Keep Going

走り始めて24年 孫5人で現在59歳のなんちゃって爺トライアスリートです。このまま続けられる所までKeep Going!

今シーズンは

2017-04-30 | 日記
気が向いたので久しぶりに書き込みます。

ゴールデンウィークに入ろうというのに今年は例年にないほど動いていない。

動いていないという表現はトレーニングをしていないと言う意味です。

スイムもバイクも去年から全くかな。

実は、今シーズントライアスロンの参加を見合わせています。

JTU(日本トライアスロン連合)にも登録していません。

理由は、去年頃から私の母親の認知症が進み、かみさんの対応だけでは限界になってきたのです。

去年までは、時間を見つけ、かみさんに任せてトレーニングしてきたけど、流石にこれ以上は

かみさんに申し訳なくて、トラをやっている場合じゃないので自粛することにしました。

せめて60歳の還暦までは、とも思っていましたが、母親の事でご近所にもご迷惑を掛けている

状態なので仕方がないですね。

母は耳も遠く、半身が不自由で性格もかなり頑固。それにディーサービスや施設等を完全に拒否し

ているから始末が悪い。

認知症特有のお金の話が毎朝始まる。

「部屋に泥棒が入ってお金を取られた、通帳も印鑑もない、警察呼んでくれ」

状態が悪いと俺が誰だか分からなくなってしまう。

トイレは何とか自分で行けるからまだ良いが、たまに俺の事を自分の旦那だと思い込んで、

かみさんを愛人だと間違え激怒する事もある。

そんな生活が毎日続くとストレスも溜まり、かみさんの心のフォローの方が大変でどこかで

発散させてやらないと爆発しそう。

いや、すでに何回か爆発しているのが本当、それも核爆発級かも。

いままでずーっと母親と同居し、ここまで来てこれかよ!って・・・

出るのはため息ばかりですわ(-_-;)

昨日36回目の結婚記念日を迎え、毎年欠かさずプチディナーへ行くんだけど、

今回はストレスを解消しに、居酒屋と二件目はスナックで愚痴の言い合いで盛り上がりました(^^;


という状況なので暫く・・・いつまでかは分からないけど暫くは戦いは続くと思うので

トライアスロンはお休みしますね~。

Facebookもほとんどがトライアスロン繋がりなので落ち着くまで封印しますね~m(__)m

何をもって落ち着く事になるのか分からないけど長い闘いになりそう(^^;

でも、楽しみも増えましたよ~

小学校3年の孫が野球少年団に入り野球にどっぷり浸かっていて、遊びに来るとジジキャッチ

ボールしよ、って。

少しずつ上達していく孫の姿がすごく頼もしい。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年 2016年を振り返って

2017-01-02 | 日記

新年あけましておめでとうございます。



まさに一年ぶりの書き込みです(笑)

ホームページの更新をしていて、そう言えばブログっていつから書き込んでいないんだろうと思い

おっかなビックリ覗いてみると、なんとちょうど一年前…(-.-)

訪問してくださる方々には申し訳ありませんが、ほんと気が向かないと書きません(^^;

一年も気が向かなかったんかい!

と突っ込まれそうですが、そうなんです(^^;

本来ならば今年の抱負とか述べるのがスジなんでしょうけど

あえて去年一年を振り返ってみました。


が、今ちょうど箱根駅伝も始まっているので気がアッチャコッチャで集中できません(笑)




2016年2月いわきサンシャインマラソン

前年度は大雪で大会中止でしたので今度こそはと意気込んだものの、今回は強風、雨風

スタート地点のゲートが倒れそうなほどの強風と横殴りの雨風。

雨宿りしながら「走るのやめよ~かな~」とか「中止ならんかな~」なんて思っていました。

スタートしてみると雨は気にならないが、やはり正面からの風は走力のない俺を押し戻す勢いで下。

中盤の激坂を過ぎた辺りから一気に足に疲れが現れ、30km地点では歩くはめに。

残り10kmをほとんど歩いてしまい長かったイワキのコースでしたわ~

タイムは5時間55分55秒  ぞろ目を狙ってのゴーゴゴーゴゴーでした(笑)






