パーソナルブログメモリ

個人的な簡易記録です。コンピュータ関連をメインでやってます。ようこそ!いらっしゃいませ。

魂のチャンバー

2017年06月16日 | SF小説?
石にはいくつかの魂が宿ることがある。
生命は誕生するとき。近くの石のなかでたまたまチャンバーを開放しているものの魂を宿す。

地球の片隅で誰かが嘆いていた「何か面白いことないかなー」と
そんな言葉を発せられるぐらいには幸せなんだろう。



その誰かに魂を宿した石には、はるか昔に仲のいい、石仲間がいた。
恒星の爆発に吹き飛ばされたあと彼は地球に到達した。



友達のほうは銀河のより中心部で巨大な恒星系をまたがる生命体の長に魂を宿している。

銀河系最大の生息圏をもつ惑星連邦の王として君臨していた。

たまたま爆発した時の位置が逆なら...

惑星連邦はとりたてて今の所危機らしいことはない。

惑星連邦の主星、連邦政府の最高権力者の執務室でその王はつぶやいた。
「何か面白いことないかなー」と



はるか昔、石仲間と毎日のように語ったつぶやきは今も昔も変わらない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« youtubeに動画を登録してみる | トップ | android端末がfacebookから謎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

SF小説?」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。