おおした鍼灸院のブログです

南青山の小さな鍼灸院で、日々考えている事等を書いています。

知らない誰かの精子から産まれた私

2017年03月06日 | 趣味的な…(読書や映画、旅行、写真等)

おおした鍼灸院 TEL 03-3401-8918


ふと手にとったのがこの本です

本書は脳死、出生前診断、非配偶者間人工授精について書かれています

どれも読み応えありましたが、非配偶者間人工授精の編は子どもの側からの思いを考えた事なかったので、なかなか衝撃的でした

14歳からわかる生命倫理 (14歳の世渡り術)

雨宮処凛 著

「14歳からわかる」というだけあって、わかりやすいと思います

わかりやすいがために、改めてこれらの問題の複雑さを、より深く感じる事が出来たように思います

 

一筋縄ではいかないこれらの問題

尊厳死や出生前診断の問題点があぶり出されて、色々考えてしまいますが、結局その場のその立場、その問題に対する立ち位置により、賛成も反対もできなくなるような気がします


ほんとうに複雑です

わかったような気にはなりますが、何も分かっていないし、答は出ない問題だということがわかるがゆえに、これからも考え続けていくのでしょう

そういう意味でも読んで良かったと思います

 

著者は基本、脳死に対する尊厳死や出生前診断には反対のスタンスですが、スタンスがはっきりしているからこそ、問題の複雑さが理解出来たように思います

 

で表題の「 知らない誰かの精子から産まれた私」

 

誰の精子から生まれたのか分からない私だからこそ

「自分の中に流れている何かを確かめたいというような」

というくだりがとてもリアル

 

墓場まで持っていこうとする両親

でも、遺伝子検査が簡易になり、父親が遺伝上の父で無いのが早々と露呈してしまうことも…

 

日本ではこのような話は基本タブー

気持ちを分かち合える場所がないというのも不安が増長する理由

なかなか考えさせられました


おおした鍼灸院ホームページ
http://www.oosita.net/

TEL 03-3401-8918

フォームからのお問い合わせ
https://ssl.form-mailer.jp/fms/3d064f19391582

おおした鍼灸院の口コミです
https://www.shinq-compass.jp/salon/review/495/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エビデンス重視ですが治療は... | トップ | 産後の便秘 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

趣味的な…(読書や映画、旅行、写真等)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL