春 夏 秋 冬

めぐり来る 春夏秋 麗しき 大和し護れ 民草いとえ 
          

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小沢捜査は国民操作

2009年03月15日 07時28分39秒 | 司法問題
かつて私は小沢一郎のことを信じられないと書いたことがあります。
あれだけアメリカに楯突いても、テレビ等でいじめられないのはおかしいと書いた事があります。
叩いて埃の出ない人なら兎も角、嘗ては金権政治家の番頭さんだったし、消費税を導入した時に力を振るったのも小沢一郎でした。私の主人は消費税の事で小沢一郎の事を未だに許せないようです。

それでも何故、今の検察のやっている事を批判するかと言うと、白川さんも書いておられましたが、小沢代表の秘書を逮捕し連日新聞やテレビを使って、関係者の話によるとと言う枕詞の下、有る事ない事証拠も無いまま、怒涛のごとくに、ダメージ宣伝を続けている、今のマスコミのやり方を見たら、幾らなんでも酷過ぎるという気がしてきたのです。
今の時代悪い政治家ははいて捨てるほどいます。
その代表格の竹中、小泉コンビが無事であるだけでなく、あきれ果てるような厚かましい事でも、言いたい放題マスコミに取り上げてもらっていると言うのに、
権力のお先棒を担いでいたのは竹中よりかなり以前で、10年以上も前に野党に下って、公共工事などへの影響力もすっかり落ちている者を、今頃検挙し、
その上、連日その捜査情報なるものを流し続けると言う事は、まともでは有り得無いのではないでしょうか。

アメリカが核兵器売り込みに小沢を使おうとしているのではないかと言っていたではないかと、お思いの方もあるかもしれませんが、
アメリカは日本がお金を出しさえすれば、窓口は誰でも良いのではないでしょうか。
民主党が次の選挙に勝ちそうだから、小沢を応援していたけれど、
自民党が牙をむいて小沢を追い詰めそうであるとなれば、
敢えて小沢を助けたいと思うほどには、小沢をかっているわけではないから、
政府の小沢たたきにテレビもすぐに応じる事を、(米資本も)許したのではないでしょうか?
小沢秘書検挙の翌朝のスーパーモーニングでは、まだアメリカの態度がどうなるかはっきりしていなかったから、スーパーモーニングのスタッフは、
其れまでの指示通り小沢擁護の姿勢の報道を展開したのではないかと思うのです。
(その後スーパーモーニングを、ほとんど見ていませんので今どういう姿勢になっているか実は知らないのですが・・・・・)

と言うわけで、小沢代表が立派かどうかと言う事を抜きにして、
この事件は国民を政治権力で情報操作している、国策捜査と言うか、
自民生き残り策捜査だと思うのです。
其れによって国民の選択の自由を奪おうとしているのです。

これは政府、検察、報道が結託した権力の横暴以外の何物でもないのではないでしょうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソマリア沖へ海上自衛隊14... | トップ | 悲惨な公害汚染地域 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (たか)
2009-03-16 01:05:12
記事拝見しました。
おっしゃる通りだと思います。
今回の西松建設事件は、完全に民主主義への挑戦ですね。
国民は、怒らなくてはいけない。
こういう事例を許してしまっては、今後、永遠に政権交代など出来ないでしょう。
政権政党を選択出来ない民主主義国家なんて、世界からまともに相手してもらえず、弱小国になり下がるだけです。
まあ、そのころには、アメリカと中国に搾取し尽くされて、先進国の体を成していないでしょうが…。

小沢が正しいとか正しくないとか、小沢が好きとか嫌いとか、そんな低次元の問題ではなく、ホントに日本国民の危機だと思います。
ここまで来た以上、次の選挙で自民党に投票してはならないと思いますね。
たか様 (和久希世)
2009-03-16 07:17:29
コメント有難うございます。
本当に最近のマスコミの横暴は目に余るものがありますね。
私も自民党には入れたく無いですね。
ポンコツ日本 (ポンコツ日本人)
2009-03-17 19:34:09
「小沢が正しいとか正しくないとか、小沢が好きとか嫌いとか、そんな低次元の問題ではなく、ホントに日本国民の危機だと思います。」
まさしくおっしゃるとおりです。読朝毎産NHKのポンコツマスコミは永年自民党政権と深く癒着し、経営幹部は歴代総理番記者で占められ腐敗しています。読朝毎産NHKのポンコツマスコミは政府与党の広報資料やリークを右から左へコピーして垂れ流すだけの体制翼賛報道機関と化しています。小沢西松疑獄の検察リーク受け売り報道をみれば、マスコミの腐敗堕落ぶりが如実に現われています。検察も佐藤外務事務官、三井検事と恣意的、政治的捜査を連発し、まるで統帥権を振りかざしたかつての陸軍のようです。ポンコツ政治家をポンコツマスゴミと、選挙に無関心で結果的に自民党を間接支持してしまっているポンコツ有権者が支えているのがポンコツ日本の現状です。自民党にノーと言いたいなら、とにかく投票所に行って野党に一票投票するのが議会制民主主義というものです。
ポンコツ日本人様 (和久希世)
2009-03-18 07:41:09
コメント有難うございます。
佐藤事務官の事情は余り知らなかったのですが、
最近、この問題(小沢問題)についの発言を見たのですが、この件に関しては、明らかに体制擁護に躍起となっている人のようですね。
三井検事の事は詳しく読んだ事があり、義憤に駆られた事がありました。

マスコミがこぞって、腐りかけた体制擁護にばかり走っており、これから先のことが心配ですね。
仰るとおり、とにかく投票所に足を運んで、野党に一票を投じる事で、改善の兆しをもたらしたいものですね。
日本はまだ一応民主主義の国なのですから・・・・・
Unknown (黒木 燐)
2009-03-22 12:15:37
まあ、この件については、こういう意見もあるようです。ご参考までに。
http://shadow9.seesaa.net/article/115421581.html

さて、小説館、ようやくアップしました。今回長かったです。
黒木燐様 (和久希世)
2009-03-23 07:42:38
コメント有難うございます。
昨日早速「朝焼け色の悪魔」いつものようにわくわくしながら、読ませていただきました。お忙しい月との事でしたのに、有難うございました。
津川雅彦の意見は、一面の真理かもしれませんが、総選挙を直前に控えているときに、微罪で政敵の党主の秘書を挙げて、連日有る事ない事NHKを初めとするマスコミにテレビで流し続けさせるというのは、幾らなんでもまともなやり口ではないと思います。
昨夜もNHKの時間ごとのニュースで、「・・・・・という事が関係者の証言で分かりました。」という全く同じ内容の報道を2~3回聞かされて、政府の強引さを実感させられたところです。
他の大勢の方が仰っているように、この謀略を許す事は、民主主義を完全に捨てる事につながるのではないかと私も思うのです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
アソウ氏が自慢する日本の省エネ・環境技術も、政治の情けなさで活かされていないのではないかしら (とむ丸の夢)
日曜日、午後3時過ぎ。  外出中の車の中で聞いたラジオに、アソウ太郎氏登場。  一瞬、狐につままれたような気分で聞いていると、アソウ...
キムヒョンヒさんや蓮池透さんや・・ (お玉おばさんでもわかる 政治のお話)
はは・松竹さん所で伯爵さんのコメント読んで大きくうなずいちゃった・・ 確かにお玉は拉致問題に腰が引けてるかもしれません・ だって、...
「きっこの日記」情報は正しかった - 時事通信報道との比較 (きまぐれな日々)
昨日のエントリで、『きっこの日記』(『きっこのブログ』)が西松建設違法献金事件について書いた真偽不明の情報について紹介したが、コメ...
「無罪推定」を知らない人が総理?! (とむ丸の夢)
「最悪の時期に最悪の人間がトップの悲喜劇」とゲンダイネットで笑われたアソウ太郎氏(どうもこの方を首相と呼ぶ気がしない)。  昨日の...