fdgfcgtge

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

機能やデザインについて唯一の具体

2017-08-13 11:18:14 | 日記
iPhoneの頭脳として搭載され、毎年性能がガンガン向上する「Aシリーズ」プロセッサ。今年登場する(予定の)「iPhone 8」には「A11プロセッサ」が搭載されるはずですが、気が早いことにA11のものとされるベンチマークスコアが公開されています。
シャネルiphone7ケース

【画像】今年も爆速進化。iPhone 8のプロセッサ「A11」のベンチマークスコアがもう流出か

これまで実績のあるリーク主のIce Universe氏は、A11プロセッサの「Geekbench4」でのスコアがシングルコア:4300~4600、マルチコア:7000~8500の中間程度になると報告しています。
シャネルiphone7ケース参考にiPhone 7に搭載されている「A10プロセッサ」でシングルコア:3300、マルチコア:5500程度ですので、これはかなりの性能アップですね。「A10Xプロセッサ」を搭載したiPad Proより過去最大級の“情報流出”に
2010年のGizmodoによる「iPhone 4」のスクープを除けば、今回の次期iPhoneに関する詳細の情報流出は、アップルにとっては考えられない規模のものだ。
iPhone7ケース最小限のベゼルとホームボタンの廃止は、ここ数年のiPhoneとしては最も重大な変化である。来るiPhoneの発表に向け、同社にとって顔認証機能は重要な焦点となるだろう。
プラダメンズ靴

「アップルにとっては厄介な状況です」と、トロートン=スミスは語る。「機能やデザインについて唯一の具体的なリーク元になってしまったことは、社内の多くの人間を動揺させるでしょう」

ばつの悪さを別にすれば、実際の売り上げにはそれほど影響を及ぼさないかもしれない。
グッチメンズ シャツ「リーク情報を元に新型iPhoneの登場を待つような人々は、すでにこの件についてよく知っていたのではないでしょうか」と、Jackdaw Reserachの創業者であるジャン・ドーソンは語る。

さらにドーソンは、今回の“情報流出”は既存の噂を裏づけるかもしれないが、iPhoneの新機能が本当の意味で試されるのはそれがしっかりと機能するかどうかだという。
シャネルiPhone7ケースファームウェアはあくまで、情報を与えてくれるだけなのだ。

いずれにせよ、最大のリークはアップルの内部セキュリティの欠陥を再び明らかにした。
エルメス iphone8ケース2016年秋にも、有機EL(OLED)のタッチバーを搭載したMacBook Proについての情報が、正式発表の数日前に「macOS Sierra」のコードから明らかになっている。今回の過失はより一層大きなものだ。
coachコーチiPhone7ケース

アップルはノートパソコンの製品ライン全体よりも、iPhone 8を重視している。発表の1カ月前に情報が流出することで、何らかの具体的な影響が出る可能性はある。
ルイヴィトンiphone7ケースそれが良いものではないことは確かだ。

アップルCEOのティム・クックは直近の収支報告で、このように述べている。
マイケルコースiphone7ケースカバー激安「われわれはiPhoneの販売が頭打ちになる可能性もあるとみていますが、これは将来発売されるiPhoneに関する情報が早いタイミングで頻繁にレポートされていることが原因だと考えています」

少なくとも今回に関しては、アップルは自分たちを責めるしかないだろう。少しだけ劣るといった感じです。
ルイヴィトンiphone7ケースいや~、順当な性能アップと言っていいんじゃないでしょうか?

またIce Universe氏は他のツイートにて、「A11プロセッサは3.0Ghzのヘテロジニアス・マルチコアになる」とも発言しています。ヘテロジニアス・マルチコアとは種類の異なるプロセッサを同一チップ内に組み込む技術で、A10から採用されています。
エルメス iphone7ケース

また台湾紙のDigiTimesも同時期に、「10nmプロセスのA11プロセッサの量産が始まった」と報じています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。