初鹿 史典の熟成を楽しむ!

年輪を重ねるように人も会社も着実に成長している、醸造の歩み。

【第1356回】中立温度

2016年12月13日 | 住宅
皆様、中立温度なるものを

ご存知でしょうか?


人間快適に思う温度が

体の部位により違います。



※参考資料 YKK apカタログより

おでこの中立温度は22度

くるぶしの中立温度は26度です。


もうお分かりですね。

足元が寒い住宅は不快なのです。


例えば室温がおでこ近辺で24度

くるぶしの辺りで16だったとします。


この場合、おでこ近辺の中立温度

からの差は+2度

くるぶしの辺りでは-10です。

新築の家でもこのような現象は

当たり前のように起こります。


これはあまり知られてはおりませんが

人間には、くるぶしセンサーがあります。


くるぶしで感知した温度を視床下部

へ伝え、視床下部から毛細血管へ

寒いと感じたら血管を閉めるよう

合図が送られます。


そうなんです。 足元が寒い家は

慢性的な超軽度の凍傷に

犯されるようなもの。


自律神経に大きく影響が出て参ります。


続きは次回^ ^

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【第1355回】もりぞうの篠山紀信 | トップ | 【第1357回】おでこからくる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL