ポートブレアと2回乗継をして入りましたが、今年は全員成田空港だった為、全日空でデリーまで直行、乗継1回のルートを選択しました。少し遠回りになりますが、ロストバゲッジや遅延のリスクを考えると乗継回数は極力短い方が安心です。



1日目、成田17:15を出発し、デリーで入国審査を済ませ、ポートブレアには2日目7:35に到着。今回はしっかり入島の許可を取り、荷物を受け取り南アンダマン島上陸。



トラック1台、ミニバン2台、セダン1台に分乗し、野良牛が闊歩する‘ここはインドだっ’て道を15分程度走りゲストハウスに到着。
オーナー、マネージャーと再会を喜び、この日はたっぷり移動の疲れを取り明日からに備えます。



フィッシングボートは2艇あり、レギュレーションでゲスト定員が決まっており(昨年はなかったレギュレーションなんですが・・・)30ftカタマランには4名、37ftセンターコンソールには6名、共に225馬力×2基。



これから毎日食べるであろうカレー三昧の夕食後、テラスに移動し、ゲスト8名と私、シンガポールから合流した友人ラムさんの合計10人で、船割、明日行くエリアを話し合います。乗合ツアーの場合は顔見知りの方も、初対面の方もいらっしゃいますので、この場は大切なんです。

釣り1日目 朝食をゲストハウスで食べ(朝食だけはカレーじゃないので助かります)、徒歩で桟橋へ向かいます。
道端では今朝取れたアジ、バラクーダ、フエダイなんかをおばちゃんが買わないかと声を掛けて来ます。もっとデカイのを釣る予定なので買いませんが。

桟橋ではキャプテン、アシスタントが待っており、昨年最優秀キャプテンのカンタもいます。ガタイも良くて力もありそうなんですが、前回キハダのファイトを交代したら数分で腰を押さえ痛がっていたお茶目なナイスガイです。1年ぶりですが覚えていてくれると嬉しいものですね。
2艇に分乗し出発してすぐの湾口で、キャプテンが無線で巡視船に出航許可を取ります。ここで方向は同じですが、もう1艇とはお別れです。
さらに40分程度で最初のポイントに到着。
南アンダマン島と小アンダマン島の間に点在している島と、島から広がる環礁がポイント。モルディブやパラオのように、船を走らせながらリーフに沿って釣っていくのと違い、奄美大島や沖縄のような流し方です。
島直下の岩礁と、水深20m程度までのエリアを、流し方を変えながらキャストして行きます。魚探を見ると所々に海底から1m程度の根があるものの大きなのは無さそうなので、多少ドラグが出ても取れそうです。

今回は定員ピッタリのツアーでしたので、私は皆様のカメラマン、応援係りでしたので釣りはしていませんが、3日間を通して、160g前後のペンシルでいいサイズが良く出て、ポッパーはショートポッピングに反応が良かったと思えました。

全てではありませんが、釣果写真です。



























































3日間終わってみると、全員でGTは60匹キャッチ。
フックアウト、ラインブレイクで取れなかったビッグサイズは5~6回あったと思いますが逃がした魚は大きいですから、何とも言えませんね。
しかし、まだまだフレッシュなフィールドであることは間違いありません。

滞在中はゲストハウスと桟橋の往復ばかりだったので、最後の夜はポートブレアのダウンタウンを散策に出かけました。どこにこんな人間がいたのかと言うほどの人、人、人。やっぱりここは13億人のインドなんだな。





帰り際、オーナーが言いました。YOU達は滞在が短い!!3日間じゃアンダマンは釣り切れないよ、次回はもう1日延ばしてくれ、って。往復の移動も4日、遠いいし休み取るのも大変なんだよ。でも次はあっちの島に行ってみよう。海外遠征では毎度のやりとりです。
だから、少し物足りなくて・・・また来るんですから。



タックル
ロッド ソルティガエアポータブルC85XHS、C85XXHS
    ゼナック EP83-6Trevally
リール ソルティガ5000、5000H
メインライン PE6~8号 リーダー150~200ポンド
ルアー 120~200gのペンシル、ポッパー各種。

国際線(全日空)は23kg×2個までなので重量はクリア。ロッドケースに関しても問題ナシ。
国内線(ジェットエアウェイズ)ロッドケースで特に長くなりそうな方については事前に航空会社に申告済みでしたが、15kgまでが無料、これは難関。行きは個々に預け20kg超えたかな~と言う場合だけ超過料金が発生。帰りは全員まとめて預けましたら、しっかり超過分を取られました。1kgあたり約900円。

空港の荷物検査では、機内持ち込みにリール、ルアーが入っている方がいたので、時間がかかりましたがクリア。時間に余裕を見てチェックインして良かった。
ライフジャケットのボンベで少し錆が浮いていたのがあり、それだけ破裂の恐れがあるので預かれないと外して捨てることになりました。私も初めてのケースでしたが、今後注意ですね。

カンタCPの写真忘れてました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイ・バンコク近郊のバラマンディー養殖池

2017年02月07日 | タイ釣行記


お気軽に怪魚が釣れるバンコクの管釣り。

メコン大鯰が釣れるブンサムラン(今年3月に閉鎖?)、
バラマンディー・チャドー・ナイフフィッシュなどが格安で楽しめる111。
アマゾンの魚が釣れるモンスターレイクアマゾン(最近はレッドテイルばっかりのイメージ)
ピラルクの池。
ピーコックの池。
巨大ハタの池。

等々ありますが、ルアーで沢山釣れ、サイズもGOODなのは、やっぱりバラマンディー養殖池ですね。

久しぶりに行って来ました。

時より雨も混じる曇天だった為、終日トップにも良く反応しかなり楽しめました。
アベレージは4~7kgですが、10kgオーバーも数匹釣れました。

観光の合間に1日如何ですか?

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロンピン・セイルフィッシュツアー募集開始

2017年02月01日 | 日記
今年もセイルフィッシュ行きます!!
1名様からご参加いただける乗合ツアーも企画致しました。
是非、ご参加下さい。

日程:2017年10月7日~11日 5日間
(フィッシングは3日間になります)



札幌、中部、関西、福岡発着も可能です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加