春 夏 秋 冬

めぐり来る 春夏秋 麗しき 大和し護れ 民草いとえ 
          

シルバーウイーク

2009年09月20日 15時33分28秒 | 国内情報
今日の空は将に日本晴れという言葉がぴったりの、雲ひとつ無い晴天である。
昨日から秋の連休に入っているらしい。
世間ではシルバーウイークという言葉も出来て、華やいでいるそうだけれど、
毎日が日曜日のシルバーエイジには、あまり関係ない。

秋分の日ももう間近、過ごしやすいい季節となっている。
そう言えば先日17日、立木さんにお参りした時、今年初めて曼珠沙華を見つけたのだった。

連休でお天気も良いので、観光地は賑わっている事だろう。
麻生前総理の決められた、休日の高速道路無料の所為で、高速道路は又もや酷い混雑らしい。
高速道路を国道として、無料にするのと、休日だけ無料にするのとでは、全然意味が違うと思う。

休日だけ無料と言うのでは、平日に用事を済ます事が出来る人でも、
無料になる休日を待って車を出す人もでるだろうから、
高速道路は全日無料化以上に混雑する事になるだろう。

それに休日だけ無料と言うことは、平日は料金を取るのだから、
高速道路はずっと高速道路管理会社に任せられ続け、
その収入を元手に、国からの支援を受けて高速道路を作り続けると言う、悪弊が続く事を許す事になってしまう。
それに何か有った時には、国有ではないから、どこかに転売される恐れも残る。

環境の為には車を動かさない方が、CO2は発生しないのだから、
ドライブを誘うような高速道路無料化は、環境にとっては良くないと言う人もあるけれど、
何時でも無料と決まったら、皆慌てて出かけようとはしないから、
無料化が自動車の運転数を増やすという事は、それ程でも無いのではないかと思われる。
それよりも一般道の渋滞が解消されたなら、
渋滞している時に比べて、車はすいすい動いている方が、
ガソリンの消費は少なくて済むそうだから、CO2削減にも繋がるだろうということであった。

私には高速道路を国道として無料にする事の一番のメリットは、これ以上の無駄な高速道路を作らせないために有効であると思うからで、
2番目は、どこかの国に高速道路会社が乗っ取られる恐れを解消する為である。
高速道路順次無料化は、日本にとって良い事であると思う。

話は変るが、
シルバーウイークに山登りに行く人も多いかもしれないけれど、
今年は山を降りて人里に近づく熊が非常に多いそうである。
木の実等豊作だった昨年は、あまり熊の出没するニュースを聞かなかったけれど、
今年はもう異常な位多数であるらしい。

クマ目撃件数が近年増加 本年度、岐阜県内で181件
2009年9月20日 11時15分
 19日午後2時30分ごろ、岐阜県高山市丹生川町の乗鞍バスターミナル周辺で観光客ら9人がクマに襲われた。クマは森林域を主な生息地とするが、隣接する人里まで出没することがある。環境省などによると、人を襲う被害は1990年代まで全国で年間20人程度だったが、99年から大きく増加。特に2004年と06年秋は、ドングリ類などのえさが凶作だったため、ツキノワグマが大量に出没し、負傷者は100人以上となった。
 出没の背景には、過疎化で森林や耕作地が放棄され、クマの生息に適した土地が広がっていることや、狩猟者の減少により、人への警戒感が少なくなったことなどが考えられるという。
 岐阜県では、ツキノワグマの目撃件数が06年度を境に増加。本年度は9月16日時点で181件に上り、このうち148件が乗鞍を含む飛騨地方だった。
 「今年は夏前から、乗鞍スカイラインの全域で、昨年までにないほどクマを見る」と乗鞍岳山頂付近で頂上小屋を管理する町野親生さん(57)。「注意が必要だと思ったが、こんな事故が起きるとは」と声を落とした。
 愛知県では過去5年間に人が襲われた例はないが、目撃情報が37件と多かった06年度は、養蜂(ようほう)箱の破壊や干し柿を食べられるなどの被害が相次いだ。本年度の目撃情報は9月10日時点で11件と、06年度に近いペースになっている。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHKで原発容認を公言された経... | トップ | 首相、外相初めての外遊 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新聞記者の言い掛かり (隠居老人)
2009-09-21 02:04:26
どこの新聞か忘れましたが、
「総選挙で民主党に投票した人は、マニフェストに
賛成して投票した訳ではない。自民党へお灸をすえる
目的で投票しただけだ。だから民主党は、マニフェストに
拘束されることなどない」などという趣旨の記事を書いていました。
随分と、選挙民を馬鹿にしていますね。
4年前の郵政選挙では、すっかり騙されたから
今回はじっくり考えた人が多かったと思います。
新聞記者も、意識を変えないとダメですね。
i隠居老人様 (和久希世)
2009-09-21 08:27:42
コメント有難うございます。
自民党が選挙のときに約束した事を無視した行政をしても、全然問題にしなかったマスコミですから、
マスコミは選挙のときに、政治家が言っていることは、空手形でよいと思っているのでしょうね。

だから公約だからやると言われたら、
約束違反が常識になっている彼等には、
かえって非常識に映るのでしょうね。
入社以来嘘ばかり書かされていたら、嘘をつかない者は、異端に見えて来るのでしょうか?

昨日田原総一郎が、岡田外相に質問をしていましたが、二言目には「アメリカは~を望んでいる。」と、アメリカの望むように動くのが日本の外相の役目だとでも言いたげな口ぶりでした。

全く、性根からイカレて、自分が何を言っているのかもわからなくなっているのでしょうか?
それとも精神は確りしているけれど、算盤勘定を優先している?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【政治】日米関係とマスコミの総括 (散策)
ここしばらくは、Twitterをいじるのが中心になっていました。関心のあるかたは、どうぞご覧ください。
無駄な高速道路建設は許せない。 (ふじふじのフィルター)
 しかし、次期政権が、見直しを決めているのに、国交省が、高速4車線化、投票2日前