7月は娘夫婦とかみさん一緒に長野小布施マラソンに参加しました。



娘婿との参加は初めての試みで、長野旅行も兼ねての遠征もすごく楽しめました。

婿さんは速いランナーなのでハーフを2時間くらい掛かる俺の伴走としては物足りなかったかも。

ゴールしてもまだ朝の8時過ぎでその後の長野見物をして群馬の草津温泉にて疲れを癒しました。






9月 佐渡国際トライアスロンBタイプ



今年で16回目の参加となる佐渡トラはいつもの潟鉄メンバーで同行しました。

年々走力が落ち気味の俺は、練習不足がたたりかなりキツイレースとなりました。

スイムはそこそこ順調でしたが、バイクに入り序盤から既に難儀モードに入ってしまい、バイク後半には

小木の坂でふくらはぎが完全に痙攣してしまい無念にもクリートを外し足を付くことになってしまいました。

暫し休憩して復活したもののゴールまで残り10KM地点の下り坂でパンク…

気分転換の休憩になって良かったけど、その次のランパートで更なる事態に


ランスタートしてすぐに吐き気がして足もつりそう。

毎年の経験からしてこれは暫くすれば回復するだろうと少しずつ足を前に進めるけど徐々に悪くなる一方。

3㎞地点から視界が暗くなり嘔吐と頭痛がしてフラフラ状態になってしまい、やっと5㎞のエイドに辿り着いた時は

係員の方が肩を貸してくれるほどでした。その場でリタイアを宣告し救護室で横になっていました。

リタイアには全く後悔はしていませんが、悔しさはありますね~それも時間が経つにつれて(-_-;)






9月 村上トライアスロン



今回で7回目の参加となる村上トライアスロン。

佐渡リタイアのリベンジをと思いながらいざ参戦してみましたが、散々な結果で終わりました(^^;

スイムまでは順調ですが、バイクに入ると心拍数が急に上がり、それがなかなか治まらなく往路はペダルを踏めなく

回すのが精いっぱい。折り返して徐々にペースアップしてみるけど足は売り切れ状態でした。

ランに入ると更に最悪。走っているとはとても言えない格好、スピードです。

次々とメンバー皆に抜かれてのゴール…

でも、笑顔でのフィニッシュだけはやり遂げました(^^)/

目標は、笑顔でのゴール!

それでいいんですっ!




10月 新潟シティーマラソン



今回は、10㎞のエントリー。

なぜか?

ハーフではもう5分/㎞ペースで走れなくなったので、10㎞をとりあえず50分切りを目指そうと考えました。

自分の中では、10㎞だったらいくら何でも50分は切れるだろうと(^^;

蓋を開けてみると…結果は51分台…

えっ、マジっ? 俺ってこんなに走れなくなったんかいっ!

いくらなんでも、そりゃないよな~…

正直ショックでした。





でもショックは慰労会やることによって立ち直りましたけどね(笑)




2016年の一年はこんな感じのレースばかりの年でしたね~

今年は、50歳代最後の年ですので、自分の走力に合わせてそれなりに楽しもうと思います。

常に、ゴールは笑顔で!を目標に今年も頑張りますので宜しくお願い致します。





あっ、それからブログの更新は今後も当てにならないので悪しからず(^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もお世話になりました。

2015-12-31 | 日記
今年一年間大変お世話になりました。

この書き込みもかなり久しぶりでして、ほとんどブログの役目は果たしていないと思います。(^_^;)

ブログの存在すらすでに忘れていて、たまにフッと思い出すのですが開こうとはしませんですね~(笑)

なんと、今年のイワキマラソン以来の書き込み・・・

今年はトライアスロン大会を4大会参加しました。

トラ歴15年で初めての試みです。

これも、「潟鉄TRC」メンバーのお陰だと思っています。

単独参加ならこんなには出ていないでしょうね~(^_^;)

その反面、マラソン大会の参加が少なくなっています。

その影響は、トライアスロン大会のランパートに明らかにでているんですよね~。

年々走力が落ちてきている中で、ランタイムがガタ落ち…

スイム、バイクとマズマズのタイムでもランでガタ落ち…なんですよ~。

ハッキリ言って走るの嫌い(笑)






今年一年を振り返って トライアスロンの追憶


マズは、今年第一戦の「おしんトライアスロン」

2001年、2004年と参加したけど、あれから11年ぶりの参加。



会場には当日早朝家を出発したものの、道中ずーっと雨でテンション↓

生憎の天気でスイムが中止でしたが、懐かしく感じた大会でしたね~。

バイクの周回コースは、クリテリウムのようなコース設定で直角カーブがいくつもあり怖く感じました。

落車などを目の当たりのしてビビリました。

来年はどうすっかなぁ~(^_^;)





