粗茶淡飯

中国・台湾・日本のお茶に関する色々。執筆者・徳田志保。

シングルオリジンティーフェスティバル2016

2016-10-11 13:09:59 | 日本茶(紅茶)



8日にシングルオリジンティーフェスティバルへ行ってきました。目的は幾つかの任務をこなすためでしたが、その任務の中に国産紅茶のチェックがありました。

午前中に会場入りしましたが、既に沢山の人が入っていました。

毎年手元に来る国産紅茶は除外しつつ、それ以外のものをチェックしながら購入し、回りました。

今年は去年より国産紅茶のテイスティングを
請われることが多いのですが、
このイベントで触れたお茶も含めて感じたことは…

「ここ3年位、ほとんど進歩していない」

です。なぜ!?本当に不思議です。

そしてお茶の淹れ方が…。
国産紅茶の出展者の多くは生産者さんですが、
なぜもこう、淹れ方が雑なのでしょうか?

茶器も、どこもガラスのティーポットばかりが
目につきます。野暮ったい…。
ガラスで淹れると、滋味に深みが出難いのを
ご存知ないのでしょうか?
見た目に捉われない、でも茶農家さんならではの
茶器の選び方も勉強して、模索して欲しい…。

イベントの性格上、売れ行きは良いようですが、
このままだと、長期的に見れば、
ダージリンなどが好きな旧来からの紅茶ファン、
中国茶ファンなどから見捨てられる日も近いかも。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日月潭紅茶のお茶摘み | トップ | 生産者の茶器選び① »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (048)
2016-10-12 09:27:17
磁器のティーポットの方が滋味がでやすいのでしょうか?教えていただけると幸いです。
Unknown (徳田志保)
2016-10-12 11:43:34
同じお茶で、容量が同じのガラスのポットと磁器のポットで比べてみることをお勧めします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL