パーソナルブログメモリ

個人的な簡易記録です。コンピュータ関連をメインでやってます。ようこそ!いらっしゃいませ。

Pythonを始めてみる

2016年10月18日 | コンピュータ
CODE VSのソースをPythonで作ってみる。

使いやすい。嘘みたいに…

今のところ多重配列、関数、if文、for文ぐらいしか使っていないけど洗練されている。

if文
if x<0 :return 20
:がいいTHENよりも{}よりも速い。

for文
for x in range(10):
これで0から9までのループになる。
ループだとよく終了を-1したりする。これがバグのもとになったりするけどrangeだとわかりやすい。

多重配列
nBoard = [ [ 0 for i in range(10) ] for j in range(16) ]
これでnBoard[0][0]からnBoard[15][9]まで0で初期化できる。
さらにbkBoard=nBoardで配列まるまるコピーできる。←同じものを参照していました。
修正import copyを追加してbkBoard=copy.deepcopy(nBoard)で配列まるまるコピーできる。

関数
変数の型を定義しなくていい。
returnに配列を渡せば配列も簡単に戻せる。

こんなに感心させられた言語は初めてです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« invalid character in identi... | トップ | 東大の本屋にて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。