二戦目は「温海トライアスロン大会」です。


潟鉄メンバーが新潟バイクで自走応援に駆けつけてくれて凄く励みになりました。


この大会は実は初参加でして、昔から知っていたのですが、申し込みはしなかったですね~。

終わってみて感じたことは、もっと早くに参加していたら良かったなぁと後悔したことです(笑)

バイクコースに難があり、一旦バイクから降車しなければならない所があるのを除けば、まぁまぁの大会でした。

スイムは周回ですが、湾内のため風に影響されなく泳ぎやすかったですが、川から流れ出る冷たい水にヒヤッとする場所がありました。

来年は、また来てみたい大会に入れておきますが、出てみたい某マラソン大会と日程が被っているので今のところ思案中です。







今年の第三戦目はメインの「佐渡国際トライアスロン」

この大会は、東京マラソンに外れてもこの大会だけは絶対にゲットしなければならない大会なんです!

今年で15回目の参加!  潟鉄メンバーと共に佐渡島に乗り込みました。



大会当日は朝のうちはまだ良かったのですが、午後から雨模様になり後半はかなり寒くきつかったです。

今年からランコースが変更になり、出来たばかりのコースに設定しているんだけど、それがまた広いだけじゃなく直線が長~い。

Bタイプはまだ1往復だけど、Aタイプはそのコースを2往復。

俺は、無理~(笑)

その1往復でさえも足が攣り歩き状態なのに(^_^;)

とにかく寒い大会でしたね~(ーー;)

新潟から雨の中をバイク自走で応援に駆けつけてくれたペコわとさんに感謝です。








第4戦目は「村上トライアスロン」

この大会も単独参加は、11年ぶり。

去年はリレーで参加でしたが、10年もの間で大会の雰囲気が変わり賑やかになっていたのには驚きでした。



当日は快晴のトライアスロン日和。

新潟からもメンバーがバイク自走応援に駆けつけてくれました。

スイムスタートの位置取りをうまくできたので好タイムだと思っていたのがそれほど良くなかったのにはガッカリでした。

バイクも最初から心拍数が治まらず、向い風もあり往路はサイクリング状態でしたが、復路は風に乗って快適なペダリングでした。

ランの後半は、やはり周回コース。

以前よりはまだ良くなっているようですが、まだ間違う選手が後を絶たないようでしたね~。



こうして一年間無事に事故もなく怪我もなく過ごすことが出来たことに感謝です。

来年もまた同じ様に楽しめたいいなぁ~。

歳相応に、無理せず、にね(^O^)

一年間大変お世話になりました。

また来年も宜しくお願い致します。

それでは、良いお年を!








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いわきサンシャインマラソン

2015-02-11 | 日記
久しぶりの投稿です(^_^;)

ハッキリ言って怠けていただけですねぇ~。




日曜日に福島県で行われた「いわきサンシャインマラソン」に豊栄走友会メンバー6人+ABさんとで参加してきました。

去年も走友会メンバー12人で行ったのですが、これがまた前代未聞の大雪になり大会は中止になり、

何しに福島県まで行ったのかわかりませんでした。

今となっては笑い話ですが(^-^)


今年は去年の分まで楽しもうと思っていたのですが、これがまた最悪に…

予報では午後から雨模様になるとのことでしたので覚悟はしていたんですけどね~。

こう言う予報は当たるもんですね~(ーー;)












スタートは九時ちょうどに号砲が鳴り響き、約7000人のフルのランナーがゲストランナーのワイナイナ選手のお見送りで一斉にスタート。

俺はゴール予想4時間から4時間半のプラカードの位置からのスタート。

あわよくば4時間位でゴールできたらなぁ~なんてスケベ根性を抱いていました(笑)


5km地点まではゆっくりペースの6分半/km位で。

なかなか集団もバラけないので流れに乗って丁度良いペースでした。

10kmで1:05:36 


ちょっとペースが遅いかなぁ程度でしたが、これも想定範囲。

いつもの練習ペースはまだまだ余裕が感じられるくらいでした。

20km地点 2:05:07 




ペースとしては10kmから20kmまでのラップが60分。目標の6分/kmでしたのでこれも予定通り。

中間地点を過ぎると激坂がある。

この坂はまだ中盤だからいいけど後半だと絶対に歩いてしまうんだろうなぁ~。でも、まだこの時点では立ち止まることはありませんでしたね~。


そのころから次第にポツポツと雨が当たり始めてきました。

この分だと後半は寒さとの戦いになりそうな嫌な予感が…

エイドステーションの苺とプチトマトをほおばりエネルギーチャージ完了。

半分の距離は過ぎたものの、小名浜の港にはゴール会場が近くに見えるコース設定になっているが、これから先が更に長く感じる。




25km地点のアクアマリン福島では応援の人垣で凄い。

応援してくれる皆さんがハイタッチを求めてくれるのに俺もそれに応えると自然とペースもそこだけアップ(^_^;)

