dfghyt

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

器は琉球大学の渡嘉敷健准教授がヘリ

2017-07-16 14:35:10 | 日記
【宜野座】普天間飛行場所属の新型輸送機MV22オスプレイが連日にわたって宜野座村城原区の集落に近い米軍キャンプ・ハンセン内のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)で離着陸を繰り返している件で、宜野座村城原区内に設置されている騒音測定器では12日午後10時15分に20ヘルツの超低周波で100・9デシベルを観測した。

 環境省は20ヘルツの際に80デシベル以上から物的影響があるとしており、観測された100・9デシベルは環境省の基準を大幅に超える。
シャネルiphone7ケースまた日米両政府が合意した騒音規制措置(騒音防止協定)では、午後10時から翌午前6時まで米軍機の飛行は制限されている。

 測定器は琉球大学の渡嘉敷健准教授がヘリパッド「ファルコン」から300メートル離れた所にある泉忠信さん(87)の家の庭に設置したもの。
シャネルiphone7ケース12日は、午後10時以降にオスプレイ2機がファルコンで離着陸しているのを住民が確認している。

 渡嘉敷准教授によると、20ドジャース球団史上9人目、10度目の快挙達成
 ドジャースの新人コーディ・ベリンジャー内野手が15日(日本時間16日)、敵地でのマーリンズ戦の第4打席にサイクル安打を達成した。
グッチiPhone7ケース新人選手のサイクル安打達成は、球団史上初の快挙。2009年4月13日にオーランド・ハドソンが達成して以来の大記録で、球団史上9人目(10度目)の達成となった。
シャネルiphone8ケース

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

「4番・一塁」で先発したベリンジャーは、初回の第1打席に中前打を放つと、3回2死三塁で迎えた第2打席に右中間へ26号先制2ランを叩き込んだ。さらに、4回2死一塁での第3打席には右翼へタイムリー二塁打を放ち、大記録達成に王手を掛けた。
シャネルiphone8ケース

 そして迎えた第4打席。7福島県郡山市のIT企業・スペースワンが開講している小型無人機「ドローン」のスクールの「卒業生」が100人を突破した。
シャネルiphone7ケース同社によると、東北地方のスクールで最多。各分野で本県産業を支える「ドローンパイロット」を輩出している。
エルメス iphone7ケース
 国土交通省航空局は、同社の豊富な受講実績を踏まえ、「民間講習団体」として局の公式ホームページに掲載している。
 同社が国内最大のドローンライセンス管理団体「日本UAS産業振興協議会(JUIDA)」の認定を受け、初めてスクールを開講したのは昨年11月。
シャネルiphone7ケース主に郡山市で月に1回開き、座学と実技を指導している。測量や映像制作などさまざまな企業などから受講者が相次ぎ、6月末には当初の想定よりも大幅に早く8カ月間で大台に達した。
シャネルiPhone7ケース
 専門知識・技術を生かし、練習場の開設や専門学校での指導、他団体のスクール運営などの支援もしている。
 同社は県産品の通販サイト運営などを通して本県の復興支援活動に取り組んできており、ドローンビジネスも延長線上にあるという。
シャネルiphone7ケース小林康宏社長(40)は「ドローンには大きな可能性があり、必ず活用の場は広がっていく。人材育成を通して県内の産業発展を後押ししたい」と意気込む。
マイケルコースiphone7ケースカバー激安回先頭で打席に立つと、マーリンズ4番手のウィットグレンの初球を強振。打球は目測を誤った右翼手スタントンの頭を越える三塁打となった。
グッチiPhone7ケース

 今季4月25日にデビューしたばかりのベリンジャーは、驚異のペースで本塁打を量産し、この日の2ランを合わせ、すでに26本塁打を放っている。ア・リーグではヤンキースのジャッジが新人離れした活躍を見せているが、ベリンジャーも負けず劣らずの活躍で、チームの快進撃を後押ししている。
シャネルiphone7ケースヘルツで100・9デシベルは城原区の測定で最高レベルという。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【参考記事】日本の「ホワイ... | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。