愛鼬たちの回想録!

今は亡き8フェレたちに導かれて、全ての始まりであるこの地に再び舞い戻って来ました。

メイJ


メイJ
ファーム:アメリカン(♀)七女
2012年10月28日生 5歳02ヶ月
  地元のペットショップで1年以上も売れ残っていた子です。
あまりにも可愛らしくて、可哀相で銀次郎がラストだと言い聞かせていましたがお迎えしてしまいました。
この子も噛み癖があると聞きましたがとにかくお転婆です。
体重は800gちょっとしかない小さな子ですが銀次郎がひっくり返されました。
3月17日以来はメイJだけとなりましたが、その分 今まで以上にメイJを可愛がってあげたいと思います。

のこちゃん9回目の命日です!

2018年02月12日 | 虹の橋の天使たち


絵本を見るにはここをクリックして下さい!

(ご協力頂ける方はこのままの文章で構いませんのでブログに掲載お願い致します)

2月12日(t) 晴れ お休み


  のこちゃんが亡くなってからもう8年も経ちました。
前の会社で夜勤の浄水場に勤務していた頃でしたが
勤務日にはのこちゃんを連れ車中に設置した住空間で
仕事の合間に投薬して介護した事を思い出します。













 のこちゃんは小さい身体でありながら存在感は抜群で
私自身見習いたいぐらいのリーダーシップを発揮して
他のフェレさんたちをまとめ上げていました。


 そんなのこちゃんが不治の病に侵されてからは
一緒にベットで寝る日が続き出勤の時は車の中の
のこちゃん専用の住居に移動させ投薬しました。


 前の会社で初めての転勤辞令が出てからは
のこちゃんには本当に大変な日々でしたが
残念な事に新居に引っ越す前に逝ってしまいました。
きっとのこちゃんは私の大変さを察したんでしょう。
でも私はのこちゃんを連れて行きたかった。

 再びのこちゃんが亡くなった地に舞い戻って
その頃は銀次郎とこちらでお迎えしたメイJと暮らし
やがて銀次郎が病で虹の橋へと旅立ってしまって
現在は我が家のきっと最後だろう10フェレメイJと
暮らしてますが、当時の思い出が再び蘇ります。


 浜松在住時代に初めてフェレットポンちゃんと出会い
ジャスミン・マロンとお迎えし、のんちゃんとのこちゃんを
里子に迎え、マイキーJR・ポン太JR・ラブと迎えて
あの頃が一番幸せだったなあとしみじみ思います。

 8年勤めた前の会社を不本意な形で辞めましたが
フェレさんの病気発症、看病・闘病中に3度の転勤!
その間に9フェレさんが旅立っていきました。

  考えてみれば一緒に移籍した他の同僚たちと比べ
会社の意向とはとは言え一緒に暮らしてきたフェレ達に
随分と過酷な思いをさせて来ました。

 自分としてはもうこの地を離れたくないです。
昨年8月に還暦過ぎの身で再就職先を見つけて
今度はメイJに不憫な思いをさせています。

のこちゃん想い出シーン







 もしのこちゃんが先代のマロンのように
長寿フェレさんだったなら未だ充分生きていた筈です。
今のこの地が私とのこちゃんの故郷です。
「のこちゃん!またあちらで逢おうね!!」


    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつお迎えが来るのかな?

2018年01月28日 | 刹那を生きる

 

(ご協力頂ける方はこのままの文章で構いませんのでブログに
掲載お願い致します)





1月28日(日) 晴れ 休日

  先月病気で倒れた管理員さんの代行が増えて
実質4物件3名の管理員の代行をしている状態で
さらに15日からインフルエンザにかかってしまった
管理員さんの代行が増えてしまいパニック。


   16日朝仕事に出ようとベットから起き上がろうと
懸命に頑張るも起き上がれない。
枕元に置いてある体温計で計ったらなんと38度も!
これは無理だと電話して急遽有給休暇を取りました。


  朝医者に行ってお昼過ぎまで待たされてしまい
インフルエンザではないものの絶対安静との事で
結局17日~19日の平日を超過時間の振替とし
16日~21日まで寝込む羽目になってしまった。


  だいたいが私が勤め始める迄は代行管理員は
4名体制でやっていたのだから負担が大きいのは
目に見えている訳でそれでも我慢してたからなあ。


  1月ももうあと僅かで終わる先週末に新たな情報が!
肺を手術した女性管理員さんは結局2月末まで無理で
先月中旬倒れた管理員さんはすい臓癌の末期との事で
これも復帰は無理。


  この仕事に就いてから2名の管理員さんが癌で他界し
私が業務引継ぎを終え新たな管理員さんとの引継ぎを
終えたばかりなのにさらに2名の休職者!


   これ程短期間に癌で倒れる管理員さんを目にすると
次はいよいよ自分なのかもと不安になって来る。
要は苦しまなければ明日死んだって構わないんだけど
ホントに生きる事が苦痛でたまらない。


   帰る田舎がある訳では無いし、「帰っておいで」と
言ってくれる身内が居る訳でもない。
ただただ孤独で何の楽しみも何の生きがいも無いのに
生きてるのがホントに辛くて辛くて仕方ない。




 




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は父の命日です!!

2018年01月21日 | 家族

 

(ご協力頂ける方はこのままの文章で構いませんのでブログに
掲載お願い致します)





1月21日(日) 晴れ 休日

  今日は父の命日ですが、お恥ずかしい事ですが
スマホに登録してあったカレンダーの通知があったので
気づきました。


   今日は有給休暇を取った女性管理員さんの代行で
とあるマンションの午前中の勤務!
スマホのアラームが鳴ったのはちょうど管理員室に入り
引継ぎのメモを読んでいる時でした。


  私が中学生の頃に病院で亡くなった父の記憶は
とにかく怖いだけの存在であったという事!
亡くなった後も夢に父が出て来ると目覚め時には
汗びっしょりという事が何年も続きました。


  明治生まれの父は兄たちよりも10歳以上離れて
生まれた末っ子という事もあってか厳しかったので
いつも私は父の顔色を窺っては行動してました。


  断片的に甦る父の記憶・・・
寝る時枕元では偉人の話が多くて
「野口えいせい(=英世)はな、乃木大将はな」で始まり
小さな私にはちんぷんかんぷんでした。



  私には四つ上の姉がいるのですが父の誕生日に
二人で貯めたお小遣いをはたいてメモ帳付のペン立てを
プレゼントした時には褒められるどころか無駄遣いしてと
怒られました。


   学生時代に姉と二人でフォーククルセイダーズの名曲
「おらは死んじまっただ~」のレコードを買って聴いてたら
「不謹慎だ!」と確か姉が打たれたのを思い出します。


   反面父はたまに今で言うオヤジギャグを連発したり
ジンギスカンを大々的にやったりと家庭的でもあって
母が婦人会の旅行で留守した時は父お手製の料理を
食べた事もありました。


   そう言えば昨日郷里の義兄から電話があり
既に他界した次兄の嫁さん名義だった元実家が
取り壊されいずれ売却されるという話を聞いていました。


  今有る元実家は父と暮らした頃とは全く違いますが
それでも庭を歩けば断片的にですが遠い記憶の断片を
甦らせる事は出来ます。


  想い出深い記憶を次に蘇らせるのはきっといつしか
父とあちらで再会を果たした時なのでしょう。
父と大人の会話をした事の無い私ですから
きっとまた委縮して何も言えないと思いますが・・・


  父はきっと私を心底愛してくれたに違いない!
でもいまだに私にはそれが解らないのです。
悲しいですね。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポン太JRの命日です!

2018年01月04日 | 虹の橋の天使たち



(ご協力頂ける方はこのままの文章で構いませんのでブログに
掲載お願い致します)


 

 1月4日(木) 晴れ 正月休み

  昨日は夕方から前の会社の後輩たちと家の近くの
焼き肉三昧というお店で飲み会でした。


   お正月休みもあっという間で最終日となりますが
今日はポン太JRの命日です。
5年前、まだ私が松戸に住んでた頃、
ポン太JRは
旅立ちました。       

                                                                        

  2012年暮れまでに一緒に寝起きしてた仲良し
マイキーJR、ラブが旅立ってしまって遊び相手が
居なくなってしまったポン太JRの為に銀次郎を
お迎えしたのですが、ポン太JRは銀次郎とは
しっくりいきませんでした。
     
                                                           
 

  老齢だったマロンもポン太JRを寄せ付けなくて
きっとポン太JRは寂しかったに違いありません。
                                                               



  ポン太JRは初代ポンちゃんを見送った年に
お迎えした子でとにかく元気な子でした。
骨太で体格が良くてマイキーJRとは放牧の度に
男同士で激しいプロレスごっこをしてました。



  そんなポン太JRとベットで一緒に寝たのは
具合が悪くなった新年早々でそれが最初で最後!
医者にかかる前のほんの短い間に逝きました。
「ごめんよポン太JR、そして有り難う」


  
  ポン太JRはマイキーJR、ラブと同じ場所である
葛西水再生センターの敷地内に埋葬していますが
予め今の場所に転勤すると判っていたなら皆一緒に
こちらに連れて来てマロンと同じように彼等の郷里に
埋葬してあげたかったです。



  ポンちゃん、のんちゃん、のこちゃん、ジャスミン
そしてマロンの5フェレは皆一緒の場所に埋葬。
でもマイキーJR、ラブ、ポン太JRは東京の空の下。


  私のお墓の前で泣かないで下さい
そこに私は居ません、眠ってなんかいません
千の風になって・・・・・


  「千の風になって」の歌詞がせめてもの救いです。
私はそれを信じたいです。
埋葬場所は皆違っているけど魂は繋がってると・・・


  私事ですが私自身もいずれは旅立ちますが
お墓に埋葬して貰わなくてもいいです。
お骨は海にでも撒いてくれればいいと思ってます。
無縁仏でさえなければ孤独死であってもいい・・・











  さあ明日からまた仕事ですが、明日1日努めれば
6日は午前中休日出勤ですがまた三連休になります。
今年もメイJと一緒に穏やかな1年でありますように。




                                                                               
 
                                


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迎春にラブの事を想う!

2018年01月01日 | 虹の橋の天使たち

 

(ご協力頂ける方はこのままの文章で構いませんのでブログに
掲載お願い致します)





1月1日(月) 晴れ 正月休み

  新年明けましておめでとうございます!!

昨年末は忙しい毎日が続き、年末の大掃除も年賀状の作成も
全く出来ませんでした。
テレビを全く見ないのでお正月の感覚は全くありません。
ひっそりと静まり返った家の中は寒々としています。


  2018年になった深夜に天国に見送ったラブの事を
ベットの中で回想しました。
1月元旦はラブの誕生日でもあるのです!



   里子で地元の美容院から引き取ったニュージーさん
とにかく他のフェレたちに虐められていたせいか
私の膝上に逃げ込んでは鳴く毎日だった。




  そんな風に過ごしたからなのかとにかく
私にはいつもベッタリだったラブ。
見送った時も私が電車通勤で帰るまで待って
私が抱き上げた腕の中で直ぐに逝った。


  こんなにも私を慕ってくれたラブのような子には
二度と出会う事は無いだろうと思う。
ラブと一緒にこの地に戻って来たかった。
ラブにとっての故郷に・・・・・


  ラブは今頃どうしているのだろうか?
せめて一度で良いから夢の中にでも良いから
出て来て欲しい。
どうして逝ってしまったんだよ、ラブ!!





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加