そこを抜けると今度は工業団地内の広い道路に出る。

これがまた広くて長い。



30km地点 3:06:26  

速いランナー達とすれ違い、時計を見ると皆サブスリーランナーだ。

俺のラップはやはり6分/kmを正確に刻んでいる。

フルの辛さはこれからです。

徐々に脚に来る頃ダラダラと登り基調になりこれがまた辛い。

35km地点の第二折り返し地点が中々見えてこない。




同じメンバー達ともすれ違いお互いに声を掛け合い励ますが、皆辛そうな感じだった。

雨足も強くなり手袋もシューズもビショビショに濡れてもはや防寒の役目を果たさない状態になっていました。

なるべく水溜りを避けて走るが爪先が冷たく痛い。

エイドでは暖かい物がなく体も冷えきってしまい、とにかく早くゴールしたいと思うばかり。

40km地点 4:11:20 ペースが若干落ちたもののほぼ6分をキープ。




残り2kmの直線はマジ長かった!

1km行ってもゴールが見えない。

足も千鳥足…寒い…痛い…

ゴール会場のアナウンスが聞こえ始めてやっとゲートが見えてきました。

やっとの思いでフィニッシュ4時間26分でした。

ネットで4時間22分









ゴールでは完走者にレイを首に掛けてくれるが、寒くてそれさえも省略したい気分。

シューズのチップも自分で取れない状態でした。

とにかく4時間半近くも走っていた動作とちょっとでも違った動きをすると体の何処かが攣りそう。

早く着替えたいがテントの更衣室は満杯で順番待ちをしていて、

それも雨に打たれながらの長い行列が目に入り他の場所はないかとウロウロしていたら、

なんと運良くがら空きの更衣室に誘導されホット一息。

しゃがんだ瞬間、ふくらはぎがピッキーン!



他のメンバーを待つこともなくサッサとシャトルバスに乗り込み宿泊先の湯元温泉の風呂へ直行!

やっぱり温泉最高!

いや~それにしても去年の大雪といい今年の雨と言い、いわきのイメージガタ落ちだなぁ~。

来年はどんななんだろう

新潟から近くて最高なんだけど…




大会前夜の作戦会議?  と言うより宴会でした(笑)

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014佐渡国際トライアスロン大会参戦記

2014-09-10 | 日記
今年で14回目の参加となる「佐渡国際トライアスロン」に参戦。
今年結成したばかりの「潟鉄TRC」メンバー14名が佐渡に上陸し日頃の練習の成果を発揮しました。
例年の倍にもなるメンバーの人数は、佐渡遠征を楽しくまた盛り上げてもくれました。
毎年心配していたのが台風や天候でしたが、今回はみごとに晴れ渡り3日間ずーっと晴れていてくれて、まさにトラ日和でした。

大会当日の早朝は4時起床。
隣の部屋はAタイプの面々が宿泊しているのだけど、我々Bタイプのメンバーが起きるころには既に宿を出発していました。
とにかくトライアスロンの朝は早い!
前日は中々眠れない選手もいるだろうが、寝不足はあまりレースに影響ないと思う。
一旦号砲がなればそんなことは忘れてしまう。

6時のAタイプのスタートをなんとか見届けたいと思い、5時半に宿を出発。
ナンバリングを済ませトランジッションエリアで仕度をしながら、宿から出された朝食おにぎりをほおばる。
Aタイプスタート5分前。
慌ててスイムスタート地点でメンバーを探すが中々見当たらない。
スタート直前で発見し大声をだし呼び止めて一枚パシャっと。





7時半Bタイプスイムスタート
いつものように左端から攻める。
いや、攻めるなんてそんなとんでもない、皆さんの邪魔にならないような位置取りと行った方が良いかもしれない(^_^;)
スイムだけはいやに緊張する。
多分一歩間違うと生死に関わってくる事だし、自分の身になにか起こった時に冷静に対処出来るかが不安なんだろうと思う。
泳力がある人は前へ前へと、自信のない人は遠慮してゆっくりと、中間レベルの人達は多分必至になるんだろうなぁ~。
俺はどれに当てはまるかと言うと、中間レベルの後ろの方のくせに前に行きたがるタイプかもしれない。
だからパニクると最悪(^_^;)心臓バクバク(笑)

700m先の第一ブイを回り込むまでは全くバラけなく、頭を叩かれたり上に乗られたり思うように泳げない。
第二ブイまで来れば自分が泳ぎやすいスペースが経験上出来てくるはずなのにまだゴチャゴチャと周りはバラけない。
そんな状況にタイムなんか気にしないでゆっくり行こうと決めていたにも関わらず徐々に焦りが。
朝日が眩しいくらい目に入ってくる。
ゴールの方向が全く見えず前に着いていくしかない状況の中まだ自分に余力があるのに気付き最後の700mはペースアップ。

時計をしていないのでアップがどれくらいか分からないが、沿道で応援してくれていたメンバー骨っ娘さんが「41分だよ~ガンバー!」
って声援をくれたとき、えっ41分!? そんな速いの?って自分の耳を疑ってしまった。
佐渡大会で未だ45分さえも切ったことがないのにどうして?
距離短くね?とか潮の流れに乗った?とかどうしても信じられない。

スイム 41分48秒 順位327位



バイクパートに移り暫く走行しても心拍数が治まらない。
多分スイム後半頑張りすぎたかもしれない。
落ち着くまで流れに任せて走ることに。

350号線金井町まで来ると徐々に調子が出てきた。
新穂の街を抜けて県道65号の加茂湖を左手に眺めながらのライドは気持ちが良く自然とスピードアップに。
両津まで約20kmの間に職場のM氏から借りたCORIMAのホイールの履き心地を確かめながら走ってみる。
カーボンディープホイールで俺の今までのホイールよりは重量が格段に軽い。
確かに坂道に差し掛かるとスイスイと踏める感じがする。

姫崎灯台までは横風基調なのでさほどスピードが出ないのがイライラする。
外海府海岸線に出ると向かえ風に変わりペダルの回転も自然と落ち気味になってしまった。
なので自然と集団が出来上がりドラフティング状態に。

先頭を見ると女性が曳いているではないか。
俺の大したことないプライドが許さない。
思い切って前に出て次の集団までガムシャラに漕ぐ。
お陰で乳酸パンパン(ーー;)
そんな事を微塵にも見せず顔だけはクールで心の中で泣いていました。

約中間地点の松ヶ崎では工事中で道路が狭くなっている場所があるにも関わらず、右から凄いスピードで追い抜くやつに腹が立つ。
でも、左を見ると真っ青な海と空が最高に気持ちいい。

平地を30km/hで走行するにも限界が来はじめているようなので、このまま小木の坂に差し掛かるとヤバイ気がしてきた。
とにかく小木のエイドまでは行くことに。

約80km地点小木のエイドステーションにたどり着く。
スタート時から我慢していたトイレ休憩をとることにした。
バイクを降り用を足しボランティアをしている叔母からおにぎりを頂いた。
あれ食え、これ食え飲め、のオモテナシは感謝感激でした。

このエイドを過ぎると直ぐに坂の難所、小木坂に入る。
疲労している時にこの坂を下から見ると壁に見えてしまうのは、おそらく俺だけではないだろう。

フロントギアをインに、リアは一速に落としクルクルと辛抱強く回す。
沿道からはガンバレーの声援が。
地元の子供が走って並走するが、それよりも遅い…

一つ目の難関小木坂をクリアすると次は西三川のユル坂に差しかかる。
これを超えれば真野湾が見えてくると思うとペダルの回転も自然とアップする。

最後の下り坂に差し掛かると真野湾が一望出来、対岸にはゴールの佐和田が見える。
10年前、Aタイプに参戦した時この場所でパンクしタイヤ交換をしようとしたらスペアタイヤをどこかに落としてしまい無くなっていたのを思い出す。
毎年ここに来るとパンクするなよ~と念じてしまう(^_^;)

真野の街を抜け佐和田の商店街が近づくと選手たちを迎えてくれるアナウンスが聞こえてくる。
無事に2種目が終わりホッと一息。
トランジッションで腰を下ろし靴下を履きストレッチをする。
ロングはこれができるから嬉しい。

バイク  3時間49分45 200位   通過順位210位




ランパートに入りバイクで使った筋肉が悲鳴を上げているようで前に脚が出ない。
おまけに腹痛が…



数百m走った商店街でとうとう歩きになってしまう。
下腹がキリキリと痛み差し込んでくる。

4km地点でメンバーのHさんに抜かれアッと言う間に姿が見えなくなる。
後で聞くと1時間30分だったとの事。半分でも俺に分けて欲しいよ(ーー;)
腹を抑えながら騙し騙し走ったり歩いたりの繰り返しで5kmエイドステーションのトイレに入りギリセーフ!
用を足して出たところへメンバーのIさんと並走になるが、もうついて行けない。
徐々に背中も見えなくなり戦意喪失気味…

10km折り返し地点までくると後方から追い上げてくるリレーのメンバーが気になり始める。
そう思うとなんとしても先着ゴールを決めたい所だ。
折り返して1kmちょっとくらいでリレーの骨っ娘さんとすれ違う。
ボーっとした頭で距離と時間と速さの計算を始めるが正しい答えが出てこない。
でも、分かるのはこのままじゃ追いつかれる、という事。
それがどの辺くらいなのか、と考えているといつの間にか復調しペースも安定してきた。
おそらく6分ペースくらいだろう。

折り返して2kmほどでメンバーのFさんとすれ違い、その後オニバスさんともすれ違った。
皆頑張っている。
八幡館の前まで来ると後ろをふりかえる回数が多くなる。

前を走っているランナーのジャージに見覚えがあり、仙台のクラブの方ですか?と尋ねるとやっぱりそうだった。
懐かしいニックネームを思い出した。
「ゴンタリリさん」
ネットを始めた頃の掲示板で繋がった友達で次の村上トラでも会えることを約束した。

長い最後の直線が終わる頃に佐和田商店街のアナウンスが聞こえてくる。
「ゼッケン〇〇の〇〇さんおかえりなさ~い」と出迎えてくれる。
沿道も応援の人で一杯に声援を送ってくれる。
毎年この雰囲気が味わいたいが為に頑張ってこれる。
大会会場の入口に入るとハイタッチを求める沿道の方々に快く応えながらゴールゲートへ。
決めのポーズも考えながら走ったんだけど、やっぱりいつものグリコポーズでフィニッシュ!
今年も無事に完走できたことを感謝します。



大会関係者スタッフ皆さん、ボランティアの皆さん、佐渡全島に渡って応援してくれた島民の方々ありがとうございました。
また、来年も宜しくお願いします。




ラン  2時間19分20  436位

トータル 6時間50分53  296/702位

























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五泉ぴったしランラン

2014-07-07 | 日記
時計を持たずに4.2kmのコースを各自が設定したゴール予想タイムを目標にして走る五泉ぴったしランランに参加して来ました。

会場まで約26kmなので当然バイク自走で現地入り。

走友会メンバー10名の内潟鉄メンバーも5名が勢揃い。





我が走友会は5名1チームで2チーム参加し全部で20チームが大会に挑みました。

梅雨の晴れ間と言う事もありかなりの暑さでした。



私はアンカーを努めましたが、自分が設定した5分/kmペースの21分にしたのを後悔するほど暑く設定タイムをもう少し
ゆるくすれば良かったと思いました。

しかし、前半の3人が貯金を作ってくれたのに俺の走力で貯金を使い、挙げ句の果てに53秒の借金まで作ったようです。(^_^;)

でもそれが功を奏したのか4位入賞でした。



結果論ですが、俺がもう少し頑張ればもっと上位に行けたと思うと悔しですね~(^_^;)

結果は、ゴール申告タイム 1時間43分33秒 ゴールタイム1時間44分23秒 差53秒 でした。

ちなみに、俺の申告タイムは21分なのに実際は23分15でした(^-^)

ちと余裕こき過ぎたようで皆さんに申し訳ないです。


大会後は潟鉄メンバーでプチライド。

290号線から安田~月岡(わくわく)経由で帰ってきましたが、一段と日焼けして首筋がヒリヒリ状態です。

バイク走行距離は75m。ラン4.2kmで一日楽しく過ごせました。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

