Felicity

ただ気持ちよく自分らしく生きていくために。いろんな恵みを受けて、あるがままに在る為に。

結婚。♯1 おめでとう。

2017-06-19 08:03:04 | 生きてく上で
今日は6月19日。

先週、息子の居た幼稚園の先生の結婚式がありました。

話を聞くと・・・ん・・その人、辞めたら?(;^ω^)と、いう感じ。
あ、や、ごめんね(;''∀'')

もう、この年になって、結婚に対する感覚もおばさんになって
夫婦ともにあることのアレソレを経験した、ママ連中からの感想です。

なんでも
「お金持ちだから、働くの禁止。家にいなさい。」
「そんな高い化粧品使う必要ない。」
「食洗器、要りません。」
「冷蔵庫、もっと小さいのでいいだろう。」
「乾燥機機能、要らない。」
「ソファ、それはダメ。」

ま・ね・・・。
詳しい事情は知りませんよ?
でも、新婚新居、新妻に使う家事の道具。
人それぞれ、こだわる部分は違います。
付き合っている、結婚を決意する時点で、そこそこの金銭感覚はわかるはず。
まるで、信頼していないみたい。

自分で、奥さんに決めたのに。( ・´ー・`)

結婚前、先生は、随分気持ち的に譲ったようで、あんまり幸せそうじゃなく
納得もしていない様子。

・・・・これから先、長いよ?・・・と、自分を見るよう。

結婚式当日、号泣の先生。とってもきれいでした。( ^ω^ )
しあわせになってね、先生。
「すみません。」が口癖の先生。

なんだか似ているので
私みたいに、なっちゃだめだよ。と思いました。

先生なら、きっと大丈夫。
今頃は、幸せそうに微笑んでいることを容易に想像して

「きっと、私のビジョンは当たる。」

と無意味な自信。(#^^#)
子供たちはサプライズで、披露宴で花を渡します。
私たち保護者は、遠くからでガラス越しにその姿を眺めました。

純白のドレスで、きれいに髪をアップした先生に
みんなちょっと照れて。

卒園依頼、顔を会わせていない面々に懐かしく。

そとは随分な雨でしたが、
幸せの空気に満たされて
笑顔と涙と「ありがとう」がいっぱいな
絵に書いたようなJuneBrideを体験してきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分に自由な責任を持つ・・... | トップ | 結婚。♯2 体育大会 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
娘だったら (タニシ)
2017-06-21 18:38:31
絶対反対します
働くなと言いながら 高い物 便利な物は使うなって 最悪 まるで安上りの家政婦ですねね?・・・・・
お嫁さんが言う事なら 立派な人ですが・・・
旦那側が 言うなら 多分 数年後には病気か?〇〇だと思います
一体 何に惚れたのか?疑問です・・・
お金持ちって ケチだからお金持ちって言います
高額な家政婦より 安くて便利な 嫁にならなければいいけど・・・
先生が 幸せになる事を 願うばかりです
心から・・・・
結婚式で号泣きすると 美容師さんは嫌がります
三つ指ついてた 出来た娘さんは わずか3年で離婚しました
結婚式で 終始泣いてて 「もうそろそろ泣き止んでは?」と美容師さんは怒ってましたね・・・
タニシは少しも 泣かなかったです
安上がりの家政婦。 (ferment-soybeans)
2017-06-23 07:54:51
ああ、まさにそうですね。

そう、私のモヤモヤした感覚は、そのせいだったんです!
そう。

母も、父に同じような感覚を持っています。
私の夫もすごく束縛してくる人なので、少なからず同じような感覚があります・・。

世の男性は、そうとはしらず
こういった価値観をお持ちの方がおおいのでしょうか。。

女は言いなりになって、ついてこい!的な。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL