南青山,おおした鍼灸院のブログです

南青山の小さな鍼灸院で、日々考えている事を書いています。

高齢者の筋トレで意識をかえる

2005年07月30日 | 運動
最近の調査によると 筋力も脳細胞と同じようにいくつになっても鍛えればそれなりの効果がある  そうです。   このことはとても当たり前のことなのですが、これまで筋トレは、高齢者には筋トレは向かない、危険だということだけであまりおこなっていませんでした。   筋トレを行うことにより、これまでできなかったことができるようになる、そのことで”自信”がうまれ、最終的にホー . . . 本文を読む
コメント

あなたが生きているだけで……

2005年07月29日 | 子育て・小児はり
あなたが生きているだけで嬉しい。        あの時はただ生きて生まれてくれるだけで良かった。 でもふと気が付くと、ああなってほしい、こうなってほしい、何でこれができないの、なんて考えている自分がいる。 どんなことがあってもいいから、とにかく生まれて欲しいと思った病院での気持ちは……いったいどこにいったのだろう。 年が経つにつれ、親の欲は大きくなる。 でも…本当の気持ちは…ただ . . . 本文を読む
コメント

記憶力の低下と老化現象は結びつきません。

2005年07月28日 | 健康
記憶力の低下は老化現象ではありません。確かに年齢とともに記憶する力が弱くなる感覚はありますが、それは思い出すことが難しくなっているためのようです。 特に 人の名前 メガネやボールペンをどこに置いたかわからない 電話番号 これらのことは確かに思い出しにくくなりますね。   記憶力の低下とボケることとは違います。 ”足が遅い”のと&rd . . . 本文を読む
コメント

経絡大で…経絡治療は軽い押し手で…

2005年07月27日 | 東洋はり医学会
経絡治療では皮膚を触っているかいないかぐらいの軽い触診が必要です。 当たり前のことですが、再認識した経絡大でした。 シルクの肌触りはシルクをギュッと握るとわからないように、皮膚を押さえつけるような触診では皮膚の感覚はわかりません。診断だけでなくハリを刺入するときも同じで、ハリを持つ手よりもハリを固定する手(私たちは押し手と言っています……画像では上から置いている手のほうですね)が重要です。これ . . . 本文を読む
コメント

経絡大学技術講座が終了しました

2005年07月26日 | 東洋はり医学会
3日ぶっ続けの勉強会 基本に始まり基本に終る 証(治療方針)をたてる、ツボを探す、刺鍼の練習…等、モデル患者を通じて基本を繰り返し練習する。 満腹です。 ありがとうございました。 . . . 本文を読む
コメント (1)

経絡大学技術講座が始まりました

2005年07月24日 | 東洋はり医学会
隔年で開催される「第17回経絡大学技術講座」が始まりました 今年は参加者350名、うち40名は外国からの参加です いっぱい勉強して皆さんに還元するから楽しみにしてて下さいね . . . 本文を読む
コメント

アスピリンって抗炎症鎮痛剤ではなかったの??

2005年07月23日 | 健康
  先日オーストラリア人の患者さんがアスピリンのことを教えてくれました。 何でも血液によいとかなんとか……。   かなり聞き取りにくかったので、なんと~なく分かったふりをしながらチョコチョコっとメモして家に帰って調べてみました。   すると抗血小板作用があるではないですか。今ではその抗血小板作用を利用して血栓を防ぐ目的で使われている場面がとても多いとの . . . 本文を読む
コメント (3)

日本脳炎の予防接種……やめたそうですね

2005年07月20日 | 健診・ウイルス・予防接種
  予防接種情報ふくおか に「日本脳炎ワクチンはうたないで!」という記事があります。これは2003年に書かれた記事ですが、ココをのぞくようになって予防接種のことについて考えるようになりました(他にも面白くてためになる記事満載です)。 その理由として 副作用の報告が増加しており、現在の状況では接種する利益より副作用の危険性が高いということ。 日本脳炎罹患者は1992年より一桁に . . . 本文を読む
コメント

