mwfft

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

日本や中国の侵略に備え十万養兵

2017-05-18 12:41:23 | 日記
江原道江陵市は韓屋(韓国の伝統家屋)でヒーリングを楽しむのにピッタリの旅行先だ。冬の海と韓屋の温もりの対比も趣深い。
歴史が感じられる古い屋敷は、荒い波と冷たい風で冷えた体と心を温かく包んでくれる。

 江陵で古民家の風情を感じたかったら、鏡浦へ向かおう。
シャネルiphone7ケース

 鏡浦海水浴場の近くには、申師任堂(シン・サイムダン)と息子の栗谷・李珥(イ・イ)の生家である烏竹軒(宝物165号)がある。申師任堂は詩や絵、刺繍に卓越した腕前を持った芸術家で、李珥は退渓・李滉(イ・ファン)と並んで、朝鮮朱子学における二大儒と称され、日本や中国の侵略に備え十万養兵を説いた。
シャネルiphone7ケース申師任堂、李珥の姿はわれわれにとってとても親しみがある。5万ウォン(約5000円)紙幣には申師任堂の肖像画と墨葡萄図が、5000ウォン(約500円)紙幣には李珥の肖像画と烏竹軒、烏竹(黒竹)が描かれている。
ルイヴィトンiPhone8ケース

 2016年12月には、烏竹軒が見渡せる場所に江陵烏竹軒韓屋村がオープンした。一般タイプから高級タイプまで、およそ30の客室がある。
ルイヴィトンiphone7ケースこれらは伝統的なオンドル(床暖房)部屋だ。烏竹軒や江陵烏竹軒韓屋村の近くにはさまざまな文化空間が集まっている。
グッチiphone7ケース私立美術館などが烏竹軒の敷地内にあるほか、地域の工芸家たちが集まり、刺繍や木工などの体験プログラムを実施している江陵芸術創作人村もある。

 烏竹軒から鏡浦生態貯留池を過ぎると、歴史を感じさせる美しい屋敷、船橋荘(重要民俗文化財5号)が目に入ってくる。
シリコンiPhone7ケース船橋荘を出ると、鏡浦湖や海にたどり着く。鏡浦湖を散策したり、関東八景の一つである鏡浦台、エジソンの発明品や蓄音機など4500点余りが展示されているチャムソリ蓄音機・エジソン科学博物館を見て回るのもいいだろう。
ルイヴィトンiphone7ケース
テールを右飛に仕留めた。7回は安打と四球で二死一、二塁とすると8番ガルビスに中前適時打されて初失点。
シャネルiPhone7ケースしかし、9番スタッシを空振り三振。この回で降板した。
シャネルiphone8ケースこの日は95球中ストライク70球で、ストライク率73・7%は自身2番目の高さだった。

 一夜明けた17日(同18日)テキサスの地元紙は最近5試合で負けなしの3連勝と頼りになるエースを絶賛した。
シャネルiphone7ケースダラス・モーニング・ニューズ紙(電子版)は敵将マッカニン監督が試合後に語った「初めて対戦したチームにとって彼のスライダーは厄介だ」とのコメントを紹介し、「ダルビッシュの交流戦支配は続く。14回先発登板して防御率2・19だ」と賛辞。
グッチiphone7ケースそして「50勝は思ったより時間がかかった」と右ヒジ手術で2015年シーズンを棒に振ったことを惜しんだ。

 フォートワース・スター・テレグラム紙(電子版)は「ダルビッシュ支配の下、レンジャーズは7連勝と快走」とし、「スライダーとチェンジアップが効果的だった」と脱帽した。
超人気iphone7ケース
 また、江陵は最近、コーヒーが有名だ。安木海水浴場周辺には江陵コーヒー通りがあり、旺山面のコーヒー博物館ではコーヒーの木やコーヒー豆のほか、昔の抽出器具などを見ることができる。
シャネルiPhone7ケース

 そのほか江陵に来たら、寒さを吹き飛ばしてくれる熱々のスンドゥブ(おぼろ豆腐)を味わいたい。市内各地で草堂スンドゥブの看板が目につくが、本当の味を楽しみたかったら草堂スンドゥブ村に行くべきだ。
ゴヤールiphone7 ケース

 江陵の旅は、国道7号線に沿って注文津方面に向かい、クライマックスへ。ドラマ『寂しくて光り輝く神-鬼』(tvN)の撮影が行われた注文津は今、恋人たちのデートスポットとして人気がある。
シャネルiPhone7ケース
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 手帳型 グッチ アイフォン7ケ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。