Felicity

ただ気持ちよく自分らしく生きていくために。いろんな恵みを受けて、あるがままに在る為に。

報告です。

2017-06-23 08:03:34 | つぶやき
今日は6月23日。

前記事の「結婚」のこの一連の出来事は、ここ数週間のうちに私に起こった出来事です。
これは、なにか、きっと、心にモヤモヤと・・・

書けば、少しまとまるかとも思ったのですが
いまだまとまり切れていません。

申し訳ない!
だらだらと記事を上げる結果になりました。

もしか、読んでくださっている方々に
きちんと伝えられるよう

考えます。

ただ、先日の「あのひとが・・」の記事のコメントを非公開にいたしました。
それを報告したくて、今回記事を上げました。

すこし、私の心を乱すので。
未だ、傷癒えずなのです。
まだまだ、小物ですね。(;´・ω・)

コメントを寄せてくださった方には申し訳ありませんでした。

また懲りずに、書いてください。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

結婚。♯3 脳梗塞

2017-06-21 08:45:52 | つぶやき
今日は6月21日。

さて、連投3日目。
書いてしまいます。

4月、母が脳梗塞に倒れました。
その母が6月末、そう、もうすぐ退院してきます。

人は、こういった危機に直面して、本来の姿を垣間見せるのでしょうか?

ならば、義母は、本当に素晴らしい人です。

4月半ばには、半身不随・・・自分で起き上がることも、体を支えることもできず
麻痺が言葉さえも奪いました。

今、その母は、脳梗塞以前よりも筋力が付き、自分で歩く姿は、背筋が伸びたように思います。
言葉は、すこし聞き取りずらいですが、自分で着替え、畳み、トイレに行き、おむつは一度もしませんでした。

リハビリは苦しく、汗をかき、涙が出たそうです。
簡単なことが、どうしても、できない。と。

病院の食事は、塩分制限がつき、味がほとんどしませんが、苦しみながらも
病院で出たものは残さずたべ、それ以外は一切食べません。

「しかたない、治るためやから。お医者様の言うこときかなの。」

口癖は「ありがとう。」でした。
悲観した言葉もでます。
けれど、嫌みやねたみはありません。

毎日、同居の長男が、リハビリの自主トレをさせに仕事上がり2時間ほど来ます。それも、仕事のあと、実家の家事をした後に。
私の夫も、朝と夜と毎日顔を出します。
私も、子供をつれたり、寝かした後に、毎日顔を出します。
次男は、毎日お母さんの携帯に電話をかけてきます。

毎日、義母の元には家族がいました。

傍にいると・・・なんとも安心させてくれる人です。
笑顔がかわいらしくて、優しくて、弱音をはかず。
愚痴もいいますよ?でも、そんなの笑顔のうちです。

義母は、子育てに苦しんだ人でした。
いや・・他からの評価に苦しんだ・・ともうしましょうか。

成績不振の子供のことを、本家のお姉さんから「母親の責任や!」と手厳しくいわれたり。
有名大学を卒業したとは言い難い息子たち。

一方、その本家の方は、有名大学。
大手ゼネコンで転勤族。

「ね、おかあさん。こういうことがおこると、本当にその人の生きざまがでるっていうか・・。
おかあさんは、本当に素晴らしい人ね。
しあわせね。」

「・・そうかなあ。(^^」

「きっと、本家のお姉さんのとこは、遠くにいるし、仕事もあるから、こんなに息子さんこれないですよ。
毎日、お母さんの元には、お母さんの顔見に家族がきます。
何が幸せなんか、本人しだいやけど、お母さんはお母さんで、とっても幸せな人やなって思います。
ね、人生なんか、子育てなんか、ずっと時間がたってみな本当のことわからんもんやなって、感動します。」

「お母さん、こんなことがあって、良かったねって言ったらあかんのやろうけど
私は、良かったんやと思う。
家業のこととか、宙ぶらりんやったことも、色々みんな考えて向き合えたもの。
お母さんは本当に幸せで、素晴らしい人ですね。沢山つらかったでしょう?本当に頑張りましたね。」

「ふふふ・・そんな褒めても、なんもでんよ。(*^_^*)」

「うふふ。」

息子たちが、世界に羽ばたいて、年老いた老人二人が暮らすより。
私は、
地元に居て、近くにいて、困ったときは助け合えるこの状況の方が
よっぽど、幸せだと。

なんて、満たされているんだと。

娘も、息子も。
そうなんじゃないかなって、思いました。

いや、人それぞれ、幸せは違うのでしょう。
これはあくまで、私の意見ですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

