歩かない旅人

 彼がなした馬鹿げたこと・・・彼がなさなかった馬鹿げたことが・・・人間の後悔を半分づつ引き受ける。ヴァレリー

「反対だけはしないんです!」と言っていても9条改正にはダンマリ…

2017-05-19 21:07:33 | 産経ニュースから記事を拾う

 

           

 

  都議選次第では蓮舫氏も民進党の代表を降ろされてしまうかもしれません。そんな噂が出ていることさえ一切、顔にも出さず強気一辺倒の向こう意気だけはもち続けている実に頼もしい親分です。

  政治部 奥原慎平という産経新聞の記者が今度蓮舫氏の番記者になったという報告記事です。あまり見たくもない顔ですが、これからピッタリとくっ付いて取材するのも気が重いと思いますが、世間ではまだ人気があると蓮舫本人は思っているでしょう。

  私から見れば信じられない位の自信を持っているように見えますが、日本人では無い彼女にはそのくらいの事は朝飯前なのでしょう。平気で嘘を付けると言う事は、台湾国籍というよりチャイナの血が濃い外征人出身でしょう。祖国はチャイナのはずです。

       民進代表選、蓮舫氏は本当に「圧勝」したのか

  民進党は今や支持率がじりじりと下がっていて、政党としての法案一つ出せないでいます。法案を出したくても党内がまとまらないからだと言います。だから安倍政権打倒、森友問題を徹底追及して、安倍昭恵夫人まで引っ張り出そうとして失敗しました。

    

  いろんな委員会を作っては何かをやっているつもりの党になってしまいました。蓮舫代表は無能だと言う評判だけうなぎ上りですが、本人はまったく気にしません。いやそう装っているのかもしれませんが、それにしても意気だけは軒高です。

 

 🐓 🐓 🐓 🐓 🐓 🐓 🐓

 

【政界徒然草】産経ニュース・平成29年5月19日付


民進・蓮舫代表、提案型のご都合ぶり 「反対だけはしないんです!」と言っていても9条改正にはダンマリ…


  民進党の蓮舫代表(49)を主に担当する番記者となって2週間が過ぎた。わずかな期間だが、蓮舫氏にはその芯の強さとともに違和感も感じた。東京都議選(7月2日投開票)の街頭演説などで、これまで掲げてきた“提案型路線”を言葉の端々に感じた。

   国政で目立った成果をあげられていない路線だが、地方選でもそれを貫き通すところが蓮舫氏らしい。一方、憲法改正をめぐり、安倍晋三首相が民進党に「対案」を求めても、「提案型」はなりを潜めている。

   金属労協JCMは、日本の金属産業の労働組合 が結集する組織で、正式名称は全日本金属産 業労働組合協議会
組合員数約200万人の「金属労協」JCMが、民主党の最大支持母体「連合」から離脱!

 「私たちは、反対だけはしないんです!」

  大型連休最終日となった5月7日の京王線笹塚駅前(東京都渋谷区)。マイクを握った蓮舫氏は、抑揚をつけながらこう述べると、都政の課題を挙げ始めた。

  まず、2020(平成32)年の東京五輪・パラリンピックについてだった。「夢のある話は分かりやすい。だが、不都合な真実に目を向けるのが政治だ」と語り、

  平成10年の長野冬期五輪に合わせてつくられた競技場などの維持費が現在、自治体を苦しめていると指摘した。人口減が避けられない五輪後の東京を見据えた視点が求められると“提案”した。

  そして、待機児童数の減少を目指した保育士の給与増や、経済的な理由から就学援助を受けている児童・生徒の解消に向けて、「税金の再分配が欠かせない」と主張した。そうした視点を持った都議が、13兆円を超える都の予算を扱うには重要だと“提案”した。

  さすが、民主党政権時代に「仕分けの女王」として脚光を浴びた蓮舫氏の人気は底堅く、演説終了後は握手を求める人に囲まれた。

   

