歩かない旅人

 彼がなした馬鹿げたこと・・・彼がなさなかった馬鹿げたことが・・・人間の後悔を半分づつ引き受ける。ヴァレリー

都合のいい報道ばっかりしていると誰も相手にしなくなる

2017-07-12 12:21:53 | 偏向メディアは日本の敵か

 

 

         

   「自民よりメディアが敗者になる」モーリーがフジテレビで正論・TBSは加戸守行前知事の存在抹消・・・ブログ『正しい歴史認識・・・』7月12日付の記事からです。TBSどころではありません。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・

  青山繁晴氏を参院議員選に推薦し当選させたことは、日本の国会と日本のマスメディアに大きな風穴を開ける、大きな役目を担い、見事その一歩を歩き出したと言えます。7月10日の参院における、青山氏の役割は、加計騒動に区切りをつける重大な節目になる日だと思います。今までのマスメディアの欺瞞性を国会の場で示したからです。

  ブログはこの問題一色です。すなわち加戸守行愛媛県前知事の存在と発言の抹消、青山氏の質問まで報じない新聞・テレビも、その殆どが日本の有力新聞ですが、まずブログ『正しい歴史認識・・・』からいくつか抜粋します。


  まだまだテレビの影響力は大きいですね、だからこそ公平中立な放送をして欲しいのです
  モーリー・ロバートソン

  そもそも様々な視点があるし、メディアはそれを能動的に一番始めに取材できたと思うんですね。
  ところが、どうしても野党による内閣への追及、政権への追及ということで、ショーアップに加担して尻馬に乗ってしまったように思います。
ですから下手をすると、今回信頼を失うのは自民党と言うよりも、メディアが敗者になる可能性があると思います!

  自分の本来の機能を果たして来なかったんじゃないか?エンターテイメントと報道を混同してしまったのではないか?自戒を込めてそう思っております。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  国会の参考人発言で愛媛県前知事加戸守行氏の発言どころか、青山氏の質問まで無視して報じたか報じなかったかの表が下記に記した表です。NHK、朝日、毎日とお馴染みの左翼勢力が並んでいます。ユーチューブは正しく全部伝えてくれたと言う部分は、全社、産経新聞に至るまで報じませんでした。よほど都合の悪いニュースなのでしょう。


 加戸さんの「国家戦略特区で歪められていた行政が正された」や「加計学園の事務局長と愛媛県議が友達だったのがきっかけ」や「愛媛は12年前から加計ありき」という主張をマスコミはなぜ取り上げない!

 

   加計学園で重要記録、文科省が「総理のご意向」として配慮!証拠となる文書!「官邸の最高レベル」
 

  平成29年5月17日付朝日新聞朝刊がこの事件の発端です。まだ真相はこれからですが、フェイクニュースと呼ばれてもおかしくない様相に段々なりつつあります。前川氏が文春に持ち込み相手にされず、朝日が飛びついたと言うスクープニュースです。


  民進党の蓮舫代表は、党の参議院議員総会で、「『知らぬは総理ばかりなり』。安倍総理大臣は、『自分は関与していない』とずっと言ってきたが、周りがそんたくをしている事実が、明らかになった。安倍総理大臣や夫人
  民進党の蓮舫代表は、党の参議院議員総会で、「『知らぬは総理ばかりなり』。安倍総理大臣は、『自分は関与していない』とずっと言ってきたが、周りがそんたくをしている事実が、明らかになった。安倍総理大臣や夫人のお友達だけに特別の配慮がなされていたという疑惑は深まった。衆参一体となって、この問題を明らかにしていく」と述べた。

  と民進党がこの記事に乗っかって安倍政権攻撃を始めました。森友問題が行き詰まっていた面もありましたから、とにかく安倍潰しのためならなりふり構っていられない事情もあったのでしょう。


  TBS『ひるおび』、加戸守行氏をフリップにも映像にも一切登場させず存在自体を消す 真相を話されてはまずいのか番組論調と逆の論客・田崎史郎氏を欠席させ大谷昭宏氏をキャスティング

  7月11日の「ひるおび」では、加戸守行氏の閉会中審査での証言に触れなかっただけではなく、関係者を掲載したパネルなどでも一切登場させず、存在自体を抹消する悪質な放送を展開した!

  モブッチ‏
  @kulazzo
  返信先: @anonymous201504さん、@liyonyonさん

  TBSの「ひるおび」その後の全国ニュースをチェックしましたが
  加戸さんの件も、青山繁晴による追及も
  発言どころか、存在自体が消されてました。

  凄いですよ、今のTBS。今のテレビ報道は。
  完全に事実を隠蔽して、歪めて、それで開き直っている。


  りすのどんぐり工場‏
  @usagitodance
  前川氏並びに野党の言い分に正当性があると思うなら青山さんや加戸さんのような反対     側からの意見を真っ向からぶつけて小細工なしの報道すればいいのに。

