パーソナルブログメモリ

個人的な簡易記録です。コンピュータ関連をメインでやってます。ようこそ!いらっしゃいませ。

ubuntuにelmoを入れて戦う

2017年05月06日 | コンピュータ
今年も世界コンピュータ将棋選手権をエビフライさんの放送中心にみる。
開発者の生の声が聞けるのでわからないなりにも面白い。

衝撃を受けたのは画像認識で将棋のルールを憶えたというchainerの話
もうひとつは保木さんの画像認識のツールはどれ使っても対して変わらないといった話


なんとなくコンピュータ将棋が遊べそうな環境になったので
やねうら王から入れてみることにしました。実はこれまで何回も失敗しています。

今回挑戦する環境はOS ubuntu16.04 CPUはAMD 7860K

やねうら王 セットアップ質問スレッド
こちらからダウンロードしました。

AVX2は使えなさそうなので

YaneuraOu-master/sourceを端末を開いて
$make sse42でコンパイル通ったっぽいですが、実行ファイルがわからなかったです。
YaneuraOu-by-gccがそれでした。



その間シェル作ってmonoからexe呼ぼうとかexe設定したらwineが勝手に立ち上がったり
YaneuraOu-by-gccをつなげてようやくエンジンが登録できても実行時にマシンがハングしたり。今回も断念かなと思っていたら

最後たまたま見つけたサイトでやねうら王からのelmoの呼び出しを説明していたサイトを見つけて試してみたらようやく動かすことに成功しました。

第27回世界コンピュータ将棋選手権優勝ソフト、elmoの導入方法を説明します



前提としてmonoと将棋所は以前ダウンロードしています。

朝一番に世界一になったコンピュータソフトと戦ってみました。

中身はelmoのはず。なんにもさせてもらえませんでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジェットコースターに乗ってみる | トップ | ジュラシックパークをようや... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。