hsharrr

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

BASF、アジアの7大学/研究機関と新素材を開発研究…京都大学も参加

2017-06-16 10:40:22 | 日記




(レスポンス)



BASFは日本、韓国、中国のトップクラスの7大学/研究機関とともに、リサーチイニシアチブ「先進材料オープンリサーチネットワーク(NAO)」を発足させた。

今回の取組みは、研究者/科学者たちが幅広い用途に向けた新素材の開発を協力して行うことができる体制づくりが目的。第一段階では、自動車、abcマート 通販設、洗剤?洗浄剤、水処理、風力エネルギーの各分野向け製品の開発に注力する。

BASFは2020 年までに研究活動の50%をヨーロッパ以外の地域で行う計画で、そのうち25%はアジア太平洋地域で行う予定。BASFでは現在、ヨーロッパの「先進材料?システム共同リサーチネットワーク(JONAS)」や、北米の「北米先進材料リサーチセンター(NORA)」など、世界各国で同様の取組みを展開している。

今回のリサーチイニシアチブには、日本の京都大学、中国の北京化工大学、北京理工大学、復旦大学、清華大学、長春応用化学研究所、韓国の漢陽大学校が参加。また、BASFの研究者たちはその他の教授6人やBASFの科学者で構成される科学委員会のサポートやアドバイスを受ける。

纐纈敏也@DAYS





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わずか6秒という短さの「ウル... | トップ | 李大統領がことし初歴訪、イ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。