森田神経質(社会不安障害・強迫性障害)、適応障害、非定型ウツ病の中年負け組の独身生活の日々

思春期に森田神経質を発症、中年になり、適応障害、非定型ウツ病を発症。中年の負け組の独身生活の日々を記す。

塾で講師をやろうとしたが・・・精神的なトラウマでムリ

2017年03月21日 10時01分35秒 | メンタルヘルス
案の定、先日の失礼千万なスカウト会社から「ご希望の沿えない」との連絡があった。
スカウトしておきながら、失礼なことを多々聞き込み、しかも「ご希望の沿えない」???、バカじゃないの?

こちらこそ、お断りだ。

どういうスカウトをしているんだ、アホだな、とつくづく思った。
まあ、そんなスカウト会社の行く末は知れている、と言うか、どうでも良いとして。

塾の講師をこの55歳という年齢でダメ元で試に応募してみたら、
何と!「年齢は関係ありません」とのことで、面接をする運びとなった。

ところが、面接日が近づくつれて・・・
私のトラウマ・・・心の傷・・・4歳で別れて一度も会っていない子供のことを思い出してしまい、
どうしても他人の子供がダブつく。

また、家庭があり、子供を塾に通わす両親、その家庭。。。

もう、私の心がネジ曲がっているのだろう。

家庭の幸せを目の当たりにすることになると思うと・・・ダメ。。。

ココロがカラダが言うことを聞かない。。。

すぐに、ウツ状態になってしまい、何もしたくなくなたしまった。

やはり、自分と同じ境遇の世界しか受け付け無い。
言わば、適応障害だ。

結局、精神的なトラウマから困難との結論に至り、せっかくの3社以上の面接を全部断った。

まさか、塾の講師が精神的トラウマでできないとは思いもしなかった。。。

私もスカウト同様、何で応募したんだ、面接OKしたんだ、と同じだ。。。

しかし、ココロのキズは自分が思っている以上に深かった。

また、別のバイトを探そうと思う。
仕方が無い・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タクシーの運転手をやろうと... | トップ | 失敗人生の過去を振り返ってみた »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。