広島県原水協~核兵器禁止条約の交渉開始を!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「核兵器禁止条約の交渉開始」国連決議に反対した日本政府に抗議して「ヒバクシャ国際署名」

2016-11-07 11:01:30 | 6・9行動

10月28日、国連第一委員会でオーストリアなどおよそ50カ国が共同提案した「2017年3月と6月に核兵器禁止条約制定のための議論を行う」との決議が123カ国(国連加盟国の64%)という圧倒的多数で可決されました。反対したのは核軍事同盟であるNATO諸国(オランダは棄権)と韓国、日本など「核の傘」の下にある計38カ国だけ。核兵器を禁止するために大きな前進です。

日本政府はこれまで同種の決議には「棄権」していたものを、アメリカの強い圧力で、「反対」にまわるという体たらく。内外から多くの批判と失望がおこりました。被爆者からも当然、強い怒りが出ています。

県原水協は、「不賛同」が伝えられた26日と、決議に反対した28日に安倍首相と岸田外相にあてて抗議文を送りました。

広島1区選出の岸田外相は、こうした決議は核保有国と非核保有国とを分断する、という趣旨の発言をしています。しかし、核兵器の残虐性・非人道性をもっともよく知る日本政府こそ、核兵器禁止のために先頭に立ち、核保有国を説得するのがその役割ではないでしょうか。

広島県原水協は、広島市原水協、広島県被団協とともに10月29日(土)午前、平和公園入口の元安橋で「ヒバクシャ国際署名」行い、「日本政府が国連決議に反対したことに抗議する」との横断幕を掲げるとともに、核兵器禁止のために市民世論を結集しましょう、と市民や観光客に呼びかけました。

新聞・テレビが大きく報道したこともあって、ほとんどの方々が、日本政府が反対したことを知っており、署名に協力してくださいました。この行動には30人が参加し、1時間で359筆が寄せられました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酒まつり会場で「ヒバクシャ... | トップ | 11月6・9行動 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

6・9行動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。