歩かない旅人

 彼がなした馬鹿げたこと・・・彼がなさなかった馬鹿げたことが・・・人間の後悔を半分づつ引き受ける。ヴァレリー

25年以上違法問題で済ませられるか

2016-10-19 10:16:05 | 産経ニュースから記事を拾う

 

  

  オリンピックのボート会場を巡ってなにやらキナ臭いうわさが飛び交っています、何と韓国の何処とも知れぬ場所で東京オリンピックのボート大会をするなどという突拍子もない話が、テレビ朝日が、長々と放映しだしたのです。

  握手を交わすトーマス・バッハIOC会長と小池百合子都知事=18日午後、都庁(荻窪佳撮影)

握手を交わすトーマス・バッハIOC会長と小池百合子都知事=18日午後、都庁(荻窪佳撮影)


  朝日新聞が先に伝えたニュースでしょうが、誰がこんなことを言いだしたのでしょうか。時あたかもIOCバッハ会長が来日中です。この問題はまだ始まったばかりですが、どうもその韓国の都市は、湯河原と姉妹都市だと言います。やはり舛添を辞めさせて良かった。

  しかしのんびりしていると韓国は何をしてくるかわかりません。ロビー活動で持っているような国です。平昌の一部を日本で開催し、その交換にボート会場を韓国でやる。日韓友好をまだ叫びたいのでしょうが、慰安婦像もかたづけないで先に進めるべきではありません。

  村田蓮舫の話題はテレビには登場しません。これで終わりにはさせません。さすが産経新聞は違法状態を25年以上続けていたと一面で伝えています。その記事を載せます。

 

  ✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖

 

 

【二重国籍問題】 2016年10月19日 付

蓮舫氏は25年以上違法状態か 「二重国籍」で法相見解

  民進党の蓮舫代表のいわゆる「二重国籍」問題について、金田勝年法相は18日の記者会見で、一般論と断りながら、「法律の定める期限後に日本国籍の選択宣言を行った場合、それまでの間、国籍法上の国籍選択義務14条に違反していた」と述べた。

  

  国籍法は20歳未満の人が二重国籍になった場合、22歳までの国籍選択を定めている。蓮舫氏の国籍選択宣言は今月で、国籍法違反の状態が25年以上続いていた可能性が高まっている。

  蓮舫氏は今月、都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったとし、「(日本国籍の)選択宣言をした」と述べていた。関係者によると、宣言は今月7日付という。

  国籍法では、二重国籍の人が日本国籍を選ぶ場合、(1)外国籍離脱を証明する書面を添えて外国国籍喪失届を出す(2)日本国籍選択の宣言をし、かつ外国籍離脱の努力をする-の2つの方法がある。

  ただ、政府は台湾を正式な政府として認めていないため、台湾当局発行の国籍離脱証明書は受理していない。このため、台湾出身の二重国籍者の場合は(2)の方法を原則22歳までに求められている。

   

  一方、蓮舫氏は16日、訪問先の熊本県で記者団に対し「法務省から(国籍法)違反に当たらないとの考え方を文書で頂いた」と述べていた。これについて金田法相は再び一般論とした上で、「期限後に(法の定めることを)履行しても、それまでの間は違反していたことになる」と強調した。

              ◇

 国籍法 日本国民の要件を定めた法律。日本国籍の取得や、喪失する場合などについて規定する。二重国籍者に関しては、原則として22歳までに日本国籍か外国籍かを選ぶ(14条)

▽日本国籍の選択をした日本国民は外国籍離脱の努力義務(16条)-などが定められている。罰則はない。日本で複数の国籍を持つ人のうち国籍選択義務が生じる22歳以上の人は、約17万人とされる。

・・・・・・・・・・・・・・・

 

  驚いています。日本のメディアと言っても今のところ一番国民に影響を与えているのはテレビの地上波です。特にニュースショウ、ワイドショウなどからニュースを知ったかのごとく思っている人が圧倒的に多いと思いますが、このニュースが消えているのです。

