広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高い精確のNS0-506問題と答えをトレーニングしてもいいんです

2016-10-11 09:45:55 | Network Ap...
NetApp Certified Implementation Engineer—SAN, clustered Data ONTAP NS0-506試験は、55~65問の問題で構成され、1時間30分の試験時間内に回答を完了する必要があります。 英語を母国語としない国では、第一言語が英語でない受験者の試験時間が30分延長されます。

NS0-506試験の出題範囲
clustered Data ONTAP, SANソリューションの評価

ネットアップ システムをインストールするための前提条件
SANのコンポーネント
お客様の要求や期待に応えるためのソリューション設計とプロビジョニング対象ハードウェア

NS0-506試験のトピック:
clustered Data ONTAP SANの計画
環境および物理上の考慮事項
ストレージ コントローラ構成の概念
スイッチおよびホスト構成の概念
ストレージ スペース利用率の概念


clustered Data ONTAP SANの実装と設定
クラスタ ストレージ システムのノード、FCP、およびiSCSI設定タスク
SVM設定タスク
スイッチとホスト システムの設定
ストレージ スペースの利用率


clustered Data ONTAP SAN実装のテストとトラブルシューティング
テストに関するタスク
トラブルシューティングに関するタスク

お客様は初心者であれば、それとも自分のNS0-506教育知識と専門技術を高めたければ、passtestのNS0-506トレー ニング資料を提供します。

1.On a FAS8040, which port is used for FCoE connections?
A. e0M
B. e0P
C. 0a
D. e0h
Answer: D

2.Hosts and switches are connected to a FAS8040. Multiple FC-enabled SVMs have been created, and
LUNs have been mapped to multiple hosts. During failover testing, one of the hosts lost connectivity to its
LUNs.
What needs to be examined?
A. FAS8040 ALUA configuration
B. host multipath settings
C. xhost iSCSI timeout values
D. switch NPIV settings
Answer: A


3.You have a 4-node FAS8040 cluster licensed for FCP and iSCSI. Each node has both FC and iSCSI LIFs. One of your Windows 2012 Servers has a single 8Gb FC port and a single 10 Gb Ethernet port with
switched connectivity to the FC and Ethernet ports on the cluster. You need to use both ports on the host
for multipath access to a LUN on the NetApp cluster.
What will accomplish this task?
A. NetApp Data ONTAP DSM for Windows MPIO
B. FCoE HBA
C. iSCSI HBA
D. native Windows MPIO
Answer: A
ジャンル:
ITネットビジネス
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 独学でC_HANAIMP_11試験に合... | トップ | passtestの70-414問題集をト... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。