春 夏 秋 冬

めぐり来る 春夏秋 麗しき 大和し護れ 民草いとえ 
          

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

智慧者 長妻厚労相

2009年10月01日 11時50分25秒 | 新型インフルエンザ
今日のニュースで新インフルエンザの値段が、6000円(2回分)に設定されたと言っていた。
生活保護世帯などの低所得者には、その料金を国が補助し、
副作用が発生した時は国が保障する事にしたそうである。

私は始め6000円と聞いて、その高額であることに驚いた。
やがて長妻厚労相の智慧に、驚き感嘆したのだった。

インフルエンザワクチンには、副作用がつき物であると言う事は周知の事であるが、
多分自分は副作用には罹らないだろうと、その部分は楽観的になりながら、
新インフルエンザだけを恐れて、罹ったら大変だとばかりに、念のためワクチン接種をしておこうと思う人が大部分であると思う。

此処で厚生労働大臣が、ワクチンの副作用を心配されて
「インフルエンザはワクチンを打たなくても、自然に任せておく方が良いのではないか?」等とうかつに言われようものなら、
「厚労相は国民が新インフルエンザで死んでもよいと言うのか!」とマスコミに噛み付かれかねないだろう。

一方インフルエンザに罹ったら、合併症を起して重症化し死に至るかもしれない余病を持つ人も多数有ると聞く。
そういう人たちは一日も早くワクチンを接種する必要がある。
しかし、余病を持たない(新インフルエンザに罹ったとしても命に関わる恐れは少ない)人達の大部分が、
念のためとワクチン接種を希望してきたら、
本当に必要な人へ行き渡りにくくなるだろう。

此処で6000円という高価な設定をする事によって、それでも受けないと心配と言う人だけが受ける事になり、
国民の大部分がワクチンを希望する場合と比べて、余病を持つ人たちに行き渡りやすくなるだろう。
ワクチンによる副作用の出る確率が、どの位であるかは知らないが、
ワクチンを受ける人を減らせば、相対的に副作用に苦しむ人の数を減らす事ができるだろう。
厚生省の決めたこの価格は、二重のメリットを持っている素晴らしい設定である。

長妻厚生労働大臣は素晴らしい智慧者であると思ったゆえんである。

長妻厚労相は、年金の問題も着実に進めておられるらしい。
民主:「消えた年金記録」回復を提出へ 申告で訂正

こんな有能で誠実な方に大臣になって頂けただけでも、政権交代した意味が有ったと思った。
まだまだ世の中には、こういう有能で誠実な人が埋もれておられるのかもしれない。
そういう方を見つけ出して、その能力を発揮していただいて、長年かけて自民党のやらかしてきた、数々の悪弊を除いて頂けたらと願われる。

尚小沢環境大臣のような自民党の大臣よりも酷い環境大臣は、一日も早く更迭してもらいたいものであるが・・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカはどうしてホンジュ... | トップ | 有識者文書を秘匿させていた... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
納得 (zen9you)
2009-10-02 06:57:34
今朝の新聞で高いなと単純に思ったところですが、今読み終えてなるほどと思いました。

おっしゃるとおりです、かなり危ないワクチンですから、こうするのが正しいのですね。

なるべく利用しないで済みそうな人は近づかないようにということですね。
Unknown (和久希世)
2009-10-02 07:41:35
コメント有難うございます。
昨夜のNHKニュースでは、6千円にいくらか端数がついていましたね。
それから長妻厚労相ご本人が、ワクチンのリスクとかも考えた上で接種を受けるようにと言っておられました。
それでこの金額設定は、やっぱり長妻さんの発案なんだろうなと確信を深める事ができました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【意見をあげよう!】鳩山内閣メールマガジン創刊準備号10/1発行! (散策)
鳩山内閣メールマガジン創刊準備号が届きました。