歩かない旅人

 彼がなした馬鹿げたこと・・・彼がなさなかった馬鹿げたことが・・・人間の後悔を半分づつ引き受ける。ヴァレリー

夢淡き東京 藤山一郎 昭和の東京の風景とともに

2017-05-03 12:29:17 | 日本という国に生まれてよかった

 敗戦直後にできた日本のたくましい歌です。

 何という希望に満ちた歌でしょう

 

夢淡き東京 藤山一郎 昭和の東京の風景とともに

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法七十歳、何がめでたい | トップ | 5月3日は「屈辱の日」と言... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本という国に生まれてよかった」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。