関川マラソン

2014-06-17 | 日記
6月15日
関川マラソンに参戦しました。

今回の参加は家からバイクを自走で関川のマラソン会場まで行くことにしました。

潟鉄のメンバーと豊栄体育館で5時半に待ち合わせなので家を5時に出発。

ひんやりとした空気が凄く気持ちがいい。

3名でトレインを組み月岡、胎内を経由し関川を目指しました。

途中道路を横切る猿の軍団に遭遇。

デカイのから小さい猿までゾロゾロと。

会場まで約2時間半。

距離は65kmちょうどでした。

追い風のせいか意外と早く到着しました。

会場ではアファス潟鉄メンバーとも合流



走友会メンバーとも合流しました。




今回は12kmにエントリー。

バイクでの往復予定だったからハーフは遠慮しておきました(^^ゞ

すでにバイクで半分のエネルギーを使い脚は疲労気味。

スタートしてすぐに登り坂なのにはマイッタなぁ~。

上がらない脚が更に遅いスピードに…

予定では5分/㎞ペースだったが、急遽下方修正する。

中盤までに上り坂が2か所あり、それを過ぎると平坦基調に。

しかし、バイクで残しておいた力も残り少なくなり、徐々にペースダウンする。


遥か彼方に薄らとゴール会場が見えるが直線なので中々近づいて来ない。

モモを上げると言うより脚を引きずる様な走りになっているのが自分でも分かりました。

ゴール手前で同じ走友会のメンバーに抜かれたが、もう限界状態。

体も反応出来ずそのままフィニッシュ!


タイムは12km 1時間2分34秒 カテゴリー別28位

まぁ目標としていた1時間は達成出来なかったけど、今の実力からするとこんなもんか~(^。^)

バイクで自走だし、なぁんて言訳しながらも納得でした(^^)/


普段なら大会が終わればハイ終了なんだけど、自走は家に帰るまでがレースみたいなもんです。

行きが追い風なら当然帰りは…

ふくらはぎが痙攣寸前なので休憩も多めに(-.-)



3人でローテできるほど実力ないしファイターズさんの後ろにピッタリ張り付いて曳いてもらいました(^_^;)


本日のランは12km 

バイク走行は130km

もうお腹いっぱいですわ~(^^)/






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スポニチ佐渡ロングライド210

2014-05-20 | 日記
スポニチ佐渡ロングライド210へ参加してきました。

大会前日の天気はどんよりとした空模様で今にも降りそうな気配でしたが、雨も降らず何とか持ちこたえました。

でも、風が強く佐渡へ渡るフェリーは大揺れで、トイレから出て来れない方々も大勢いたようです。

私も長年佐渡に渡ったりしていますが、今回のシケはかなりのものでしたね~。


昨年は娘の結婚式とかぶってしまい、今大会は2年ぶり6回目の参加です。

今年は、一昨年と同様、佐々木輪店さんのチームに混ぜてもらい宿の手配やら何やら大変お世話になりました。



大会早朝3時半起床。

まだ外は真っ暗。

でも、風の音がかすかに聞こえるが雨は降っていない様子なので、まずは一安心。

4時に宿の朝食を食べて会場へ。

今回のエントリーはA1クラスです。

A1と言うのは一応足に自信がある強者のクラスですが、俺はただ前の方に並んで時間稼ぎの為にA1にエントリーしました(^-^)

今年はかなり前の方だったので、待ち時間もなくスタートが出来ました。



A1メンバーは10人でトレインを組み俺は最後尾に位置しました。

スタートして直ぐなのにペースが速過ぎる。それも向かえ風…

必死に付いていくが徐々に離され気味にはかなり焦ってしまった。

まだ序盤なのにこんなペースではとても付き合いきれないと思い思い切って離脱(^_^;)

でも最初の相川20km地点エイドで休憩するとすでに皆が待っていてくれました。



気を取り直して再び列車に加わり曳いてもらうことにしました。

40km入崎エイドに来る頃には天気も回復して超青空に。



ここを過ぎると最初の難関通称「Z坂」にさしかかる。

まだまだ脚には余裕があります。

72km地点はじきのエイドに到着。

やはりスタートが早かったせいで人が少ない。

いままでこんなに空いていた光景を見るのは始めてでした。



このエイドでおにぎり、バナナ、パン、オレンジなどを補給し中間点両津エイドを目指します。

表情はまだまだ余裕(^-^)


10人トレインは両津を目指し1列に巡航していると、いつのまにか後方には集団が出来上がっていました。

向かえ風にも関わらず良いペースで曳いてくれるM氏のペダリングは最高です。

俺は後ろに付いているだけなので楽ですが、先頭はかなり辛かったと思います。感謝感謝です(^_^;)


写真は中間点の両津エイドです。



このエイドではお弁当をもらって、シューズを脱いで小休憩。

やっと半分だ!まだまだこれからがロングライド!


