京都•左京区 フェルデンクライス/アート/ダンサブルな暮らし

身体と芸術、社会とのつながりを実践しながら研究活動を行う。
発達教育学/ソマティック教育/表現文化

京都/夏 2013年7月28日(日)フェルデンクライスと対話の会

2013-07-10 | Specials(ワークショップ/体験会)
『自分と身体の対話の時間』
じっくりと己の希求を探る講座開催します~♪

『Our object is to discover what...you realy want.
It is not an easy task.』
                             -Moshe Feldenkrais
 
第1回も充実した時間が持てました。
現在第2回目の参加者を募集しています。
みなさん、この機会にこぞってご参加ください。

■中野民夫さんプロフィール

1957年東京生まれ。学生時代に道を求めての旅の中で身体の重要性にも気づく。広告会社に就職し大阪で営業職の頃、気功法を学ぶ。休職しカリフォルニア統合学大学院(CIIS)で組織変革やファシリテーションなどを学ぶ。以降、会社勤めの傍ら、人と人・自然・自分自身をつなぎなおすワークショップなどを実践。2012年春より同志社大学大学院総合政策科学研究科ソーシャル・イノベーション・コースおよび政策学部の教授に。京都の四季やヨガ、音楽、料理などで至福生活を実践中。主著に『ワークショップ』『ファシリテーション革命』(共に岩波書店)

■小林みゆき
1979年埼玉生まれ。高校卒業後、オリエンタルランドに就職。パレードダンサーとして踊る。毎日繰り返し、同じ時間帯に決められたルーティーンで行われるダンサーとしての仕事の価値観に疑問をもち退職。その後渡米し、California Institute of the Artsに入学。振り付け、舞台芸術、民族音楽、マルチ表現/コラボレーション技術を学ぶ。在学中から、『自己と他者への好奇心, 観察』をテーマにしたBody Wether Laboratory.US,にて小栗氏に師事。同団体でパフォーマンス、作品つくりを続ける中、環境と人の行動に興味を持ち始めた事をきっかけにフェルデンクライスアプローチを習得するに至る。2010年に京都に移住。身体をきっかけに様々なワークショップを企画している。
◆主な企画ワークショップ/依頼講座『愛のパートナーストレッチ講座』(男女共同参画支援)、『親子で即興ダンス交流会』(特別支援学級)、『ゆったりママ体操講座』(子育て支援)、『心にも身体にも痛くないストレッチ方法』(知的しょう害者施設)、『伝統芸能すり足ワークショップ』(京都芸術センター内)、2010年スポーツリハビリ研究会講師、2013年京都自由学校講師、

 
★小林みゆき+中野民夫
体和(対話)の時間 【京都/上京区】 @ HUB KYOTO

■第2回目 7月28日(日)              
午前:
小林みゆき 「視角から感覚の世界へ」
あなたの大きな夢に目を向ける前に、あなたが今身近に実現したいと感じている小さな思いや、感情、感覚、好みの居心地に敏感になる時間を丁寧にとります。今回は、胎児の動きから歩くようになるまでの動きを再体験する時間をとります。暗闇を観る、暗闇で歩く等の時間をとることで、視角で行う情報インプットをお休みさせます。見た目で世界をみる姿勢から、感覚で世界を捉える姿勢にシフトする身体感覚を身に付けてみたいと思います。

午後:
中野民夫 「思いをカタチに!」
「思いをカタチにする企画」について、取り組んでみます。前回の感覚的なワークに対して、この日はかなり左脳を活用し、自分の思いや夢を現実の社会でカタチにしていく道筋について、考えてみたいと思います。
 中野は長年、広告会社で働いて日々企画し、個人でも人と人・自然・自分自身をつなぎ直す様々なワークショップや講座を企画してきました。思いをカタチにするベーシックな「型」をまとめているので、そのツールを使って、皆さんのせっかくの熱い思いを、他者にも伝わる企画としてまとめてみましょう。そして、参加者同士の相互コンサルティングで磨きあげ、実際に自分の人生や他者や社会を豊かにしていきましょう。

 


★場所:HUB京都 (地下鉄鞍馬口駅出口1番より南に徒歩3分)

〒602-0898 京都市上京区烏丸通上御霊前下ル相国寺門前町682番地
■電話番号 : 075-417-0115

■アクセス : 地下鉄鞍馬口駅①番出口から南(同志社大学方面、今出川通り方面)に向かって徒歩3分ほど。

 タバコ屋さんと上御霊前交番の間

 

★費用:1日 一般6,000円 学生3500円 

☆午前10:00~12:30 14:30~17:00 

★申し込み:メールにて【件名】フェルデンクライスと体話の会と記入していただき

①名前②所属、活動、職業③メールアドレス④電話番号⑤どこでこの会をしったか⑥期待する事や質問等ご自由に

 

凸凹お問合わせ ムーブメントアートカンパニー felcafe@gmail.com 凸凹
 
***
1回目は、
静かにミニマムな動きを体験したり、プリミティブな胎児や幼児の動きを再体験する事で落ち着きや安堵感をとりもどしました。
そういった身体感覚の中、自身が一番満たされていた時の時間を思い出し今、小さく実現したいことに触れる時間を持ちました。
 
 
■第1回目 6月30日(日)    
午前: 
小林みゆき 「あなたの始まりは、どこですか?」
あなたの大きな夢に目を向ける前に、あなたが今身近に実現したいと感じている小さな思いや、感情、感覚、好みの居心地に敏感になる時間を丁寧にとります。今回は、あなたが赤ちゃんの頃にしていた原始的な動きの再体験をしたり、自然の木々や風、大地の知恵を借りて身体を動かすことであなたの欲しいものや実行したいものに気づくきっかけを探ってみたいと思います。

午後:
中野民夫 「自分が本当にやりたいことは何だろう?」
「自分が本当にやりたいことは何だろう?」という問いを、日常の意識を超えて、身体や心や魂の深い所から探ってみたいと思います
午前のフェルデンクライスのレッスンを元に、さらに調身・調息・調心のステップで、身体と呼吸と心を整え、自分の微細な心の動きや感覚に敏感になっていきます。「自分の好きなこと」をたくさん思い出したり、これまでの人生の中で「満ち足りていたとき」を丁寧に思い出したりして、日々の役割の中で忘れがちな、自分のエッセンスに近づいてみたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【京都】フェルデンクライス... | TOP | 【HUB 京都】優しく自分に気... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。