セピア色の風

おもかげ探して西空見れば、セピア色した風が吹く。

足踏みする春

2017年03月13日 | 日常
どんよりと垂れ込めた雲が、春の日差しを遮っている。
冬が戻ったような寒さと、鬱陶しさ。
春は、なかなかすんなりとはやって来ない。

まだ、蜘蛛の糸にくっついた枯葉のように、右に揺れ、左に揺れ、行きつ戻りつしているようだ。
そのうち、焦らすようにやってきたかと思うと、辺り一面を一斉に百花繚乱の世界に変える。

「ぬくうてあるけば椿ぽたぽた」 種田山頭火
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 杖を買った | トップ | ちょっと »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは^^ (kao)
2017-03-13 14:03:31
種田山頭火大好きです。
でもちょっと記憶が薄れて
きてしまっていて・・
分け入っても分け入っても青い山
でしたでしょうか?
あれが好きです。でもその人生は
わりに破天荒だったようですね。
いま、思い出しました。
ほんと、今日は曇ってだるくなる空ですね。
私は呼吸器内科にいってきて三時間
まちでした~(;´・ω・)今日はもう家で
ゆっくりします~。
こんにちは (フェンネル)
2017-03-13 14:50:06
今日は呼吸器内科に行って3時間待ちでしたか。
病院の待ち時間というのは、神経を消耗させますよね。
お疲れさまでした。
あとはゆっくりしてください。

kaoさんも、種田山頭火を好きですか。
「分け入っても分け入っても青い山」も山頭火の句ですね。
漂泊の俳人のように思われていますが、生い立ちや随筆など読むと別の面も見えてきますよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。