子どもの生きる力を信じる

2005年07月19日 | 子育て・小児はり
4人目は,生まれた時に体の大きさの割りに肺が成長せず、NICU(新生児の集中治療室)を体験しました。  NICUはえらいところで、うちの子だけでなくそこにいる子ども達のがんばりを見るだけで涙が出てきました。 その時のことを思い出すと…… 4人目の出産ともなると、出産よりも先に他の子どもたちの面倒を見ないといけないので自宅待機。 「子どもが息をしてい . . . 本文を読む
コメント

子どもの死亡原因から見えてくるもの

2005年07月16日 | 子育て・小児はり
  子どもの病気、注意しすぎて何が悪い!!……という指摘があったので……、もう一度考えてみました。 私が言いたい事は3つあります   ①自分の子どもは自分で守ろう!! 当たり前の事ですが、お子さんを守れるのは両親だけです。ただ、病気などには気をつけているのに本当に怖い事故などに目が向かない人が多いようなので以下に調べた事を少し書いて見ます。   ② . . . 本文を読む
コメント

子どもの時に罹るべき病気もあるのでは……。

2005年07月15日 | 子育て・小児はり
タイトルに使った病気という言葉は語弊があるかもしれません。   病気というより雑菌やウイルスのいたずらによる高熱といってもよいかな。子供はその年齢でできるだけ免疫力を鍛えていかないと、後々つらい思いをするような気がします。   例えば2歳なら2歳で、3歳なら3歳でウイルスのいたずらによる高熱は脱水症状がない限り喜んであげたいですね。 一昨年、おたふく風邪を経験しました . . . 本文を読む
コメント

子どもの熱はもっと喜んでもいいものだと思う。

2005年07月14日 | 子育て・小児はり
 重篤な病気も含まれている場合もあり、医業を担う者の端くれとして、言葉を選ばないといけないところですが、毎日上手に子供を触っていると、熱をだしてもそれが病院に行くいくらいなのか、それとも、そうでないのかがなんとなく分かるようになると思います。    そうなってくれれば子育ても少し気持が楽になるかと…。  一人目ってちょっとした事で病院に行く事が多く、心配ばかりが増えてしまいますが、熱 . . . 本文を読む
コメント

早口ことば または Trabalenguas または Tongue twister

2005年07月12日 | 雑感
ブレスヴォイス研究所所長の福島英さんは「プレジデント2005 3.7号『話し方』革命」で「声の力が「話の印象の38%」を決める」という文章を書いています。 その中にトレーニング方法が書いてあるのですが「”その3”滑舌をよくする」として早口言葉か書いてありました。 滑舌家になりたかった”おおした”としては、これは勉強になるとばかりに練習してみましたが、これがとっても難しい。 菊栗 菊栗  . . . 本文を読む
コメント

濱田岳君がミステリーハンターに挑戦します。

2005年07月11日 | 趣味的な…(読書や映画、旅行、写真等)
今日二つ目の投稿です。 7月23日(土) 以前から注目している子役(もう高校生なのね……)の濱田岳君が「世界ふしぎ発見」のミステリーハンターに挑戦します。 「一人ぼっちの君に」ではダウンタウンのハマちゃんを完全に食った演技、あのくそ生意気なガキをドラマという枠を超えて自然に作り出していた演技力に、我に返った時に感嘆したことを覚えています。 武田鉄也もその人を食った . . . 本文を読む
コメント

病気や怪我もよい薬。

2005年07月11日 | 子育て・小児はり
子どもが病気になったらおろおろするもの。 これ、世の親が通って来た道。 テレビを見ても不安をあおる事ばかり。 雑誌を読んでも病気に関わる記事ばかり。 それゃあ,最悪の事、想定するのは大切だけど,本当に大切なのは病気にならない体作り…。 子どもの死亡原因で多いのは不慮の事故。 病気や怪我は子どもの体を作り、危機察知能力を鍛える最高の薬。 この薬、たまに毒になるけど . . . 本文を読む
コメント