felice-sakura の日々戯言

パチンコが大好きな理系人間。鉄道写真とプラレールの収集が趣味。あと、萌えも少々… そんなオタクな人間の日々の戯言。

触りたくとも触れない悔しさ

2017-04-20 23:45:50 | 戯言
アルと散歩していた時の事。
すぐ横の池へと続く用水路に亀が一匹迷い込んでいた。
おそらく先日の雨による増水で、池から用水路へ行き来出来るくらい水嵩が増したのだろう。

時たま首を出し、モソモソと動く一匹の亀。
そんな亀をアルが発見

見慣れぬ謎の物体に興味津々のアル。
なかなかその場を離れようとはしないのだ。

だが、相手は用水路の先にいる亀である。
角度を変えて覗きこんだり吠えてみたりはするものの、当然ながら状況は変わらない。
触りたくとも触れない。
手の届かない悔しさがアルの様子には滲み出ていた。

さすがに取ってやる事も出来ず、何とか諦めさせてアルのリードを引く私。
渋々ながらその場を後にしたアルだったが、触ってみたかったんだろうなぁ。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 写欲をそそる季節の到来 | トップ | 162号の住吉発車を狙ってみた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。