結婚。♯2 体育大会

2017-06-20 08:00:13 | つぶやき
今日は6月20日。

連投になりますね。
けれど、書こうと思った事柄が消えぬうちに書きます。

先生の結婚式翌日は「区民体育大会」。
知っていますか?
私は福井市民では無かったので
こんな地区の運動会が学校行事で大々的に行われるなんて知りませんでした。

子供の競技と同じぐらい大人の競技があります。
区長さんも、会計さんも、先生も。
みな地区のテントを張って、参加。

座るのは、ご近所さんと。
ご近所さんと同じレースに参加いたします。

近所同士が競います。

新興住宅地の多い「青組」がいつも勝ちます。
若いパパ・ママが沢山います。

私の地区は、会社が多いので住民は少なく、
古い地区は、年配者おおかったりして。

私たち夫婦はここが地元ではありません。

参加しなくちゃいけないから
のろのろと参加していました。

子供のママ友と、何とはなしに会話いたしますと

「も~、知ってる顔ばっかやわ~。同級生がおおいんよね~。
皆、そんな時期なんやね~。子育てって言うかさ~。」

ああ、そうか。
と。

懐かしい面々、自分の育った場所。
そこで結婚して、子育てするって、こういう幸せもあるんだ。と。

なんだか馴染めず、居場所がない感覚を持っていた私は
本当にうらやましく思いました。

同級生って、その時はたいして仲良くなくても
大人になってから会うと旧知の仲的な。
どんな人生を歩んできたか、そういうことではなく
昔の気持ちに戻れるって言うか。

そういう感覚、ありますよね。

生まれ育った環境で、生きていくって
こんな安心感があるんだと。

こうして地元から離れて生きているとそれが一層よくわかります。

女は、結婚で、遠くに行ったりします。
夫を信じてついていく。

でも、地元から離れて、生きていくって、結構さみしい。
ましてや、夫は会社だ、同級生だ、地元の飲み会だと出歩いていては
きっと、寂しい。
親から離れ、友人から遠くなり。

結婚って、本当に女の人生を左右するな・・。と。

きっと、地元に戻った男には判らない寂しさなんだろうな・・。と。
身近にいる方々の気持ちを思います。

奥様は、どうですか?

私の母は、そうでした。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

結婚。♯1 おめでとう。

2017-06-19 08:03:04 | つぶやき
今日は6月19日。

先週、息子の居た幼稚園の先生の結婚式がありました。

話を聞くと・・・ん・・その人、辞めたら?(;^ω^)と、いう感じ。
あ、や、ごめんね(;''∀'')

もう、この年になって、結婚に対する感覚もおばさんになって
夫婦ともにあることのアレソレを経験した、ママ連中からの感想です。

なんでも
「お金持ちだから、働くの禁止。家にいなさい。」
「そんな高い化粧品使う必要ない。」
「食洗器、要りません。」
「冷蔵庫、もっと小さいのでいいだろう。」
「乾燥機機能、要らない。」
「ソファ、それはダメ。」

ま・ね・・・。
詳しい事情は知りませんよ?
でも、新婚新居、新妻に使う家事の道具。
人それぞれ、こだわる部分は違います。
付き合っている、結婚を決意する時点で、そこそこの金銭感覚はわかるはず。
まるで、信頼していないみたい。

自分で、奥さんに決めたのに。( ・´ー・`)

結婚前、先生は、随分気持ち的に譲ったようで、あんまり幸せそうじゃなく
納得もしていない様子。

・・・・これから先、長いよ?・・・と、自分を見るよう。

結婚式当日、号泣の先生。とってもきれいでした。( ^ω^ )
しあわせになってね、先生。
「すみません。」が口癖の先生。

なんだか似ているので
私みたいに、なっちゃだめだよ。と思いました。

先生なら、きっと大丈夫。
今頃は、幸せそうに微笑んでいることを容易に想像して

「きっと、私のビジョンは当たる。」

と無意味な自信。(#^^#)
子供たちはサプライズで、披露宴で花を渡します。
私たち保護者は、遠くからでガラス越しにその姿を眺めました。

純白のドレスで、きれいに髪をアップした先生に
みんなちょっと照れて。

卒園依頼、顔を会わせていない面々に懐かしく。

そとは随分な雨でしたが、
幸せの空気に満たされて
笑顔と涙と「ありがとう」がいっぱいな
絵に書いたようなJuneBrideを体験してきました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自分に自由な責任を持つ・・byいて座の満月。

2017-06-13 12:54:42 | つぶやき
今日は6月13日。

そういえば、先週金曜日はいて座の満月でしたね。(^^)
願い事は、しましたか?

いて座は風の星、まっすぐ未来へと切り開らき、その尾は周囲を巻き込み自分色に染めて進みます。
また、木星が今回元の位置へともどってきます。

豊穣と実り、安定を示す、全知全能の神ゼウスが象徴の星。

この二つが重なり

また、月の位置が地球から最も遠い位置でおこる、この意味は。

遠い未来、将来、こうありたい、こうなっている。
20年後ほど、今の自分から一世代上がるぐらいの長期展望をイメージするとよい星回りでした。

未来へと広く大きく、実りと豊かさが降りそそぎ
停滞していたことが動き出し

本来の自分が望む形へと気が付き、まっすぐ動き出せる星回り。
ね、すごいでしょ?

願い・・・書きましたよ。(^_-)-☆

やっぱり、内緒です。
でも、
一文だけ書きますね。

「私は、
自分自身に勇気をもって
自由な責任を持ち、

他人のせいにして無駄な我慢をしません。」

毎晩月に向かって唱えます。
強くなれる気が・・・いたします。

今晩も、月に会えるかな・・・。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加