♪Tin Pan Alley♪

50〜70年代のロック・ポップス、ソフトロックなんぞについてのブログです

8月号のレココレ

2012-08-09 | レコード・コレクターズ
レコード・コレクターズ 2012年 08月号 [雑誌] (-)
ミュージックマガジン
 

 

・・・まあ、すぐに書いちゃうと、何かネタバレな感じがあって申し訳ないですからね(言い訳大魔神)

ってな訳で、今号も偏った要チェックポイントをご紹介

 

【気になった広告】

●A&Mの50周年企画まだあったんか・・・最初に発表されていたのかも知れませんが、未確認でした(笑)。
 今度は、トミー・ボイス(Tommy Boyce)&ボビー・ハート(Bobby Hart)やポール・ウィリアムス(Paul Williams)などの職人さんたち
 ロジャニコ(Roger Nichols)とポールとの作品集『愛のプレリュード』の再販は嬉しいですね

●あと、本ですけど、Twitterでも反応した、レコード・コレクターズ増刊の「ザ・ビーチ・ボーイズ ディスク・ガイド」も買いたい

 

【メイン企画より】

この雑誌ではすっかり必殺技のランキングは、結成50周年のローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)に向けられました

それにしても、「好きな曲1〜100位」なんて企画が、メジャー雑誌で成り立つアーティストなんて、いったいどれほどいらっしゃるのでしょうか?

もうあったかも知れませんが、いつかバート・バカラック(Burt Bacharach)とかでやってみても面白いのではないでしょうか

さて、私の狭い狭い音楽の趣味から言えば、好きなストーンズ作品はどうしても60年代に集中します

そう考えると、ランキング上位は個人的に超嬉しい結果です

ストーンズの特徴には、ブルース要素や演奏の魅力、構成力など、様々語られる訳ですが、他のブルース系のUKアーティストと比べ、彼らが傑出していた点というのは、やはりその魔法のようなポップス性

と、私は声を大にして言いたいのです(笑)。

 

【気になったその他の記事】

●EMIの「Rock名盤999 Best & More」の続報ー。いやー、サーフ・バンドにはまだまだマニアックな世界があるんですね


【気になった再販情報】

●ママス&パパス(The Mamas & the Papas)のラストアルバム『People Like Us』のデラックス・エディション。
マジこれってそんなに需要あるの?
いや、確かに、VANDAさん辺りが高評価していますけど、それは、発掘気分が味わえるという点で補正された評価かと感じていますが(笑)。
まあでも、耳心地良い、好盤なことは確か
ボーナスが結構あるようなので、ちょっと気になるアイテムです

●エースのソングライターシリーズ、ジェフ・バリー&エリー・グリニッチ(Jeff Barry & Ellie Greenwich)が、待望の第2弾
フィレス時代が収録されたことは、レーベルとしては素晴らしいことなんだろうけど、持ってる人間からすると、そこは魅力的ではないなぁ

●バーズ(The Byrds)のブルースペック紙ジャケ。何と今回はモノラル音源付きというマニアックさ
1〜5作目までという、腑に落ちない再販スタイル(笑)も、彼らの音楽性遍歴から言えば妥当な所
っていうか、『Sweetheart of the Rodeo』以降のモノ音源ってあり得るんかな??
まあ、買いたいってほどではないですね〜。

●P・F・スローン(Phil "Flip" Sloan)の編集盤。
の再販ですよね??
前にもあったはずですよね、この、もうちょっとで全発表曲が網羅できるベスト盤
うーん、彼は大好きなライターの一人ですし、勝っても良いのかも知れませんが、なぜにこんな中途半端なことを

 ●ニール・セダカ(Neil Sedaka)の70年代作品の2作品が2イン1で。
出しているレーベルはBGO(Beat Goes On)とのこと。
2008年に別の70年代作品を2イン1で出しているレーベルですね〜。
うーん、全部扱ってくれるんだろうか
70年代セダカは、可能な限り、高音質で全部聴いてみたいが
複数の会社にまたがるので、整理されては出てこないでしょうね〜
いっそ、この辺りは買っておいた方が良いのやら

●今回初めて存在を知ったショーン・キャシディ(Shaun Cassidy)も気になった
名前の通りで、パートリッジ・ファミリー(The Partridge Family)の主役、デヴィッド・キャシディ(David Cassidy)の異母弟なんだそうな。
デヴィッド・キャシディは好きですけど、それくらいじゃ食指は動かない(笑)。
と思って見てみると、結構いい感じのポップスをカバーしていて、ゴフィン&キング(Carole King & Gerry Goffin)やエリック・カルメン(Eric Carmen)、ラヴィン・スプーンフル(The Lovin' Sponnful)など
さらには、ブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)参加の曲もあるんだとか
プロデューサーに、ピンク・レディやオクトーバー・カントリー(October Country)で有名な、マイケル・ロイド(Michael Lloyd)をかついでいる時もあったりで、中々ビックリ。
ちょっとで良いから、どこかで聴く機会ないかな〜 

●その他では、ジミー・リード(Jimmy Reed)のアナログ盤の復刻なんかに目が止まりましたね

 

以上、最早9月号が出回っているころの、8月号の感想でした〜

いよいよ、ビーチ・ボーイズですね

関連本、グッズ、イベントも盛りだくさん

いやはや、こんな時代が来るとは、夢に思わなかった

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Spanky and Our Gangの快進撃 | トップ | ビーチ・ボーイズ来日公演<上> »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆめみず)
2012-08-13 19:48:56
おひさしぶりです!

A&M、いいですね
なんかイージーリスニングの
イメージがありますけど、好きです

ビーチボーイズのディスクガイドもいいなあ!
ちょっと高いから悩んでます・・・


ストーンズはほんとに全然知らないですけど、ぼくww
いつかしっかり聴いてみたいなと思ってます。

ニール・セダカもおおキャロルくらいしか
知らないんですけど・・・
知識のなさが恥ずかしい・・・


ビーチボーイズの再販とか嬉しいですね!
お金がなくて全然買えませんけど
みてるだけでわくわくします!!

もうライブ明々後日です!
すっげーたのしみです
管理人様はチケットとれましたか??
>ゆめみず様 (ベンジャミン)
2012-08-14 01:51:45
お久しぶりでーす。
いつもいつもありがとうございます

ビーチ・ボーイズ関連の本はさらに出ることになりそうですね
一応中身を確認した感想としては、、、買いだなと思っています(笑)。
本当に、お財布にダメージ背負うことばかりではありますが

チケット来ました!
以前書きました通り、千葉は諦め、遠出する予定でーす

ゆめみずさんはやはり千葉???
Unknown (ゆめみず)
2012-08-15 01:02:48

ぼくは千葉です!

管理人様は8・17に行かれるってことですね!
楽しめるといいですね!!

本物のビーチボーイズに会えるなんて夢みたいです
初めてなものですから!
>ゆめみず様 (ベンジャミン)
2012-08-16 09:52:00
本当に夢見たいですね。
いよいよ今晩
是非是非楽しんで行ってくださいませ〜。
Unknown (ゆめみず)
2012-08-17 02:57:18

いってまいりましたー!

ほんとによかったです
管理人様も楽しんできてください!!
>ゆめみず様 (ベンジャミン)
2012-08-20 11:12:24
いやーーーーーー、すごかったですね

近いうち、このブログでもアップしたいと思います

本当に、夢のような出来事でしたね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。