  ただ、民進党の都議選は危機的な状況にある。公認候補予定者は党勢低迷の中、当初の36人から14人が「沈みかけた船」から逃げ出せと、ばかり離党。国政選挙の先行指標に位置づけられている都議選の結果次第では「蓮舫降ろし」の動きも本格化しかねない。

  蓮舫氏の周囲には冷ややかな雰囲気も漂う。執行部の一員でもある細野豪志前代表代行は教育無償化などを柱にした憲法改正私案を公表し、蓮舫氏との違いを鮮明にした。

女房役である野田佳彦幹事長からは、離党した長島昭久元防衛副大臣を「最低だ」と評した蓮舫氏の発言について、「表現はよく練って、きちっと伝えなければならない」と苦言を呈された。

    長島昭久衆院議員 「民進党が掲げる『改憲勢力3分の2阻止』は大いなる勘違い」「民共共闘に失望し離党を決断した」

  こうした苦境にあっても、提案型を主張し続ける蓮舫氏の姿勢はよくも悪くも揺らがない。

  党代表選で発覚した台湾籍との「二重国籍」問題で、説明が二転三転しながらも、台湾籍が残っていたとは知らなかったとの立場を貫き通した姿勢とどことなく通じるものがある。

  蓮舫氏の言う提案型路線はご都合主義なのではないか。それを象徴する場面が、5月9日の参院予算委員会だった。

  蓮舫氏は、読売新聞の取材に2020年の新憲法施行に意欲を示した安倍晋三首相(自民党総裁)を「国会で説明する責任を放棄している」と執拗に追及した。

   しかし、安倍首相が民進党に憲法改正に関する具体的な提案を求めても、一向に応じるそぶりは示さなかった。「絶対護憲」を掲げる共産党との選挙協力がちらついているようだ。

  蓮舫氏は党代表選中の昨年9月、産経新聞のインタビューにこう答えている。

  「批判しかないと思われているところに提案を出し、政策の選択肢を示す。これが積み重なって信頼となる。次の選挙で選択してもらえる政党なのかとの『みそぎ』だ」

  蓮舫氏には今こそ、この時の回答を、貫き通してもらいたい。

(政治部 奥原慎平)

 

  🐓 🐓 🐓 🐓 🐓 🐓 🐓

 

  蓮舫氏はいまだに期待されています。自民党に関連する人々は、何時までも民進党の代表でいてもらいたいと思っているでしょう。森友でだめなら次は加計学園問題を大きくして、安倍政権にダメージを与えようと言う、誠に分かりやすい作戦を懲りずにやっています。

  加計学園で重要記録、文科省が「総理のご意向」として配慮!証拠となる文書!「官邸の最高レベル」

  学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題で、文部科学省と内閣府の幹部らも出席して開かれた民進党調査チームの会合=17日午後、東京・永田町の衆院第1議員会館 時事

  蓮舫代表はめげません。あの独特のきつい目つきに代表されるあの表情が蓮舫氏のトレードマークになってきました。子分の山尾志桜里議員まで似たような顔になってしまうのはどうしてでしょう。

   民進党の蓮舫代表、離党届の長島昭久元防衛副大臣に「最低」 

  民進党には次々にスター議員が誕生しています。あの辻本清美議員を先頭に玉木雄一郎、小西洋之、白真勲、福山哲郎、有田芳生氏ら毎日のようにネットを賑わしています。

    

  蓮舫代表は共産党と組むような党には居られないと言って去った長島昭久議員に対して「最低だ!」と罵声を浴びせています。欧州の先進国では共産党は非合法として認められていないのです。何と日本は懐の深い国でしょう。そして蓮舫議員は何故共産党と組んだのか。

      日本共産党って、どんな党?日本共産党綱領

  民進党の将来が何か重い感じになって行くように感じます。共産党という一筋縄ではいかない、とんでもない綱領を持っている党と言う事を認識しているのでしょうか。もともと民進党には綱領が無いと言われています。怖いですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Luciano Pavarotti - 'O sole... | トップ | 倍賞千恵子 / さよならはダ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。