  それをしないのは青山さん、加戸さんの話を広く知られたら視聴者を騙せないってわかってるからだよね。 #ひるおび

   TBS『ひるおび』、加戸守行氏をフリップにも映像にも一切登場させず存在自体を消す 真相を話されてはまずいのか番組論調と逆の論客・田崎史郎氏を欠席させ大谷昭宏氏をキャスティング


  TBS『ひるおび』、加戸守行氏をフリップにも映像にも一切登場させず存在自体を消す 真相を話されてはまずいのか番組論調と逆の論客・田崎史郎氏を欠席させ大谷昭宏氏をキャスティング

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  次のブログは『私的憂国の書』からの抜粋です。

  産経新聞社政治部編集委員の阿比留瑠比氏が「そこまで言って委員会」に出演し、東京新聞の安部叩き指令を暴露した。

「東京新聞の記者からね、直接聞いたことあるんですよ。

安倍さんが2回目の総裁選に受かって次期総理になるっていうことがほぼ間違いないと言われてる頃に当時の東京新聞編集局長から号令が編集局にかかって「安倍なんか取材しなくてもいいからとにかく安倍を叩け」という指令が出たと。これのどこがジャーナリズムなんですかね?私にはさっぱり分からない。少なくとも産経新聞は絶対にないです」

 産経新聞阿比留編集委員


  この発言がネットで拡散され、保守派からは東京新聞への批判が、反安倍派からは阿比留氏への批判が飛び交い、交錯している。

  Twitterで日々醜態をさらし続ける東京新聞名物記者の佐藤圭は、「そんな指令は聞いたことがない(笑)」と呟いているが、阿比留氏本人も負けてはおらず、Facebookで、「ちなみに、東京新聞の件は、同僚記者も別の東京新聞記者から同様の話を聞いたと言っていました。私が聞いた際も、同席者は5人程度いましたしねえ…。」と返している。・・・

   昨日コメントでいただいた通り、阿比留氏は虎ノ門ニュースに出演し、こう語っている。

  阿比留「朝日の幹部たちはもう倒閣運動を隠してないみたいですね。私は直接聞いてないけど、関係社幹部が直接本人から聞いた話によると、「うちが倒れるか、安倍政権が倒れるかの勝負だ!」みたいなことを言ってるようですしね。」

   マスメディアはよく、第四の権力と言われる。その権力を倒閣という政治活動に使うなら、それは権力の乱用というもので、彼らに政治権力を批判する資格はない。左派メディアはいま、総がかりで壮絶な安倍潰しをやっている。一般の読者、視聴者は、ただ真実を知りたいという理由でマスメディアに情報を頼るが、その情報の上流にいるメディアが、さかんに社是の刷り込みを行い、お客を洗脳しているのだ。

 すでに、真実派と左派メディアは戦争状態にあるといって良いだろう。将来世代のためにも、この戦には、絶対に負けるわけにはいかない。


  次のブログは『反日勢力を斬る』からの抜粋です。産経新聞の記事も載せていますが、加戸前愛媛知事の、悪意あるカットについて次の表を出しています。現在のマスメディアにとって、ネットに関する記事は書けないのが今の状況です。ヘタレ以前の問題です。

   朝日毎日

  朝日新聞は1面トップの記事に「加計ありき 疑念消えず」の見出しで、前川氏の発言を多めに盛り込んだ。「(政府の)説明責任はなお果たされていない」と強調した記事の隣には「『首相信用できない』61%」とする同社の世論調査結果を添えた。
  2面では「『丁寧な説明』なき審議」との見出しで、安倍晋三首相らがいなかったことを指摘し、3面では「加計巡り説明不足」と政府側の説明は足りないと断じた。一方、加戸氏の発言は記事では報じず、審査の詳報では加戸氏の発言を引き出した自民党の青山繁晴参院議員の質問を掲載しなかった。

  毎日新聞も「加計 論戦平行線」と1面トップで大きく報じる中、加戸氏の発言はなく、これでは地元の獣医学部誘致を文科省などが阻止してきたことが読者には分からない。東京新聞は社会面で加戸氏の発言を取り上げたが、同氏の発言の肝である「ゆがめられた行政が正された」の部分を記載しなかった。

    

  一方、産経新聞と読売新聞、日経新聞は「行政がゆがめられた」と主張する前川氏に対し、加戸氏が「岩盤規制にドリルで穴を開けていただいた。『ゆがめられた行政が正された』が正しい発言ではないか」との発言を記事で取り上げた。

  加戸氏は閉会中審査で「今までたくさんの取材があったが、申し上げたいことを取り上げてくれたメディアは極めて少なかった」と訴えていた。

  産経新聞もこの記事で報道しない自由を行使している。
それは既存メディアへの不信を表明した最後に、真実を伝えたネットという新しいメディア、動画の YOUTUBE に感謝の念を述べたことだ。

   青山繁晴2

  YOUTUBEの動画は質問する自民党青山繁晴参議院議員の後ろの席で、終始ニタニタ笑っている元TBS社員杉尾秀哉やその後ろで手を口に当てて笑っている女議員の二人は明らかに青山議員を小馬鹿にしていた。


