峠の茶屋…お茶でも飲んで、ゆっくり行きなされ。

 人の一生は、重き荷を背負いて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。

「狸」

2017-04-29 21:46:01 | 日記
 玄関の置き棚に、信楽焼きの「狸」の置物を飾っています。
狸は「他を抜く」と云い、他より抜き出て優れているとか、他を追い抜いて勝つ意味があります。破れ笠は、上を見れば際りがなし、下を見て暮らせ。しかし、時には上を見、理想への向上心を忘れぬようにとかぶっています。通い帳は、人間に信用が厚く、みそか払いの通帳は信用の大切さを表わしています。徳利は飲食の恵みに感謝し徳を利益とし、丸八は飲食は腹八分目の大切さを教えています。太鼓腹の白さは、太っ腹で腹黒くない善人を表わしています。シンボルは気前の良さを表わし、延びる、広がる、包む、の縁起に通じており、眼は、狸寝入りが出来る調法な大目玉で慈愛を示し、眼光の鋭さは達観と洞察力を表わしています。
尻尾は、尾が末広がりに開いて立っており、将来益々大成することを表わし、丸裸は誰にも遠慮なく、不平不満を云わず最低生活が出来る姿を意味しています。
以上、以前は何も知らずに飾っていた置物の由来を最近図らずも知ったので紹介しました。
『その他生命体』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「復習」 | トップ | 「知足安分」 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おばんでぇ〜す(^-^) (non)
2017-05-03 21:33:44
今日、偶然に立ち寄った古民家カフェ…
たぬきの置物が、いっぱいありました。
勉強になります(・∀・)/ 
お早うございます。 (fenix80)
2017-05-04 08:56:41
 のんさん、お早うございます。
私も狸の縁起は最近まで知りませんでした。近くの古老から文献のコピーを貰って初めて知りました。(*^^)v

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。