  その代表的反日番組、日曜日朝のTBS関口宏が司会する、「サンデーモーニング」は、今までも評判の悪い番組ですが、蓮舫のレの字も出なかったと、ブログ「私的憂国の書」は怒っています。

   

  私は初からこの番組は見ませんので噂で知るしかありませんが、寄ってたかって、何のためだかわかりませんがこの村田蓮舫氏をかばう事、並みの力ではありません。何を恐れているのでしょう。

  日本のメディアのアジアと言えば朝鮮半島とチャイナだけですが、村田蓮舫氏は嘘を付き続け、今も嘘かも知れません。台湾籍を抜けたと言っていますが、チャイナの国籍を調べてみる必要が絶対にあります。チャイナは日本の現在仮想敵国並みですから。

 

  ✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖

 

 産経ニュース 2016.10.18 11:50更新

【WEB編集委員のつぶやき】

蓮舫代表の「二重国籍」はまだくすぶっていた 本人の問題意識はまるで希薄だが国民の目は厳しい

  国民をないがしろにしているとしか言いようがない。蓮舫民進党代表の日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」がまだくすぶり続けていた。蓮舫氏のコンプライアンス(法令順守)欠如と民進党の自浄作用の機能不全を問うて約1カ月、何も変わっていなかった。

  蓮舫氏は10月15日、「二重国籍」問題で、都内の区役所に提出した台湾籍の離脱証明書が受理されなかったことを明らかにし、戸籍法に基づき「(日本国籍の)選択宣言をした」と述べた。

宣言は7日付で、蓮舫氏は経緯について「不受理なので相談したら、強く選択の宣言をするよう行政指導された」と話したと産経新聞は報じた。

  蓮舫氏は昭和60年1月21日に、17歳で日本国籍を取得したと説明。台湾籍の離脱は「台湾人の父が手続きを終えたと思い込んでいた」と述べていた。一方で29歳当時、雑誌のインタビューで「自分の国籍は台湾」と答えるなど、発言は二転三転していた。

  そして今年9月6日に台湾当局に台湾籍の残存を照会、改めて離脱手続きを行ったところ、12日に台湾籍が残っていることが判明。23日に台湾籍の離脱証明書を受け取り、区役所に提出、手続きを完了したと説明していた。

  国籍法は20歳未満の人が日本国籍と外国籍の二重国籍になった場合、22歳になるまでに「いずれかの国籍を選択しなければならない」と定めており、蓮舫氏が国籍法に抵触している恐れがある。

10月6日の記者会見では「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようと思っていない」と発言するなど、議員としての資質や資格が問われる問題について意識はまるで希薄だ。

 これに対し自民党は10月13日の参院予算委で、三原じゅん子氏が、外国籍の離脱手続きは「国籍法上の努力義務規定」だが、国籍選択は「義務手続き」と指摘した上で「蓮舫氏はいつ日本国籍を選択したか明らかにしていない。

  

閣僚や首相補佐官になる前に宣言を行ったのか明らかにしないのなら大問題」と述べ、戸籍謄本の公開を求めた。安倍晋三首相も同様の見解を示したが公開されていない。

  こうした中で15、16日に産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が実施した合同世論調査によると、民進党の新代表に就任した蓮舫氏の取り組みについて、46・3%が「評価しない」、39・3%が「評価する」と回答した。代表自らしこりを抱える民進党に国民の目は厳しい。

  永田町には「解散風」が吹いているが、結果は甘くないはずだ。(WEB編集チーム 黒沢通)

 

   ✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖✖

 

  40%近くが、村田蓮舫氏のこの誠意のない、日本国民を小ばかにした行為に対して、「評価する」と答えていることに、テレビの持つ力と、その世論を操作する力に驚きます。そして村田蓮舫氏の強かさに、また改めて感心してしまいます。

  改めて民進党には人材が無い。それ以外に言いようがありません。この代表を内部から咎める声がゼロというのが情けない。日本の政党と言えるでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 星空に両手を(島倉千代子、... | トップ | 朝日新聞また捏造!!『東京... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。