  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【閉会中審査】産経新聞・平成29年3月16日付

朝日と毎日は「ゆがめられた行政が正された」の加戸守行前愛媛県知事発言取り上げず

  朝日毎日

 

  衆参両院で10日に開かれた学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる閉会中審査から一夜明けた11日の朝刊各紙は、官邸の不当な関与を主張する前川喜平・前文部科学事務次官の発言を大きく取り上げた。

 

一方、国家戦略特区として獣医学部設置が認められたことに関し「ゆがめられた行政が正された」などと文部科学省の過去の対応を批判した加戸守行前愛媛県知事の発言については記事で取り上げないところもあり、報道の“印象操作”が浮き彫りとなった。(今仲信博)

 

 朝日新聞は1面トップの記事に「加計ありき 疑念消えず」の見出しで、前川氏の発言を多めに盛り込んだ。「(政府の)説明責任はなお果たされていない」と強調した記事の隣には「『首相信用できない』61%」とする同社の世論調査結果を添えた。

 

  2面では「『丁寧な説明』なき審議」との見出しで、安倍晋三首相らがいなかったことを指摘し、3面では「加計巡り説明不足」と政府側の説明は足りないと断じた。

 

一方、加戸氏の発言は記事では報じず、審査の詳報では加戸氏の発言を引き出した自民党の青山繁晴参院議員の質問を掲載しなかった。

 

   毎日新聞も「加計 論戦平行線」と1面トップで大きく報じる中、加戸氏の発言はなく、これでは地元の獣医学部誘致を文科省などが阻止してきたことが読者には分からない。

 

東京新聞は社会面で加戸氏の発言を取り上げたが、同氏の発言の肝である「ゆがめられた行政が正された」の部分を記載しなかった。

 

  一方、産経新聞と読売新聞、日経新聞は「行政がゆがめられた」と主張する前川氏に対し、加戸氏が「岩盤規制にドリルで穴を開けていただいた。『ゆがめられた行政が正された』が正しい発言ではないか」との発言を記事で取り上げた。

 

  加戸氏は閉会中審査で「今までたくさんの取材があったが、申し上げたいことを取り上げてくれたメディアは極めて少なかった」と訴えていた。

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  産経新聞の記事ですがやはりユーチューブに関する発言は載せていません。まだネットの発言は弱いと、テレビはワイドショウで政治を動かしていると自負しています。報道番組か単なるバライティか区別のつかないような番組が氾濫していますが、制作しているのは、その多くは同じ制作会社で作られたものです。(株)泉放送制作と言う会社です。

  すべてのテレビ局の放送の下請け会社なのでしょうか。同じ会社で作るのですから同じ意見になってしまうのは当然でしょう、これは一種の事件です。独占禁止法に触れないのでしょうか。

【TBS】
「あさチャン!」「ビビット」「ひるおび」「ゴゴスマ」
「Nスタ」「NEWS23」「報道特集」「サンデーモーニング」「夢の扉+」
「下剋上受検」「逃げるは恥だが役に立つ」「重版出来!」
「表参道高校合唱部!」「流星ワゴン」「花より男子」「木更津キャッツアイ」他

【日本テレビ】
「ZIP!」「NEWS ZERO」
「北風と太陽の法廷」「銭形警部」「そして誰もいなくなった」
「ゆとりですがなにか」「デスノート」他

【テレビ朝日】
「羽鳥慎一モーニングショー」「スーパーJチャンネル」
「土曜ワイド劇場・おとり捜査官シリーズ」「11人もいる!」他

【フジテレビジョン】
「めざましテレビ」「とくダネ!」「直撃LIVEグッデイ!」「ノンストップ!」「新報道2001」
「各スポーツ番組(夏季/冬季五輪)(サッカーW杯)(春高バレー選手権)(世界体操)(フィギュアスケート)(柔道)他」
「痛快TVスカッとジャパン」「めちゃ×2イケてるッ!」
「別れたら好きな人」「銀のスプーン」「花嫁のれん」「嵐の涙」他

【テレビ東京】
「ワールド・ビジネス・サテライト」
「ゆうがたサテライト」「モーニングサテレアイト」
「未来世紀ジパング」「マネーの羅針盤」
「水曜ミステリー9」「マッサージ探偵ジョー」他

【NHK】
「お母さん娘をやめてもいいですか?」「水族館ガール」
「逃げる女」「愛おしくて」他

【讀賣テレビ】
「関西情報ネットTen!」「す・またん」「ウェークアップぷらす」
「マネーの天使」「慰謝料弁護士」他

【朝日放送】
「パネルクイズアタック25」他

【テレビ神奈川】
「猫のひたいほどワイド」「サタミンナイト」「ハマナビ」他

【テレビ埼玉】
「魅力まるごと いまドキッ!埼玉」他


  これは地上波だけですがBSにも地方局にも手を伸ばし、日本の放送業界裏面を垣間見る思いです。有田香氏が選挙もワイドショウで動くと言っていました。怖い話です。

 

 



  


  

ジャンル:
むかつく
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡 晴夫/「逢いたかったぜ... | トップ | 【加計学園問題7つの真実】加... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。