粗茶淡飯

中国・台湾・日本のお茶に関する色々。執筆者・徳田志保。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昭和の音!?

2017-05-15 09:41:18 | 日本茶(釜炒り茶)

九州山間部の標高の高い茶産地の工場も
動いてますよ〜。

昨晩から阿蘇の畠中製茶さんに入りました。
ここは昭和30年代からある古い茶工場です。
今も古い機械が現役で動いていて、
工場内に響く音も、昨今のものとはかなり違います。



当地のお茶の収穫はまだ先で、
今は近隣の大分県竹田市辺りから
委託加工の茶葉がどんどん持ち込まれます。
皆さん自家用にされているようで、
昔から畑の周りに植えてあったものだとか。
そのせいか在来種がとても多く
見ているだけで面白いです。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頭を柔らかくして考えよう… | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL