南青山,おおした鍼灸院のブログです

南青山の小さな鍼灸院で、日々考えている事を書いています。

患者さんからのお便り(133)逆子(初診33週3日)直りました(経産婦さんは逆子が直りやすい?)

2017年11月30日 | 患者さんからのお便り

頂いたメールにもあるように、経産婦さんは逆子が直りやすいと仰る先生は多いように思います

またこの方の場合30週の健診で逆子と言われました

「経産婦+28週以降頭位あり」の場合、週数いってからでも適切な処置をすれば。下を向いてくれる割合は非常に高くなります


【逆子体操について】

病院で教えてもらった逆子体操ですが、胸膝位の体操は腰が痛くて5分持たないとのことでした

赤ちゃんはまだ骨盤寄りにいるので体操は効果あるかと思い、お尻の下に何か敷くブリッジ的な逆子体操を教えました

体操もやったほうがいい場合があるように思います

特に赤ちゃん骨盤寄りにいる場合は、気持ちよく体操ができると動きやすくなります

 

【お子さんがいると体操もお灸も難しい…】

ただ、お子さんがおられる場合は体操やお灸はなかなか難しいのが実情です

治療院に来院して頂く頻度もどうしても少なくなります

ましてや当治療院まで1時間はかかる方でしたので、できるだけ少ない回数で治療効果を上げたいと思い、ご自宅でのお灸も丁寧に教えました

実際足の小指のお灸はほとんど熱さを感じ無いようでしたので、棒のお灸をお渡ししました(小指は温かく感じたほうが直りやすい)

 

治療後と自宅施灸の後は赤ちゃんの動きが違うということで、お灸を信頼していただけたのはラッキーでした

 

患者さん情報

----------

【主訴】 
 逆子

【初診】 
平成29年3月●日(33週3日)…(来院2回)

【年齢】 
 35歳(第2子)

【仕事】 
会社員

【その他】
30週の健診まで頭位

34週4日の健診にて頭位確認

---------
大下先生

こんにちは、2回逆子診療でお世話になりました(^○^)です。


先日の妊婦健診ですが、無事に逆子が直っておりました!!

帝王切開の手術もキャンセルとなり、ホッとしております。



病院の先生が仰るには、経産婦での逆子の帝王切開手術は年に1,2件くらいしか無いそうで、圧倒的に初産婦さんが多いそうです^^;

子宮が広がったことあるからまわりやすいのかなぁ、と仰っていました。

不安を少しでも軽減する為にも、その話、もっと早く聞いていたかったですけど。。。笑



今後は、安産の為に足首のお灸とレッグウォーマーは引き続き継続したほうがいいのですかね。

お灸も午前と午後の2回が、より効果的でしょうか。

足の小指の棒灸は、中止いたします。



他に、なにかアドバイスありましたらご教示いただけますと助かります。

ひとまず、逆子が直ったご報告とお礼まで。

為になるお話も含め、色々ありがとうございました。

(^○^)


おおした鍼灸院逆子のページ
http://oosita.jp/sakago/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 患者さんからのお便り(132)... | トップ | 12月以降の予定です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

患者さんからのお便り」カテゴリの最新記事