felice-sakura の日々戯言

パチンコが大好きな理系人間。鉄道写真とプラレールの収集が趣味。あと、萌えも少々… そんなオタクな人間の日々の戯言。

鳳電車区(私の中では今でもこの旧称)にて

2016-09-15 22:05:21 | 趣味の写真
先月、貝塚へ保存された168号を撮りに行った帰りに鳳電車区(私の中では今でもこの旧称)へ寄り道した時の一コマだ。

阪和線の本線寄りの留置線に103系と225系が止まっていた。
阪和線最古参のHK610編成と同線の今後を担う新しい顔の並びである。

私にとって当たり前の風景だった阪和線を走る水色の103系。
それが間も無く終わるだなんて何だか未だに信じられない。

かつては車両の墓場なんて比喩もされた阪和、紀勢線だ。
最後まで103系が残る線区になると思ってたのに… 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カモネギ出ました !! | トップ | 傘差しての撮影会 !? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
103系 (立河尚久)
2016-09-16 21:09:20
103系が無くなる・・・淋しいかぎりです。

ちなみに私もこの写真の場所は鳳電車区と言ってます。
felice-sakura (★ 立河 尚久さんへ)
2016-09-17 19:01:02
水色の車両がいない阪和線なんて…、って感じですね。

阪和線の103系と言えば、今でも「天オト」のイメージしか浮かばないです。

コメントを投稿

趣味の写真」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。