両津から次のエイドまで約40kmもあって長く感じて疲労も徐々に溜まってくる場所です。

俺は、このトレインからちぎれたらもう終わりだと思い、必死に付いて行く。

ただ後ろに付いているだけで、曳いてもらっているだけなのに、情けない…(^_^;)

やっと140km地点多田エイドまで来ました。





すでに脚がパンパン状態(>_

この佐渡ロングライドの醍醐味は小木エイドから先が本番になります。

ここまで走った距離は、準備運動やストレッチ程度にしか値しないほど、これから先の距離は過酷なコース設定になっています。

去年からコース変更になり、噂には長い坂があると聞いていましたが、これがまたハンパねぇ~超激坂でした。

ホントどこまで続くんだよ~って(^_^;)

まるでヒルクライムかぁ~って、突っ込みたくなるほどですね~。

170kmも走って来てヒルクライムはないですよね~(^O^)

マジ、降りて押そうかと思いました(笑泣)



この写真は、一つ目の激坂をクリアし、これから後半二つ目の難関、180km地点素浜の坂に差しかかる前のショットです。

もう、みんな目が逝ってる感じ(^-^)

後30km。

俺も何とかここまで皆さんと来れただけでも嬉しいです。

あとは後半三つ目の坂、西三川の坂をクリアしゴールを目指すだけです。

真野湾に出ると追い風に乗りトレインは一気にペースアップ。

残りの力を振り絞って食らいついていくが徐々にちぎれそうになりながらも、真野の街まで来ました。

その後もペースを落とすことなくそのまま佐和田まで一気に。

ゴール手前でチームの体制を整えてフィニッシュ!

達成感と開放感で一杯になりもう最高!

時間は午後3時40分。

今までで一番速いタイムでした。

また、来年来ますよ~!


完走後の集合写真です。(俺、一番右端です)




今回同行させていただいた佐々木輪店さん皆さんありがとうございました。
お陰さまで楽しくロングライドを走れました。
また、機会があったらお願いします。

大会運営関係者皆さんやボランティア皆さんにも感謝いたします。
ありがとうございました。

































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

潟鉄ジャージで胎内ライド

2014-05-04 | 日記
ご無沙汰でした。

ブログをサボっているあいだに、新潟の桜も散り、八重桜やチューリップが見頃になっていますねぇ~。

暖かくなってきてトライアスリートには最高の季節となってきました。

ゴールデンウィークに入り、我トライアスリートチーム「潟鉄」も作ったばかりのお揃いのジャージで勢揃い。

記念撮影としてちょっとカッコよく撮ってみました。



この日は、トライアスリートの初心者もいたので、ゆっくりライドで胎内を目指してきました。

往復で距離は、約90km~100kmの予定でした。



目的地の胎内パークホテルに到着。

そこから、まだ物足りないメンバーで更に坂道が続く奥胎内へと向かいましたが、なんと5kmほどで通行止めになっていました。

仕方なく引き返し、パークホテルでアルパカを観たり、ソフトクリームを食べてまったりと(^-^)



午後になると次第に風が強くなり、雲行きも怪しげに。

向かえ風でかなりキツイ走行の中、非力な俺は後ろへ回り、他のメンバーにトレインの先頭を引いていただきました。(^_^;)

帰り道、剣龍峡の入口ゲートまでと、わくわくファームへ立ち寄り今回のバイクライドを楽しんできました。


今月の18日には佐渡ロングライドが開催されます。

本番は佐渡島を1周210kmをバイクで走りますが、今回の胎内錬はいい練習となりました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐渡トライアスロンの内定通知get

2014-04-15 | 日記
13日日曜日はバイクで今シーズン初のプチライドへ。

朝から天気も良く快晴。

走友会メンバーが豊栄体育館前に集合するのでその時間に合わせて行ってみる。

メンバー5名が集合していてワクワクファーム折り返しの20kmコースへランニングスタート。

それを見送り俺はプチライドでブラブラと福島潟を回り、村杉温泉、やまびこ通りへ。

福島潟は菜の花が綺麗に咲いていました。



やまびこ通りは、途中から通行止めで行けず仕方なくUターンでした。






14日月曜日もいい天気。

新潟島を花見がてらにのんびりジョグ。

やすらぎ堤の桜も見頃で満開でした。



チュウリップはまだ早いようでしたが、ユキヤナギと桜のコラボレーションは最高でした。









今年の佐渡国際トライアスロン大会の参加内定通知が来ました。



今年で14回目の参加になります。

本番までにはなんとか体を作っておかないと…

と言うより、元に戻るんだろうか…この体型(^_^;)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加